補足 

2005年11月10日(木) 20時59分
ミクシィをやり始めたので、とりあえずアップしておくよー
大学生時代の日記・・・時代を感じるよー。あのころは平和な環境だったなぁー

第14回:スケボー 

2003年11月14日(金) 16時57分
好きな芸能人ですか?そうだなぁ、ゲゲゲの鬼太郎で言うなら夢子ちゃん、アンパンマンならドキンちゃん、マリオで言うならデイジー姫かな。こんばんわ、絶賛風邪引き中のやまとです。
さて、上原研Men'sの中ではイチバン細くて、イチバン白いために、文化系なイメージのやまとですが一応スポーツもそこそこソツなくこなすんですよ。で、これもそのうちの一つ、スケボーです。始めたのは大学に入ってから、地元の友達とヘタッピ2人で乗り方も知らないままチャレンジしてみたのでした。ヘタッピなだけに、昼間の練習はかなりキツいんで、いつも深夜にと決まってました。その練習の最中に変態に会ったのはまた別の話・・・。
やっぱりこういうのにはセンスとか必要なんだなと改めて実感せざるを得ないのですが、現在のやまとは左足に不安が残っているため、もうすでに2ヶ月もスケボーってません。体脂肪?そんなもん測ったことないね!
おまけ***************
やっさいもっさい!じゃあ・・・見に行く?
http://www.tbs.co.jp/catseye/

第13回:ファミコン熱 再び! 

2003年10月24日(金) 4時36分
恋とは求め合うもの。愛とは与えるもの。最近思うんです・・・ファミコンも、恋なんじゃないかって・・・。そして、それがいつしか、愛になっていくんだって・・・。あ、2ヶ月ぶりなんで前フリが臭くなってしまいました。大きい「馬」と「鹿」と書いてやまとです。
今日、238R(上原研MEN'sの別名)でボーリングしたのですが、その帰りになんとファミコンのフィギアのガチャガチャを(こーくんが)発見!!はいもう僕止まりません。給料出たばっかゆえに強がりの汽車を走らせてしまいました。アドレナリン出まクリスティー。気分はもうin the sky。こんなに買ってin de sky?そんなこんなでつぎ込んだ2千4百円。YES!フルコンプリート!
さてその内容は、ガチャガチャ景品の大手Yujin(TOMY系列)が自信を持って放つSR(スーパーリアルシリーズ)の任天堂ヒストリー・ファミコン編。ファミコン本体(RFスイッチ付き!しかも差込口が開き、イジェクトレバーが動く動く!)ディスクシステム(写真のものと比べてみて。モノホンそっくり!)ツインファミコン本体(シャープ製。ファミコンボーイの憧れ。黒もあるので、出してくれないかなYujinさん)ファミリーベーシック(レコーダー付き!マニアック!!)ニューファミコン本体(コントローラーが取れる!芸が細かい!)そして、極めつけはシークレットレアアイテム!(なのにアベチャンは一回で当てた・・・)初期ロットのファミコン本体!(ロットの形が四角いぞー!FFマークの有無まで完全再現!!)ここまでの完全さで200円!安いぞ!安すぎる!!だからって2千4百円も使って・・・帰りの電車で後悔すんだろーなーと思ってたら、やっぱり後悔しました。なんでもう1セット揃えなかったんだろうって・・・。あと3回くらいやればきっと・・・。(大バカ野郎)
欲をいえばアレですね。テレビデオの感覚で、テレビの上部にスーファミがくっついてたテレビ(知ってる?)もあると嬉しいな。

第12回:もずく 

2003年08月21日(木) 20時16分
愛するために愛されたい。こんばんわ、そうは思わないやまとです。
よく「私、熱しやすく冷めやすいタイプだから」と言う人がいますが、人間だれしもそういう面を持っているわけで、それがぼくにももちろんあるわけで。一番身近にあって、ハマりやすいものといえば食べ物があると思います。そんなやまとが高校時代にハマったのがプリンでした。もともとかなりの甘党だったぼくなんですが、一日一個プリンを食す習慣はいかがなものか・・・と振り返る日々です。ちなみにプッチンプリンです。焼きプリンは苦手です。そんな、紅茶に10さじも砂糖を入れていた高校生も歳をとり、いろいろな好みが変わって来ました。いま、一番顕著に現れている現象が、味の好みの移り変わりです。あんなに甘党だったぼくが、あんなに酸っぱいものを避けてきたぼくが、いまは毎日のように黒酢もずくを食べています。夜、風呂上りにくいっと一杯やるがごとく、もずくを飲みます。これはもう半年も続いている大事件で、風呂上りにもずくがないと耐えられないほどのもずく中毒者で、甘党だった日々にセイ グッバイ。ゲップでみんなにセイ ハロー!最近甘いものが多く食べられず、好きだった和菓子もまんじゅうも涙を飲んで別れを告げました。こうしてまた、大人の階段をのぼったやまとです。ぼくはまだ、シンデレラさ。
今日のオススメ**************
上原研MEN’Sで原チャの旅がしたい。そのときにはみんなでコレを
http://www.bumpernuts.com/

第11回:花火 

2003年08月18日(月) 16時33分
またつまらぬものを斬ってしまった・・・。拙者、五右衛門の孫であり、十五代目石川五右衛門ことやまとでござる。
さて、夏といえば太陽のせいにしてなんでもできる季節ですが、まず始まりの合図こと花火を見なければスタートダッシュもままなりません。しかし悲しいかな、江東区に住むぼくら微妙な下町っ子には約3000発というこれまた小さい江東区花火大会しか見に行くことができませんでした。3000発というしょぼさを確認するために比較してみると、お台場での東京湾大華火祭では約13000発、隅田川花火大会は約20000発!なんだよ3000発って。飽きるし、単調だし、首痛くなるし、途中で帰ろうとか言われるし、そのくせ迷子は一丁前に出るし、区長の話で30分とるしもういろんな意味で暴発寸前です。それでも中坊だったぼくらにはステキなイベントだったことは間違いありませんでした。覚えたてのタバコをふかし、飲めもしない酒を買い、好きな子来てないかな?なんつってウキウキしながら行った15の夜。あの頃の興奮をそのままに、中学を卒業しても江東花火大会はぼくの夏の大イベントです。と思っていたら、お隣の江戸川区では約14000発もの規模を誇る花火大会があったのです。その名も江戸川区花火大会?エキサイティング花火2003?!きー!サブタイトルまで付いてる!!なにさえらそうに!!さ、というわけで見てきました、エキサイティング花火。すごいね。びびったね。格が違うね、格が。約14000発なんて言って、しょせん隅田川には負けてんじゃんなんて思って行ったら隣のおやじに叩かれます、たぶん。隅田川は結局のところ場所が狭いしビルいっぱい立ってるし、ようは大玉が少ないのです。そのかわり、2会場にして発数は多く!というのが本音。2会場を同時に近くで見ることなんて不可能ですから、結局10000発を見て混んでるところでクタクタになってスリにあうんです。ところが江戸川はすごい!大玉は多いし、場所は快適だし、なにより区長がノリノリで挨拶が短い!ステキ!そりゃもう大声だしてスッキリしてきました。なんにせよこれで今年も夏をスタートできたわけでした。
今回のおすすめ*****************
夏休みの宿題を出されてしまいました
http://xcity.jp/variety/tue/DRILL1...

第十回:耽美派 

2003年07月31日(木) 13時35分
さ〜て、来週のサザエさんは〜?やまとです。まだまだ梅雨が明けなくてじめじめしている日々が続きますが、ぼくは夏風邪真っ盛りです。
今でこそ村上春樹を読み漁って、「僕、恋愛小説専門なんです」と言ってまわっているやまとですが、高校生のころ読んでいたのは、いわゆる耽美派と言われる、簡単に言うとエロス満載の小説が主でした。他には古典作品や詩なども読んでましたが、漫画やプレステをしつつ、本も読んでいたんです。そんな本のみ大好きっ子じゃないです。暗い子じゃないです。
最初に手をつけた長編小説はボナコフの「ロリータ」という小説で、そのころの彼女に買ってもらったこともあり、2度ほど読むのを辞めたりしつつも、最後までちゃんと読みました。この小説は、映画にもなってるらしいのですが、内容はその名のとうりです。ロリコンのおっさんの話です。また、よく覚えていて、好きだった作家が、谷崎潤一郎でした。代表的な耽美派の作家で、その世界のエロチズムは独特な美に溢れています。有名な「痴人の愛」がとても面白いです。ナオミという女の子を育て上げようとしたおっさんが、逆にナオミに振り回され始め堕落していく・・・という世にも情けない男の話です。高校生の僕は「こうはなりたくないなー」と、こういう本を読んでいたのですが、気づいてみると多感なこの時期にこんな作品ばっか読んでいたために、女の子との付き合い方は下から!むしろ尻にひかれろ!と、僕の脳が言っているような気がしてきました。だから主導権が僕にはないのでしょう。是非、夏休みにはこの谷崎潤一郎をオススメしません。やっぱ恋愛小説でしょう。
さて、次回は
「こーち、ひと夏の恋」
「たどころ、22歳丸坊主な夏」
「俊一の臨死体験」
の3本です。じゃーんけーんぽん
今日の一本****************
ゲームです
http://nanana_m.tripod.co.jp/m_ranger.swf

第9回:おもちゃ 

2003年07月23日(水) 0時18分
飲む前に飲む!って、飲めないんだから、飲む前っつったってなにを飲んでるんだかわかんねーんだよ!くにえいサン!!あ・・・取り乱しました、やまとです。
やまとがおもちゃ好きというのは、関東圏では結構知られている事実ですが、「大人の〜」という言葉は間違っても付きません。そこの君、お間違いなく。
さて、おもちゃが好きな僕なので、衝動買いしてしまうものといえば、服でもなく、ゲームでもなく、ましてやそんなものではなく、やっぱりおもちゃです。トイざラスに行ってはちっさい猿買って、秋葉のアソビットシティ(でっけーおもちゃ屋)に行っては癒し系おもちゃを買い、台場に行ったらレトロミッキーの人形を欲しがって、結局高すぎてしょんぼりして帰ったりとか。一番最近では、ちっちゃいひよこのおもちゃを買って、手のひらでピヨピヨ言わせてます。ちがうちがう、リハビリ中じゃないって。あぶない子じゃないって。癒されたいだけなんだよ、きっと。
子供か大人かを見分けるには、おもちゃにかかるお金の額でわかる。と言われるほど、男ってやつはおもちゃが好きなんだよね。こんどみんなで人生ゲームしようね★
今日のおすすめ***************
ニヤッとできるページです
http://res9.7777.net/bbs/jjjsss/

第8回:Dr.Pepper 

2003年07月22日(火) 1時45分
街はきらめくパッションフルーツ♪どーも、キャッツアイでいう次女的存在、やまとです。今回は世界で一つだけの花、そう、もともと特別なオンリーワン、ドクターパッパーです。
すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、ぼくはこの飲み物が大好きです。どれぐらい好きなのかと言えば、猪木がプロレスを、松井が野球を、蟻地獄が蟻を、というように、それがなくては自分の存在が意味を持たなくなってしまう可能性があるくらいです。少し言いすぎましたが、毎朝、牛乳みたいに配達してくれないかなーとか、蛇口をひねったらドクターパッパーが出てきたらいーのになーとか思っている始末です。
さて、そうは言ったものの世間からなくていいものトップランクに入れられてしまいそうなほど人気のないドクターペッパーだけに、僕が好き!と言えば、変な目で見られます。いいじゃん、好きなんだもん。この独特な味の話はさておき、「ドクターペッパー」という名称には、ちょっと切ないラヴストーリーがあるそうです。・・・気になる人はネットで調べてください。簡単に言うと、好きな人を思い続けた薬局の店員が生み出した飲み物ってな感じです。ああ、切ない。
さて、このドクターパッパー。以前のペプシがCMで堂々とコカ・コーラをバッシングして訴えられた事などを考えてみると、比べ物にならないほど引っ込み思案なやつです。驚いたのは、30周年記念バージョンのラベルに「3回飲めばクセになる」と太文字で書かれたことです。これはつまり「1回目2回目はマズさで顔が歪むけれど、我慢して3回飲んでください。きっとおいしく感じるはずですよ♪」って言ってるんですよ!?なに言ってんすか!30年もこの味でやっておいて!おれは初対面から大好きだぞ!ペッパー!!こんなシャイなやつを僕は一生愛し続ける事を誓います。ソニプラでビンのペッパーを見つけたので、今度買って来ます。ドンキにはダイエットドクターペッパーが売ってます。これもおいしいよ★
余談ですが、ドクターパッパーは暖めて飲んでもおいしいそうです(ネット情報)今度試して見ますので、その時は報告します。
今日のおすすめクリック**************
世界共通のひまつぶし
http://www.virtual-bubblewrap.com/bubblewrap.swf

第7回:たばこ 

2003年07月17日(木) 19時43分
ぼっけ♪ぼっけ♪ばびぶべぼぉ〜っけ♪カラオケすっき、夜遊びすっき・・・たばこは?もっと、好き♪はい、後ろ向き教育テレビの歌のお兄さんことやまとです。今日はたばこです。
僕がたばこを常習しだしたのは高校の2年生か3年生の頃だったと思います。大和家では喫煙者は誰もいなく、僕もたばこは避けて来たつもりだったんですが・・・。吸う事になった理由をちょっと考えてみようと思います。辛いことがあった・かっこいいと思ったから・先輩にムリヤリ・煙でわっかを作りたかった・お酒が飲めないことがわかったのでせめてタバコはという思い・この社会への抵抗。どれがあってて、どれがウソかはわかりませんが、たぶん本当はわっかを作りたかっただけだと思います。
いまでこそメンソールを吸っている僕ですが、いままで一番長く吸ってきたのがHOPEです。その名のとうり希望に満ち溢れ、「芯からずぶとい」男らしいアイテムです。愛称はショッポ。またショッポやセッター(セブンスター)が吸える、男の中の男になりたいです。メンソール浸けの男なんて、いろんな意味で使い物になりません。
たばこはすでに長い歴史があり、一つの文化です。かの有名な桃井かおりはこういいます。「たばこはねぇ、持ってるだけで格好がつくのよ」うん、そのとうり。タバコ吸ってる女は嫌いだけどね♪・・・とことんくずな男、やまとでした。
今日のおすすめ*****************
毒舌でかわいいっていうのは素敵です
http://jp.shockwave.com/animations/milk/milk01/milk01.html

第6回:うなぎ 

2003年07月17日(木) 0時58分
「うなぎはヤマトの大好物であります。」やまとです。ナツを前に、とても大きなうなぎを食べたので、今回はうなぎです。
僕の大好物の一つであるうなぎですが、一番よく食していた時期は高校時代でした。そう、寝てばっかりいた高校生のやまとには、もったいない食材です。しかし、激安で有名な商店街が近くにあることと、僕が大好きであること、母親の弁当作りが楽になることが手伝って、月に4・5回はうなぎ弁当でした。でっかーい筆箱みたいな、僕のドカベンからうなぎがちらっと見えると、なんとも嬉しくなり昼休みまでドキドキ。そう、まるでもうすぐ君に会えるってなばりに胸弾んだものです。8割がたを米で占める弁当を、うなぎの配分を考えて、タレが染み込んだメシをほおばるのをしばし待ち、食べたい!っという感情が純情にそして時に情緒に盛り上がってきた瞬間に、うなぎはまるで己の人生をやまとに委ねるがごとく、その香ばしく誘惑的な肉体を僕の胃まで染み渡らせるのであります。そして午後も、活動的に寝るのです。あーまたうなぎ食べたくなってきた。最近、さんしょも欠かせません。
ちなみに、静岡名物のうなぎパイは「夜のお菓子」というコピーで有名ですが、その意味は「精力がつく」というおっさん的なものではなく、「夜食べても消化がいい」ということだそうです。うなぎパイもだいすき!お前も大好き!うなぎいぬ!!
今日の一曲*******************************
探し物はなんですか?
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Bay/4070/yume.swf
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像やまといも
» 補足 (2005年11月15日)
アイコン画像きゃら
» 補足 (2005年11月14日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:famicom
読者になる
Yapme!一覧
読者になる