白ごま油が肌にいい! 

2013年04月07日(日) 15時52分

クレオパトラも愛用していたという白ごま油の美容効果


お手ごろなお値段で、注目されてきているのが、「太白ごま油」という白ごま油です。
何千年もの長きにわたり、世界中の女性に愛用されてきました。
美容効果が高いからこそ使われ続けているのです。

ゴマ油でスキンケア


胡麻の歴史は非常に長く、
紀元前4,000年頃に建造されたエジプトのピラミッドでも発見されていたようです。

その当時は、油はお祭りごとの照明や、
防腐剤(主にミイラの)などにとして用いられていたとか。
世界三大美女の一人、クレオパトラも、食用やコスメに使っていたといわれています。

紀元前2,000年ごろ、インダス文明では、胡麻を栽培し、油を搾りとるということが行われていました。
インドの伝統的医学(アーユルヴェーダー)の代表的な処方であるオイルマッサージでも、
胡麻油が使用されています。

ごま油の「香り」と「色」


ごま油でスキンケアをするには、香りが強すぎると思われますか?
なんと白ごま油から抽出したごま油は、ほとんど香りはありません。

一般的に料理で使う茶色のごま油は、
白ごまを炒ってからとるので、香りが強くなっています。
でも、「太白ごま油」という白ごま油は、
生の白ごまから搾っているので、全くの無色です。
とてもさらさらしているのです。

白ごま油の3つの美容効果


・美肌
・アンチエイジング
・デトックス


白ごま油に含まれる2つの脂肪酸の効果により、
この美容効果が生まれています。

それは、不飽和脂肪酸のオレイン酸とリノール酸です。

オレイン酸の働き:活性酸素と結合するため、過酸化脂質の発生が減る
活性酸素は体内の組織を酸化させてしまいます。また、過酸化脂質は細胞自体を傷つけてしまいます。
このオレイン酸の働きにより、肌の老化を防止できます。

リノール酸の働き:優れた保湿効果と抗炎作用
このリノール酸が不足すると、皮膚障害につながります。
また、肌荒れ・ニキビ・乾燥などを防ぐ美肌効果があります。

ゴマリグナンの効果


ごま独自の成分に抗酸化物質のゴマリグナンと呼ばれるものが含まれています。
活性酸素を取り除き、アンチエイジングに効果があります。

白ごま油のおすすめの使い方


お湯で間接的に100℃まで温めてから、
ある程度まで冷まして使うと効果的です。

一番いいのは入浴中の「白ごま油パック」です。
人肌に温めてから顔にぬり、10〜20分ほど入浴。
その後、洗い流すだけで、つるつる肌の出来上がりです。

もうひとつおすすめのフェイスオイル


みなさんには、私が長年使って成功しているフェイスオイルを伝えておきます。
それは、
電験3種 勉強法
のフェイスオイルです。
ぜひ参考にしてください。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kosumetikku
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる