第131回 天皇賞 

2005年04月30日(土) 23時19分
雨は考えないようにしましょうか。。

◎・・・リンカーン
○・・・シルクフェイマス
▲・・・トウショウナイト
×・・・ザッツザプレンティ
△・・・ビックゴールド

まだ購入してはいませんが、前日予想はこのへんで

天皇賞考察その2 

2005年04月27日(水) 20時03分
1.リンカーン
折り合い、G1未勝利という事が気がかりだが去年秋の天皇賞以来でいかにも前走は叩き台で状態は上がり目に期待
2.ザッツザプレンティ
実績十分の菊花賞馬だが去年は大敗、近日も勝ちきれないレースが続いているが1回使ってどの程度動きがよくなっているか?
3.シルクフェイマス
どうもG1になると勝ちきれない面もあるが去年のG1戦暦をみても一発は十分、悪道は?
4.サクラセンチュリー
アイホッパーに勝てないのが気になるが長距離は安定、実績もステップも理想。

昨日の条件にほぼ当てはまるのはこの辺りだが前哨戦で伏兵といえど勝っているユキノサンロイヤル、マイソールサウンド。去年の再現になれば逃げそうなビックゴールド、前走?な豪州馬、7歳という理由だけで省いたがサンライズペガサス、追込み一手のハーツクライ、復調気配のヒシミラクルは実績十分、長距離なら安定しているアイホッパー、豊Jのアドマイヤグルーヴ、あげればキリが無いくらいでてくるのが・・・・・
なんとなくチャクラなんかにも期待してるんだけど。

天皇賞考察 

2005年04月26日(火) 22時37分
中心馬不在という形で行われるであろう今年の天皇賞春は前哨戦で人気馬の敗戦、という点からみてもますます混迷をきわめた。主な優勝馬の戦歴はG1勝ちまたはG2勝ちで長距離安定型、7歳上は未連対、菊花賞上位組要注意、牝馬10年連対無し、長期休養明けは割引、少なくとも1回は年内に使っている事が理想。と言う点から割り出しをしてみると・・・
続きは明日。。

第65回 皐月賞 

2005年04月17日(日) 13時52分
迷った結果、やはりディープインパクトを◎にして相手は初対戦組から選んでみました。負けている組からは3着止まりということで

◎・・・ディープインパクト
○・・・ダンスインザモア
▲・・・アドマイヤフジ
×・・・ローゼンクロイツ
△・・・シックスセンス

枠順確定 

2005年04月15日(金) 20時20分
パッ見が内目に先行馬で外目に追込み馬、で去年の優勝番に弥生賞1着馬。そして去年2着番にスプリングSの1着馬。ダイワキングコン辺りが引っ張りそうな感じだとすると平均ペース??ビックプラネットかコンゴウリキシオー辺りが絡んじゃえばハイペース。折り合えばその後ろにマイネルレコルトかなぁ
案外スプリングS組のほうが強いんじゃないかと思ってるんですが、どうなんだろう。まだ今の所絞り込めていないのが現状。コース的には差し追込みの決着が多いのも・・・・・
素直にディープなのかなぁ狙うのなら先行馬

気を取り直して 

2005年04月12日(火) 20時15分
【皐月賞考察】
中山2000というコース形体という事もあって一番人気でもコケる可能性も秘めたレース。3レースのトライアルから本番という形が基本ではあるがトライアル以外からならOPかGレース1着である事が望ましい、穴を開けるのであれば前残りか前走で人気でもあったに関わらず凡走だった馬。

データ的には・・・
弥生賞3着以内、他のトライアルの連対、重賞1着

今年は・・・
TR組
1.弥生賞とスプリングS、若葉Sでどちらに重点を置くか。
2.スプリングSの人気凡走組の取捨、注)ヴァーミリアン:デムーロの巻き返し
3.1番人気ディープインパクトの大外一気の不安は?
別路線組
4.アーリントンCからのビックプラネットは初距離に初コース。
5.毎日杯からローゼンクロイツだが上記2に含むヴァーミリアンとの力関係

第65回 桜花賞 

2005年04月10日(日) 11時39分
◎シーザリオ
○エアメサイヤ
▲ライラプス
×エイシンテンダー
△アンブロワーズ
△フェリシア

枠順確定 

2005年04月07日(木) 20時30分
桜花賞の枠順が確定しました。
パッと見は外にラインクラフト、4枠に無敗馬2頭。。

そしてデータ的には過去10年同枠で馬券対象(ワイド、枠ゾロ)が5回。
7枠が馬券対象が5回、136枠が優勝無しさらに1枠はすべて4着以下。
1番人気が(2035)2番人気が(1225)、共に4着以下が3回。
データ的には7枠は人気に関係なく要注意。

今の所7枠は有無を言わさず△以上、後は無敗馬2頭が候補。

やられた。 

2005年04月06日(水) 22時29分
案外おいしいもんだね。。いやビール代替品としてではなくこれはこれで、
おいしく頂きました。
発砲酒よりは納得して
飲めるかも

考察その2 

2005年04月05日(火) 19時32分
最重要はチューリップ賞組、エイシンテンダーは休明けの+体重のVは理想的で要注意。
アドマイヤメガミは+10キロだった福寿草特別を除けば安定した34台の足が使え馬郡をさばききれれば上位も。
ダンツクインビーも復活サンライズペガサス厩舎で勢いもあるが新馬戦で負けたのはシーザリオでその以後は(1111)の成績。
FR組は去年のムーブオンサンデーと同タイム以上が上位4頭。だが追込んできた組はあまり本番での好走例が無く2着のデアリングハートを注目。一応ラインクラフトにも。。
アネモネS組は中山に移ってからの本番での結果からおそらく軽視でOKしかし休明けを好位からの競馬で試した感のあるアンブロワーズはガラリ一変も・・・・
その他、クイーンCからはライラプスは悪道ならば好機が、そしてショウナンパントルは悪道が響いたと見て見直しが要。
フェアリーSのフェリシアは早くから桜花賞に直行の様相、去年の新潟2歳S4着馬でその面々をみても軽視は禁物。
あとはフラワーC勝のシーザリオは寒竹賞でアドマイヤフジ(皐月賞予定)に勝っている事を
考えればココに入っても上位クラスでVの可能性有り。
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:factory
読者になる
Yapme!一覧
読者になる