韓国ドラマその冬、風が吹くチョ・インソン、話題の“号泣シーン”について語る

October 11 [Fri], 2013, 15:43
チョ・インソンがドラマ韓国ドラマその冬、風が吹くの号泣シーンについて語った。

韓国ドラマその冬、風が吹く

13日、ソウル江南(カンナム)区新沙洞(シンサドン)にあるカフェでSBS水木ドラマ「その冬、風が吹く」の記者懇談会が開かれた。記者懇談会には主演のチョ・インソン、ソン・ヘギョと演出家キム・ギュテが参加した。

その冬、風が吹く

チョ・インソンは、オ・スの号泣するシーンが好評を博したことについて「心に傷を持っているキャラクターなので、それを表現した。その冬、風が吹く DVD号泣したり、感情を爆発させるシーンが多くて精神的なプレッシャーもある。視聴者がドラマに共感したからこそ、僕の演技を高く評価してくれたと思う。ノ・ヒギョン先生の脚本の力が大きかったと思う」と伝えた。

その冬、風が吹く DVD

続いて彼はドラマ「バリでの出来事」で話題を呼んだ、こぶしを口に入れて号泣するシーンとの比較について「今度は足を入れて号泣すべきかなと思った。dvd販売店多くの方々が僕の泣くシーンに期待してくださるので、演じる僕もプレッシャーを感じる。前作とは違う号泣シーンを披露しなければならないと思うので、監督にいろいろ話し合っている。『バリでの出来事』を超える素敵な演技をお見せするのが目標だ」と明かした。

その冬、風が吹く

ドラマその冬、風が吹くは幼い頃に親から捨てられ、初恋にも失敗した後、意味のない人生を生きている男と、親の離婚と兄との別れ、突然視力を失った、辛く孤独な人生を生きている女が出会い、希望と真の恋に気づいていくストーリーである。初回放送後、同時間帯の視聴率1位を記録している。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/familydvd/index1_0.rdf