定年退職(2) 夫婦の溝 

2005年07月30日(土) 20時55分
ママからどうしたららいいの〜〜がありました。


定年退職し、夫婦みずいらずの生活をはじめたちゃこの両親。

    再就職先がみつからず、あせるパパさん。
         
    イライラをママにぶつける。


    ママもいつまでも、だまっちゃいない。
         
    血圧あがる


本当は、パパもママもあまり性格は合っていなかったのかもしれません。
ほとんど、うちにいなかったパパですから、いままではどうにかなって
いましたが、朝から晩まで顔を合わせなければならない今、
どうにもならない状態になっているよう。
熟年の離婚が増えているのも、こういうことが原因だとTVで
みたことがあります。
ほんっと、遊びも少々しつつ仕事一筋で生きてきたパパさんですから・・・。

ママも、悩んでいるだろうし、
男のプライドで誰にもそんな相談のできないパパも悩んでいると思うと、
悲しくてしょうがありません。
離婚しても、二人ともわびしい生活が待っているだけだと思うから
なんとか危機を脱出してほしいです(/□≦、)

なにか、ちゃこのできることはあるのかな??
こんなことじゃあ、
安心してお嫁にいけないよぉ・・・

3人寄ればケンカ 

2005年07月29日(金) 20時43分
ウナギを食べにビクターの実家へ行った日ですが・・・。

ビクターのお兄さんと4歳の甥っ子もいっしょにきていました。
家がすぐ近くです。

最初はわきあいあいと、食事がすすみ、家族っていいなあ☆刀B・。・★。・。☆・刀B・★・。 ( ̄ー ̄(。-_-。 )ゝ っと、
こころ安らぐ気持ちになったちゃこですが。

     雲行きがあやしくなってきました・・・

男3人にお母さんひとりの、男系家族のビクター家。
男同士で会話がヒートし、ケンカになるんでした・・・_| ̄|○

仕事の話しから、小さなころに暴力をうけたとか、それは教育だとか
話しは飛躍し・・・。
お義姉さんへ、ヘルプ
あわててかけつけた、お義姉さんと次男君。でも、ヒートしていた男の戦いは
消火できず・・、いつのまにか、お義姉さんも参戦

お〜〜〜〜ぃ

お義姉さんも、体育会系の熱い方でした・・・(´・ω・`)

その後の戦いはというと
男って、さっぱりしてますね。
あんなにちゃこをはらはらさせたくせに、あとくさりもなく最後は
すっきりおわりました。

帰る間際、

お義兄さん、

「ビクターにすまんっていってて。って」

o(*^▽^*)o兄弟っていいねぇ!

土用のうなぎ 

2005年07月28日(木) 23時58分
ビクターのお家へお邪魔して、うなぎをご馳走になってきました
ちゃこの住む街から40分行ったところには、うなぎの老舗があって
日曜日には行列ができるほど
そこのうなぎと、あんまり有名じゃないところのうなぎの2種類が
食卓にでてきました。
舌の肥えている、お義母さま的にはやっぱり老舗のうなぎの方がおいしい!
とのことでしたが、ちゃこにはどっちもうんまかったです

ほとんど好き嫌いがなく、なんでもおいしいちゃこ。
はたして、長所か短所か・・・

ところで
ちゃこママへのですが、ちゃんとしましたよ
ドキドキでしたが、問題なくでした
ご機嫌が良かったのかな・・・ほっ

でもね、ビクターのお義父さまに、かくかくしかじかで、
口裏を合わせてくださいね!
ってお願いをしたら、「親に嘘はついちゃいかん」っていわれちゃいました。

わかっちゃいるけれど〜〜〜〜

ちゃこはどうしたら良いのでしょうか。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

定年退職 

2005年07月27日(水) 9時22分
ママさんに嘘をつくのも気がひけて、まだしていないちゃこです
(´・ω・`)ショボーン
旅行は一週間後・・・・。今日電話しなくちゃ〜


それはそうと
ちゃこパパは先月定年退職いたしました
40数年も同じ会社で、家族を養うためにがんばったな〜〜と大拍手。
(その間いろいろあったでしょうが、また後ほど)
ちゃこを、学校にだしてもらって、いままで育ててくれてほんとに感謝
御礼の手紙を書いてみましたが、なんだか泣けてきました||||(・・、)
これからは、第二の人生を謳歌してもらいたいな〜と思っています。

が、またまた問題

パパさんは出張が多く、家にいる時間より会社の時間が
長かったお人なんです。
それが、毎日お家にいるとなると・・・・・。

よくあるパターンですよ〜〜(/_<。)ビェェン

   ママさん曰く、うっとおしぃ。
   パパさん曰く、日が長い・・・。


オイオイ;・_・)_θ☆( >_<)大丈夫かな〜〜〜

しばらくしたら、パパさん新しくお仕事するみたい。でも、狭き門よねぇ・・・。
っていうのも、
ちゃこが昔、
   「ちゃこが結婚するまで、仕事しててね
言ったからなのですが・・・。

パパさん、ママさん、ちゃこは二人が元気で長生きしてくれれば良いのです。
どうか仲良く・・・・☆彡 *.:*:.。.:

板ばさみのわけ 

2005年07月26日(火) 18時40分
まずは前置きです
ちゃこ=私は家族と別々に暮らしています。パパさんたちは転勤で引越ししたからです。

んで、ちゃこにはビクターとゆいます旦那さまになる人がいまして、そちらの家族とはしょっちゅうご飯食べたりしているわけです。だって近くにいますから。

ビクターはそれはそれは可愛いがられて育っているので、お義母さんはちゃこには冷たくあたるかと思いきや、心の広〜〜いお方でちゃこにも同じくらい優しいんですゆくゆくお話ししますが・・・(*^^*ゞ

それでバッチグーな話しが・・・これまた難しく。
ちゃこのママさんが焼きもちをやくんだな・・・。普通のときはほーんとに、ちゃこのことほったらかしの両親なんですが(用事がないともかかってきませんし)

で、ここからが本番
来月にきゅうきょお墓参りでパパさんたちが、ちゃこのいる街に来るのですが、ちゃこはどーしても一日しかお仕事の休みがとれなかったのです。
それもそのはず、ビクターのご家族との親戚のお見舞い兼旅行で二日間のお休みをとってしまっていたから。
ちなみに、旅行さきは偶然ちゃこの両親も住む所でして・・・、
ビクターのお父様もぜひちゃこの両親に会いたいと。
だから、ちゃこの両親には行くことを話さなければいけないのです。
でも、お休みを一日しかとれない理由を正直にはなしたら、ぜったいちゃこママはと思うので、話せません・・・。

とりあえず、考えに考え、ビクターとも相談して、お泊まりで行くことはちゃこの両親には内緒で、「休みが一日だから、日帰りで行く」と伝えようということになりました。

旅行にはビクターの甥っ子たちも一緒なので、「お泊まりするんだよ〜」とかボロがでないか心配です

子の心、親知らず・・・。

あっちの家族とこっちの家族 

2005年07月25日(月) 22時31分
頭が痛いです

というのも、自分の家族と彼の家族の板ばさみになっていて。

あっちをたてればこっちがたたず、こっちをたてればあっちがたたず・・・。

大きな声でじゃ言えない、アタシのホンネを家族のことをあらためて考えつつ

書いていこうと思います。
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:famifami
読者になる
Yapme!一覧
読者になる