引越し 

June 16 [Thu], 2005, 1:50
ず〜〜っと長いこと、更新停滞していて申し分けありませんでした
しかし、なんだかんだ言ってものすごく忙しい日が続いているので…これを機に、私の日々考えていることを綴る、簡単な形の日記へと移行することにしました
ご愛読してくださった皆様、今後はEspressivo!!をよろしくお願いします

the impressive music 

June 04 [Sat], 2005, 23:13
ついに本番。

私が予想していた通り、伴奏は途中で止まりました。しかし、それに驚くことも怯むこともなく、むしろその分の音量をカバーするほどの勢いで、彼女たちは何もなかったかのように、笑顔で私の指揮に食らい付き、歌い続けてくれました

それから、私のポケットに入っていた、リングとよー子からの手紙が、私を応援し、守ってくれました

結果は、優勝にも準優勝にも入賞はできませんでした。しかし、生徒の投票は票数総合3位。そして、審査員の辛口な先生にも、「印象深かった」という評価を頂きました

本番でのみんなの姿勢にも大満足だったのに、もう十分すぎるくらいの満足感を得て、本当に幸せでした

私の指揮は、みんなの声を通して観客に伝わったのでしょうか

笑顔で歌えよ 

June 03 [Fri], 2005, 23:19
さて、ついに前日となりました。

前日だというのに、今頃っていうような低レベルな練習をし、焦る私たちだけれど、そのみんなの姿勢に前向きな気分になりました

なんとか前日らしい練習にこじつけ、まとめ態勢へ。

私は、私が普段目標としている「音楽」は、彼女たちには求めていない。というのは、文字通りみんなには楽しんで歌ってほしいから。好きでやっているわけではない人間が演奏する音楽には、どうしてもけだるく、面倒くさそうな、重い空気が流れてしまうから、せめて楽しんでいることが聴いていてわかるような音楽にしたいと思うのです

とにかく笑顔で、歌う姿勢を大切に歌ってもらえれば、いいです。

それだけを、切に願う。

突っ走れ青春 

June 02 [Thu], 2005, 23:19
昨日、実は全員で話し合ったのだった。話し合いというよりも、論争。嵐のような、戦いだった。
本当は、私は音楽のことで人と争うことはしたくない。争いの素ではなくて、笑顔の素が音楽であると思うから。
音楽があれば、みんな仲良くなれる。笑顔になれる。
そんな素敵な存在が音楽であると思う。

しかし、話し合いでもしなければすぐに崩壊する、危険すぎる状況におかれた音楽だった。?その方が、よっぽと我慢がならない。

話し合いは、私にとっては何の解決にもならなかった。しかし、クラスはそれによってひとつになり始めた。

そこで一人でワガママを言うのは子供だなぁ、と、ここは大人に、許容したんですから

みんなもやっと乗ってきたことだし、あとはfagotaの前向け精神で青春突っ走ってやれっ

前向いて歩く 

June 01 [Wed], 2005, 23:19
合唱コンクール3日前。
それなのに、やる気はない、声も出ない。私が何を言っても意味がない。
憤りを感じた。

「この状態でいくらやっても意味ないと思うよ。みんなやる気ないし。」
…今まで、やる気もなく、歌うべきときに机に座ってしゃべっていたクラスメイトからの、一言

自然に、涙が、ね。

合唱部で指揮者をやっているクラスメイトのHが、みんなのお気に入り。私が振っている最中に彼女が前に出て注意をすると、みんなの声量は驚くほど上がる。
好かれたいなんて思っていないけれども、その差は辛すぎた。

挙げ句の果てに、自分たちのやる気が出ないことを、私のせいにされた。

しかし私が放棄してはいけない。しっかりと前向きに、前向きに、みんなと向き合っていかなければならない。いつもの、前向いて歩くfagotaでいなければ。

更新 

May 28 [Sat], 2005, 14:43
テスト中ではありますが、昨日・今日で5月10日分から一気に更新致しました。
ずっと溜め込んでしまっていて申し訳ありませんでした。
ページが変わってしまっていますが、ぜひとも前のページに戻って、5月10日分より読んで頂けると嬉しいです。

それから、いつのまにか総記事数が200件を超えていました
みなさん、本当にご愛読ありがとうございます
これからも、fagota's cafeをよろしくお願いします

楽器演奏の難しさ 

May 25 [Wed], 2005, 23:18
今日からテスト
本日は、古典演習・英語・英語表現でした。
どれもまぁまぁといった感じ…
なんだかパッとしない感じですが、「ヤバい」科目がないだけいいかな、と


帰宅し、勉強の合間の母との会話
最近母とは、オケ関係の会話が多いです
あの曲がいいとか、あの曲の何小節目のあの音が下がりやすくて吹きにくいとか…

そんな会話の中で、今日考え、自分への戒めにもなった、発見

楽器の特性上、弾きにくい・吹きにくい・出にくい・音程が上がりやすい・逆に下がりやすい、などの不具合は必ずどんな楽器にもあるもの。
しかし、あるひとつの楽器を自分で選び、演奏する以上、曲中で不具合が発生し、本番において弾けなかった・吹けなかった場合、それを楽器のせいにしてはいけない。
要するに、自分で選んだ楽器なのだから、その楽器の短所は、自分の技術においてカバーする努力をしなければならない、ということ。
それを「難しい音だから」などといった言い訳をつけて、「仕方ない」と片付けてしまうことは、絶対に許されない、と思うのである。

これはあくまで私の考えであって、強要はしないけれども。
それによって曲が崩壊してしまっていては演奏する意味がないし、少なくともプロはそれをこなすのが当たり前。いくらアマチュアでも、開き直って「仕方ない」と言ってしまったら、演奏放棄になってしまう。

ごちゃごちゃしてきてしまったのでこのくらいにしておきますが、楽器を演奏することには、技術的なこと以外にも考えるべきことがたくさんあるんだ、って、思いました。

体の毒素は湯で抜ける?! 

May 24 [Tue], 2005, 23:55
明日からテストですが、1・2限の家庭科では調理実習です
メニュー:きゅうりと牛肉の炒め物・いろいろ野菜のスープ
私はスープ担当でした
いろんな野菜がたくさん入っていた、ベジタリアンな私には嬉しい一品
「もっと入れてしまえー」と、みんなで調子に乗って野菜を増やしてしまったので、具、大量
でもでも、すっごくおいしくて、ヘルシーな感じに出来上がり、大満足でした
しかし、こちらのスープもほとんどできあがり、味の微調整を始めようと思った頃でした
炒め物担当だった仲良しサンのSが、「fagota、ちょっと味見してみてよ」と言ってきたので、喜んできゅうりをひとつ、頂くことに
すると…「しょっぱっっ殺す気
…塩分とりすぎもいいとこってくらいに、しょっぱくて、ヤバかったです
きゅうりを増やしてみたり、スープ用の残った鶏肉を入れてみたり、試行錯誤を繰り返すも、味はほとんど変わらず
そこで、私が提案したのです
「ねぇ、これ、湯通ししない
みんなのブーイングを受けながらも、沸騰するお湯の中に、無残な炒め物を入れると…なんと、きゅうりと牛肉から、緑と茶の中間色みたいな色の液体がすごいスピードで、大量に抽出
一同「毒素が抜けてゆく…」←唖然
そして、毒素の抜けた牛肉ときゅうりを、もう一度空炒めして、できあがり
「ちょっとしょっぱいかな」って程度に、おさまりました
きゅうりは、もうしなしなになってしまってましたが、味が抜けて、とにかくよかったです 人間も、体の毒素はお風呂で抜けるのかな、なんて、バカなことを考えつつ、お風呂が恋しくなったfagotaでした

GoodLuck 

May 23 [Mon], 2005, 23:11
今日はピアノ

6月に行われる、K先生門下とその仲間たちのコンサートに、名なしのY兄・masaさん、魔笛でお世話になったMちゃんが出演してくださることになり、そちらとの連絡についての打ち合わせ
私は本番当日から修学旅行に行ってしまうため、出演不可能なので、彼らにはぜひとも、頑張っていただきたいので。
仲介役も、喜んで引き受けております
ますます、リハーサルが楽しみになりました

そして、普通のレッスン
もう一度楽譜開き、15曲制覇のために始めたインヴェンション。
バッハの、ナチュラルな2声の響きは、私を初心に返らせてくれる
「好き」と断言はしないけれども、いつも隣に置いておきたい、重要な存在なのです。


ピアノの帰り、習慣化されてきた駅ビルの本屋に、立ち寄る
そして、発見
もうひとつのグッドラック物語
本を閉じた後も、読む者の人生に続いていく物語がある。ベストセラー『グッドラック』の読者から寄せられた、感動のエピソード集。
           内容紹介より

なんということでしょう
と、すぐさま購入
ちょうど5ヶ月前の今日、ブログにも書いた、私の大好きな本「GoodLuck」の読者からの投稿エピソード集
これからテストなので、感想を載せられるのはまだ先になるかと思われますが、エピソード集なので、勉強の合間に少しずつ読み進められそうですね
必ず読み終えたら感想を載せますので、お楽しみに

強いられた缶詰生活 

May 22 [Sun], 2005, 23:13
テスト・テスト・テスト・テスト…て。。
母も、学校も、自分の手帳にさえも、缶詰生活を強いられ、もう嫌

いや、私だって、テスト目の前にすれば、放っておいて下さっても少しは焦るわけですよ。

たとえ誰にも何も言われなくて、
寝坊して
ご飯食べて
オリバーの散歩行って
ピアノ弾いて
お昼食べて
ファゴット吹いて
オリバーの散歩行って
ご飯食べて
やっと机に向かったら…焦って鬼のように勉強するだろう。

強いられて、机の前に座らされて、グレて、ヤル気も起きずに何か他のことをして過ごすよりは、よっぽどマシな気がする。

机の前に座っているのにも関わらず、勉強も進まず、練習もせず、うだうだしている方がバカらしい。

わかっているのに、生活が直らないのは、抵抗してるから。

そういう自分こそ、バカらしいのに。

自分のことは、自分が一番よくわかっている。
私は割と、自分の性格分析をするのが好きだし。
…だったら悪いところ直せよって感じだけど。

一人暮ししたい。
誰にも干渉されずに生活したい。
そのために稼ぎたい。
働きたい。
早く大人になりたい。

でも、まだ17歳。


そんな自分に嫌気が差して、気を落ち着けるために中国茶を飲む
本日の茶は「阿里山金萱」。
AIKAが誕生日プレゼントでくれた、mottoのマグカップで
がモチーフのお店のものなので、ホントにお気に入り
取っ手のハートも、クローバーの葉をイメージしたものだと思います
mottoのバッグとか、小物もっと集めたいな

profile
fagota
愛犬、papillonのOliverとファゴットのふぁごたを愛する16歳デス。
☆誕生日☆ 1988年5月19日
☆血液型☆ B型
☆好き☆  RAVEL、音楽全般、チーズケーキ、コーヒー、動物全般 etc.
☆嫌い☆  ファゴットにあまり吹かせてくれない作曲家、100%じゃないフルーツジュース、げじげじ、マヨネーズ etc.
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像BlogPetの「Walther」
» 引越し (2005年07月23日)
アイコン画像BlogPetの「Walther」
» 引越し (2005年07月16日)
アイコン画像BlogPetの「Walther」
» 引越し (2005年07月09日)
アイコン画像BlogPetの「Walther」
» 引越し (2005年07月02日)
アイコン画像BlogPetの「Walther」
» 引越し (2005年06月25日)
アイコン画像BlogPetの「Walther」
» 引越し (2005年06月18日)
アイコン画像よー子
» 笑顔で歌えよ (2005年06月06日)
アイコン画像fagota
» なんてことない日 (2005年05月30日)
アイコン画像masa
» なんてことない日 (2005年05月30日)
アイコン画像fagota
» ドッキリ♪ (2005年05月29日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fagota
読者になる
Yapme!一覧
読者になる