沢田研二 水の皮膚 石岡瑛子女史演出 

July 23 [Sun], 2017, 20:16
瑛子ちゃんはパルコのCMを作っていたのでその関係で
若かりし沢田研二様の妖しい写真集を演出しちゃっていました。






当時31歳のジュリーをフィリピンで撮った。

2017年7月12日 石岡瑛子女史生誕79年 グーグルトップ画像 

July 13 [Thu], 2017, 7:11

2017年7月12日 石岡瑛子女史生誕79年 
グーグルトップ画像に「落下の王国」コスチューム


みなこ様、情報有難うございます!
気がつかんかったです…



エブリン姫の蓮衣装
ルイジのコート青山賊 プラハのカレル橋で別れたイランのアイマスク

The Vanishing Stepwells of India 

May 24 [Wed], 2017, 11:37

The Vanishing Stepwells of India by Victoria Lautman

"消えゆくインドの階段井戸”って
まんまなタイトルの写真集が出版された。




もの悲しい気分にさせられる。





このチャンドバオリはまだしも、
ほかの階段井戸たちはゴミ溜めになっている。

これではイギリス統治の際に不潔、
と言われて使用禁止になるはず。

どうして綺麗にできない???
インド人、わたしに教えてください。

「落下の王国」岩本ナオさん 朝日新聞2017年3月10日 

March 10 [Fri], 2017, 20:40


公開から9年たっても「落下の王国」は色褪せない。

2017年3月10日朝日新聞より

ただ〜
文中でネタバレしているのはいただけない。

マリーゴールド・ホテルで会いましょう 

February 28 [Sun], 2016, 20:27


カテゴリーはコメディらしいがコメディっぽくない
イギリスらしいシニカルな
マリーゴールド・ホテルで会いましょう」は
インド、ジャイプールで撮影された。

ホテルを経営する若者はスラムドックミリオネアのあの男の子です。

彼は自由恋愛で結婚したいと思っているものの、
母親はデリーでお見合いさせようとしている。
彼の愛する女の子とのデート場所は<階段池>だ〜〜

って
階段池は立ち入り禁止かと思うが・・・

ヒンドゥー教とマリーゴールドの花は切っても切れない関係
マリーゴールドはお供えの花

赤い色は結婚式の色 

September 01 [Tue], 2015, 12:34

Learnig to drive「しあわせへのまわり道」
という映画を見た。

赤い色は結婚式のときに身に着ける色だそうだ。
ベン・キングズレーがシーク教徒に。



ジャンタルマンタルから飛び降りるインド人の妻も
赤いサリーをまとっている。



クローゼットランド 1991年製作 

March 25 [Wed], 2015, 22:57


1991年製作<クローゼットランド>美術/衣装は石岡瑛子女史



アラン・リックマンのファンなら誰でも知っている伝説の映画
でも
美術/衣装製作は石岡瑛子女史だってことは知らんかった〜〜

だいたい今は手に入らんが、
このVHS、発売時15800円だった、って驚き〜〜

youtubeでぼちぼち観るか…

マスクはイランのバンダレアッバースからインスパイア 

February 10 [Tue], 2015, 21:46

「落下の王国」の中で何回も現れる印象的なマスク


この印象的な四角いマスクはイラン・バンダレアッバース
で使われているもの、
といるかちゃんさんより教えていただきました。


この本の161ページに

こんな小さな画像が!

これを見つけるなんてスゴイ!
いるかちゃんさん、有難うございます!


********************************

昨今の中東情勢やイスラムのかたがたの苦労を見るにつけ
いたたまれない思いでいっぱいになる。


イスラム圏には静かな落ち着いた文化があった。
スペインのグラナダにはアルハンブラ宮殿、
コルドバにはメスキータ、
ムガール帝国だったインドにはその時代の遺物が
いまでも美しく残っている。

これらはイスラム文化が
その地でリスペクトされてきた証拠だ。

それがいまはどうだ!

イスラムといえばその意味は=イスラム国「無法者」
と変わりない。

政府が「アイシル」と言っているのに
日本のメディアはいまでも呼称を変えようとせず
ヤツラのことを「イスラム国」と言い続けている。

イスラム文化圏と「イスラム国」は別物なのだ。

メディアの怠慢が許せない!!!

早く「アイシル」と言い換えるべきだ!!!

これ以上「イスラム国」というバカげた名称を聞きたくない!!!

イスラム文化圏に失礼です!!!

それぞれの文化や宗教をリスペクトしなくっちゃいかん!
この映画のように。

すべて共存できるはず。


リーペイス ホビット 決戦のゆくえ  

December 14 [Sun], 2014, 18:52


「ホビット 決戦のゆくえ」観に行った☆
リー・ペイス綺麗でビックリしちゃった。
たぶん”ソルジャーズガール”でカルぺニア演じるぐらい
過激ダイエットしたに違いない。

3作のうち一番綺麗なんじゃない?

製作にデル・トロが入っているので、
オークがとってもヨカッタよ〜〜〜〜!

これはこの、お目々妖怪、
久しぶりに見るペールマンさんではございませんの?

オークって不思議〜
怖そうな面構えに屈強な身体能力、
でも人間なんかにやられちゃう。

損な役回りをさせられる気の毒な人たち・・・・


神谷先生 黄金寺院でいただきます 

September 28 [Sun], 2014, 16:20
渋谷のアップリンクという映画館は初めて。
「聖者たちの食卓」を観る、というか神谷先生がいらっしゃるというので。


いやあ、神谷先生、ロマンスグレイのナイスミドルで超かっちょヨカッタ!


先生のこのご本は絶版だそうだ。
こんなに鮮明なアーバーネリーの階段池の写真はほかに無い。
建造物の構造図まで載っている。

先生にサインをいただいたところ、
「これだけ状態が綺麗だったらamazonで売れるね」と。
うふふ〜


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fallmania
読者になる
ターセム監督作品「The Fall 落下の王国」に盛り込まれている物&事&人をアメリカ版DVDなどから主観的に読み解く
all about "The Fall"
−The Fallmania−
 

撮影期間4年、大手スタジオに頼らず、ターセムが自己資金で製作した「落下の王国」、撮影はCGを使わず世界各地のその場所まで行って撮ったという究極の贅沢作品。

がしかし
世界遺産と美しい映像、豪華な衣装ばかり言及されがち(そんなコメントは”The Dull”)
ターセム監督「落下の王国」、この実験的な映画の中には暗示や符牒や隠喩がいっぱい。
それを見逃してしまうのはあまりにも勿体無いでしょ。

*このブログは映画を観てから読んでください。

*この映画をまだ観ていないかたは、読まずに今すぐにお帰りください。

−記事内容の転載お断りします

・ネタバレです。
 怒っても知りません。
・主観で書いています。
 ご了解ください。
・書いているのはシロウトです。
 もちろん意訳あります。


Blue-ray ↓


2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE