双子の卵 

2017年03月23日(木) 13時33分
息子が卵を割ったら、双子でした
初めて見ました
あるのですね・・双子・・



娘が作ってくれたイチゴチーズケーキです。
砂糖が入っていないので、私の健康のために良いです。
イチゴの甘みと酸っぱさが最高です

期間限定 駅中店舗 

2017年03月10日(金) 19時04分
メトロ有楽町線の要町駅の駅中店舗で、
「焼き立てパン フォルサム」が、かわいいパンを販売していました。
ヽ(^o^)丿



 

期間限定のようで、要町での販売は、3月12日(日)までのようです。
こういうかわいいショップがあると、ついつい駅を利用したくなりますね(笑)

メトロ期間限定ショップ  と スケジュールは  こちらでご確認ください。

建築倉庫 

2017年03月04日(土) 21時33分
に行ってきました
お子さんといっしょに鑑賞されているご両親もいらっしゃいました

私も建築物を見るのが好きな子どもと行きました。小さい頃、立体パズルやレゴが大好きな子でした。
積み木などで、立体を見る目を育てていると、
模型⇔実際の建物の写真の関係などが、理解できるようです。
私には見えないものが見えると思いました。うまく説明できませんが・・。


 
  豊島区役所模型です



浅草雷門もありました


スイスの空港


素敵なマンション


色々な窓の建物


役場の建物


キリン様の建物


建築倉庫についての詳細は、japan-architects.com 「建築倉庫ミュージアム詳細レポート」をご覧ください。

     

息子の作文 

2017年03月01日(水) 22時02分



息子の作文 「ある日の自分の物語」


真昼のリビングにインターホンの甲高い音が響く。「奴」が来たのだ。
 

「奴とは、小学校の頃の友人で、毎週決まってこの時間になるとやってきて、僕を遊びに誘う。

基本的に僕にはその日の予定はない。しかしいくら予定はないといっても毎週来られてはまいってしまう。

僕は少し不機嫌になりながらもインターホンの受話器を取った。

「まあ毎度ご苦労様だね。」

奴は自分に向けられた皮肉など気づいていない様子で画面ごしにこちらに笑顔を向けている。


玄関のドアを開けに行く最中、僕は身震いと咳を一つした。連日の真冬の寒さにより風邪をこじらせていたのだ。

「うう、寒い。」

玄関のドアを開けると外の冷気が一斉に部屋の中に押し寄せてきた。

まったく本当にこの寒空によく来るものだと思っていると、エレベーターの扉が開いた。

僕は奴が例の通り僕を遊びに誘いに来たと思っていた。しかし今日は違った。


「はい、これ。」

奴は袋を差し出してきた。中を見ると、そこにはホッカイロとビタミンジュースが入っていた。

「お前、風邪気味だっただろ。早く治して俺と遊べよ。」

僕はホッカイロも貼っていないのに、身体がじんわり暖かくなった。





今日はNHKざんまい 

2017年02月25日(土) 11時25分
朝ドラからずっとテレビをつけていたら、
9:30〜『助けて きわめびと 「名コーチに学ぶ子育て 」』をやっていました。

教育コーチは、小山英樹さんでした。

小学生のお子さんが、「自分の言うことを聞いてくれない」と、いうお母さんのお悩みを解決へ導く内容でした。

宿題やりなさい・丁寧に色をぬりなさい・連絡帳は?・・、宿題をやっている子どものそばで次々に言葉がかけられます。
お母さんが家事を始めると、子どもは宿題に集中します。

小山さんがお母さんのうまく行かない思いのお話を2時間うなずきながら聞きます。そして次のことをお話します。

お母さんがしていることは、全部愛情から行っていることですよね。責任でやっていることですよね。ご自分を認めましょう。承認しましょう。今日も自分頑張った。こんな自分で良し。

お母さんがご自分を承認することによって、
子どもの良い所をほめることができるようになりました。

そして今まで気づかなかった子どもの成長を感じられるようになりました。

「よく話しながら、その作業できるね」「お母さんもスマホしながら僕の話聞いてるよ」等

人は育とうとする生きものだ
大きくなりたい 強くなりたい
優しくなりたい 賢くなりたい
子どもは成長の意欲のかたまり

教育とは、学びの器を育ててから、教えることである。


11:05〜小さな旅「私の東京物語」では、

建築模型が湾岸倉庫で一般公開されていると紹介されていました。
オリンピックの会場のコンペの模型もあるそうです。

これはいつか見に行きたいと思いました。
私は、モデルルームなどを見に行くの好きなのです。昔近所にモデルルームの展示場があった時はよく子どもを連れて行っていました。イベントもよくやっていたので。(笑)

11:30〜目撃!日本列島「悩んで、もがいて、生きて〜私たちの“二十歳の原点”〜」

「二十歳の原点」とうい本があります。
20歳で自殺した女子大生の日記を死後、書籍化したもので、出版から46年、今年1月には54度目の増刷となったそうです。なぜいまも読み継がれているのかを、この本を読んで自分のやりたいことを見つけた20歳や22歳の女子学生をリポートしていました。

自分の居場所を作るために、本当の自分を表現できないで悩んでいる方にお勧めの本のようです。

NHKの番組、子育ての参考になりますね。
たまにはこういう番組をみるのも良いかなと思いました。








カウント

                                                                       [お世話になった素材屋さん] アップルパイン様 素材のプチッチ様  にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ
にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
最新コメント
アイコン画像佐々木
» 建築倉庫 (2017年03月08日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2017年01月29日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2017年01月27日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2017年01月26日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2017年01月26日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2017年01月18日)
アイコン画像佐々木
» おとなまきがテレビで放送 (2016年12月22日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2016年12月22日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2016年12月11日)
アイコン画像佐々木
» 川口でのトコちゃんの骨盤ケア教室報告 (2016年12月02日)
http://yaplog.jp/familys_dream/index1_0.rdf