【 更新情報 】

スポンサードリンク

フェイスリフトアップ効果のあるマッサージ

化粧水での保湿や美容手術の他にマッサージが、顔のたるみが気になる方のための肌のフェイスリフトアップ方法にはあるようです。肌を顔の筋肉のストレッチやリンパマッサージで活性化させることにより、リフトアップさせるという方法だそうです。顔を引き締めて小顔効果を得るだけでなく、フェイスラインを整える効果も、フェイスリフトアップのマッサージにはあるようです。自分の家で気軽に行えるマッサージや、プロの手によるエステなどで行われるマッサージがあります。手を使って行うフェイスリフトアップの方法とは、クリームを塗るだけとは違い自分の手でのマッサージをするというものです。皮膚の不要物をリンパの中に流すことで老廃物の排出を促すために、リンパの流れに沿ってマッサージをします。こうすることで、フェイスリフトアップ効果が期待できるので、気になる顔のむくみやたるみを解消することができるでしょう。リンパマッサージを肩や首、顔などにすることは、フェイスリフトアップ効果があるといえます。肩や首と同じように、顔の筋肉は凝っているものですので、筋肉を指圧をすることでほぐしてあげると良いでしょう。クリームやオイルを使って手と肌との摩擦をなくし、皮膚に塗るようにして肌にツヤを与えつつ、フェイスリフトアップのマッサージをしていきましょう。最近は、たくさんのフェイスリフトアップのための化粧品が商品化されています。スキンケアとリフトアップを同時に行えるものもありますので、一度ためしてみてはいかがでしょうか。

フェイスリフトアップに効果的な成分

フェイスリフトアップに役立つ美容成分とはどのようなものがあるのでしょうか。肌が自重で垂れ下がってくるのが、肌のたるみという現象です。リフトアップは肌を支えている物質を補充すれば可能です。たるみの原因は肌を支えている成分が減ったことが要因だからです。主にコラーゲンやヒアルロン酸が、肌を支えている成分です。若い頃はこれらの成分は豊富で、いわばフェイスリフトアップを自前でしているといえるでしょう。ですが、成分は加齢と共に失われ、顔の皮膚はだんだんとたるみ、肌のハリがなくなって薄くなってしまいます。フェイスリフトアップにとって大事なことは、コラーゲンやヒアルロン酸を含む美容商品をうまく使うことでしょう。鶏のトサカから発見された分子量80万〜200万の高分子な成分が、ヒアルロン酸というものです。皮膚だけでなく眼球や関節にも多く含まれており、体内で保水や弾力が必要な部分に存在しています。とても保水力が強い成分なので、ドライアイの点眼薬などにも使われており、化粧品に保水成分として添加されるだけではないようです。コラーゲンもフェイスリフトアップに役立つ成分で、ゴムのように弾力がある繊維です。皮膚の組織を互いに繋げる働きを持ち、肌にハリと弾力を持たせ、厚みを一定に保っていきます。フェイスリフトアップという、顔のたるみ対策を意識した肌のお手入れ方法は、年齢を重ねるごとに必要となるスキンケアだといえます。フェイスリフトアップは、年を取ってからでは手遅れになることも考えられるので、早めに実行したほうが良いのではないでしょうか。

外科手術でフェイスをリフトアップする

年齢を重ねるごとに気になるのが、お肌のたるみで、たるみが目立つと実際以上に年を取って見えたり、何となく疲れて見えたりしてしまいます。そのようなアンチエイジングを求める人のために、様々なフェイスリフトアップの方法が存在します。最近はプチ整形という言葉が広まり、軽い気持ちでリフトアップ手術をする人も多いようです。フェイスリフトアップの中でもメスを使うものは、垂れ下がった余分な皮膚を切開します。持続性がある反面、肌への負担が大きくならざるをえないのが、この方法です。たるみが相当目立つという人には向いているフェイスリフトアップの方法です。糸を使って肌を引き上げる方法が、メスを使わないフェイスリフトアップ技術としては代表的だといえます。脂肪吸引によるフェイスリフトアップは、カニューレという極細のチューブを用いてたるみの元となる脂肪を吸引し、皮膚を軽くしてリフトアップをします。脂肪吸引によるリフトアップは、二重あごや頬のたるみに効果があるといえます。しわが目立つ場合は、コラーゲンやヒアルロン酸注入によるフェイスリフトアップ法があります。皮膚を下から持ち上げてハリを与え、顔のたるみを解消します。レーザーなどの光を用いたサーマクールも最近人気のフェイスリフトアップ技術です。コラーゲンの生成作用を促し、皮膚を引き締めることでたるみを解消し、フェイスリフトアップをするというものです。
P R
カテゴリアーカイブ