Total Lunar Eclipse 

2004年10月23日(土) 13時08分

今月の27日に北アメリカでは完全な月食をみることができるらしい.これはアメリカ時間でいうと9:14PMから始じまり,月は地球の影に3時間以上をかけて通過していく.これは北アメリカに限ったことではなくてオーストラリアを除くすべての大陸で観測することができるらしい. そこでほのかに白い月は影に入るにしたがって,徐々に赤みを帯びてくる.最終的には薄気味の悪い赤になるそうだ.アメリカではこの月を"Blood Moon"と呼ぶそうだ.残念ながら,日本では観測することはできないらしい・・・

月が赤くなる理由を知りたい方は続きをどうぞ

Cartoon 

2004年10月23日(土) 10時18分
アメリカの風刺絵っておもしろいですよね.今日も続いて大統領選挙に関して.
まずこれ.



まずブッシュのクレヨンは2色だけ,これは比較的ポリシーがはっきりしているから.でも,その内容がどうとはいいませんけど.また,彼は全く自分の非は認めませんし,明らかに失敗してることでも,成功してると言い張ります.アメリカ人の中にはこれが危険なんだという見方をする人がけっこういるみたい.

に対して,ケリーはブッシュにも一般的にもフリップフロップと言われてるように,意見がころころ代わります.また,ディベートでも"ブッシュにはないけど,私にはプランがあるんだ!!"といったことを繰り返してますけど,具体性はほぼ明らかにされてません.不透明です.そういったとこからこの風刺絵ではグレイをいっぱい広げてるわけです.

なんかこういう皮肉たっぷりなのって好き.ちなみにこれは両方を批判したものになってると思う.

Embryonic stem cell research 

2004年10月22日(金) 15時00分
Embryonic stem cell とは日本語で胚(はい)性幹細胞(ES細胞)のことをいい,今,アメリカではこれが波紋を呼んでいます.というのも,11月に行われる大統領選の論点の一つになっているからです.

まず,ES細胞に関する研究というのはどういうものかというと,簡単に言えば人間の胚を使った再生医療に関する研究といえます.ここで胚と言うのは受精後大体5-7日ほどたった受精卵のことをいいます,これは様々な細胞に分化する能力があり,すさまじい増殖力があるため,これを利用することによってパーキンソン病、心筋梗塞、脊椎損傷などの様々な難病に効果があるのではと期待されています.しかしながら,人間の胚ということもあって,倫理的な問題があります.

ブッシュ大統領は基本的にはこの問題に関してはNOという立場です.というのも,2001年に様々な宗教団体がこの研究に関して,胚を採取するときにはそれを殺してしまうことになるので倫理的に問題であるという立場をとったため,それを受けてブッシュは”2001年8月9日以降に採取された胚性幹細胞(ES細胞)を使用する研究に対して資金提供を一切行なわない”という声明を発表しました.今ではこの判断は多くの科学者から反感を買っています.

それに対してケリーは逆の立場でYESです.これはブッシュに対する反感を利用したともいえます.結果,多くの科学者がケリー支持を表明しています.

さらには,10月10日にスーパーマンの役を演じていたクリストファー=リーブがなくなったことにより波紋は広がっています.なぜなら,彼はES細胞の研究費拡充を訴えていたためです.また,つい先日には彼の妻がケリーを支持するため応援演説に立っていました.

これが大統領選挙にあたっての一つの論点です.正直こっちに来たときにはあまり関心がありませんでしたが,いろんな人と意見を交換するようになってある程度関心が持てるようになりました.それと,会う人会う人が政治の話するんですよね.日本とはちがって政治への関心の高さが伺え,なかなかおもしろいです.

2004 Antarctic Ozone Hole 

2004年10月22日(金) 11時31分

今年の南極地域の冬は比較的暖かいようで,オゾンホールが薄くなる現象が続いているようです.しかしながら,昨年の物に比べるとわずかに小さいらしい.毎年,オゾンホールは難局地帯を越え,時には南アメリカまで達するため,その辺りに住む住民は通常オゾン層によって吸収される紫外線にさらされている.新たなテクノロジーを利用し,毎年起こるこの現象を研究している科学者たちによると,人間が作り出したオゾン層を破壊する物質は減少しているようだ.

2004 Antarctic Ozone Hole
10.12.04
A relatively warm Antarctic winter in 2004 kept the thinning of the protective ozone layer over Antarctica, known as the ozone 'hole,' slightly smaller than in 2003. Each year the 'hole' expands over Antarctica, sometimes reaching populated areas of South America and exposing them to ultraviolet rays normally absorbed by ozone. Scientists have new tools to study this annual phenomenon, and the human-produced compounds that contribute to ozone breakdown are decreasing.

NASA

グールドのゴールドベルク変奏曲 

2004年10月21日(木) 17時24分
バッハ:ゴールドベルク変奏曲
グールド(グレン)

発売日 2000/11/01
売り上げランキング 522

Amazonで詳しく見るB00005HMOV


最近はまってこのCDをよく聞いてます.知ってる人にとっては
なんだこんな有名どころをと思われるかもしれませんが,いいものはいい.
是非聞いてほしい一枚ですね.グールドの声も入ってるし.

再開してみました 

2004年10月21日(木) 16時22分
サーバが落ちて早数ヶ月.いろいろありましたと
いいたいとこだけど,なんにも変わりありません.
残念なことに.

とりあえず,こんな形ですが日記つけるのを
再開します.
ではでは,今後ともよろしく.
2004年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fa90029
読者になる
Yapme!一覧
読者になる