グルコサミンに副作用はある?

July 24 [Wed], 2013, 14:50
身体に良い影響を与えるとされているグルコサミンですが、副作用の問題は気になることでしょう。

グルコサミンを体内に取り入れても、副作用が起こる可能性は高くないとされています。

グルコサミンを摂取しても副作用が出る確率は高くないため、安全面から考えた場合にはそこまで不安になることはないといえます。

しかし、過剰にグルコサミンを摂取したり、甲殻類のアレルギーを持っている方だったりする場合には、副作用が出ないとは言い切れません。



よって、決められた量に従って摂取した場合にのみ、グルコサミンを摂取しても副作用が現れないということになります。

また、効果を期待したいあまりに1日に目安摂取量よりもたくさん摂取してしまうと、便秘や胃の痛み、下痢などの症状が出る恐れもあるようです。

ほかにも、糖尿病を患っている場合には、症状がひどくなる場合があるため、糖尿病を患っている方にはあまりおすすめできません。

また、甲殻類アレルギー持ちの方の場合に、エビカニなどから抽出したグルコサミンを配合したサプリメントを摂取してしまうと、アレルギー症状を引き起こす可能性もあるため、そのことも覚えておきましょう。

レスベラトロールはポリフェノールの一種

June 11 [Tue], 2013, 13:07
2006年に世界的に有名な科学雑誌Nature(ネイチャー)でレスベラトロールの研究成果が発表されました。さらにNHKスペシャルでも、レスベラトロールと長寿遺伝子の関係が取り上げられて注目を集めました。このようなことから、レスベラトロールは人間の寿命に係る画期的な成分だとして、近年になり急速に脚光を浴びているのです。

レスベラトロールは、サンタベリーやブドウなどに含まれているポリフェノールの一種で、若返りの成分といわれています。サプリメントだけでなく、化粧品にも使用され、美容成分にも健康食品にも、今、たいへんな注目を集めている成分になります。

強い抗酸化作用を持ち細胞の酸化を防ぐので、老化の要因をおさえ、寿命を伸ばすといわれる長寿遺伝子を活性化して、若々しさにつなげる効果が望まれています。そもそもポリフェノールは、光合成をする植物の実、花びら、茎などにある色素や苦味の成分のことです。植物の生命維持には、光合成が必要不可欠で、太陽光は欠かすことができません。

しかし、太陽光線の一部である紫外線は、植物の細胞やDNAに傷をつけてしまいます。植物は移動することができず、紫外線を避けることもできません。そこで、自らの身を守るために、色素を作り出しました。それが、ポリフェノールになります。

ポリフェノールの抗酸化作用は、特に、血液の流れをよくして動脈硬化を防止することで注目を集め、健康に良い成分として広く知られています。

うつ病で復職する際の注意点について

May 27 [Mon], 2013, 14:53
うつ病で復職をする際の注意点としては、頑張りすぎてはいけないということです。うつ病で復帰することになると、職場の人たちに迷惑をかけてしまった分、今まで以上に頑張ろうと思ってしまうのです。

しかし、この考えが間違っているのです。復帰して、残業を始めると、また、精神的に追い詰められ、うつ病の再発にもなりかねません。そのため、復職をする際には、下記のポイントを守るようにしましょう。

●医師からの復職許可をもらう
●残業・出張などをしないで、勤務時間の短縮をできるようならしてもらう
●自分優先主義になること

初めに挙げたポイントの医師からの許可は、うつ病から復帰する際には、必ず必要となります。自分勝手に判断をしてはいけません。

その上、2つ目に挙げた残業・出張は、ストレスの溜まりやすい環境となるので避けるようにしましょう。そして、最後に挙げた自分優先主義が最も大切で、一番難しいことです。

うつ病になってしまう人は、自分の感情を抑えてしまうため、疲れを感じたら休むと言うことを常時心がける必要があるのです。

冷え性は頻尿のもと?

May 09 [Thu], 2013, 12:08
女性に特徴的な頻尿の原因の一つには、冷え性があります。体が冷えることで、尿意を催すのです。人間は、誰でも体が冷えると、トイレが近くなります。女性は冷え性の人が多いので、頻尿になる人が多数いるのです。この場合は、冷え性を改善すると頻尿も治ります。

もちろん、冷え性だけが原因とは限りません。加齢のために尿道括約筋が緩んで尿失禁が起ったり、膀胱炎や尿道炎になっていることもあるでしょう。ですから、まず頻尿の原因を突き止めなければいけません。

しかし、冷え性の改善で体を温めると、頻尿も良くなる女性も意外といます。これは冷え性に限りませんが、体を温めることは大変良いことなのです。冷え性は、頻尿のほかにも、いろいろな体調不調の原因になります。是非にも、改善しなかればいけません。

冷え性の改善には、体を冷やす食物を避けて、温める食事を摂るなどします。血行を促進する食事や、運動をすることが、一般的な改善方法です。

また、漢方薬やサプリメントを利用することもあります。野菜はサラダではなく、温野菜にして食べるといいでしょう。後は、出来るだけ冷たい食べ物や飲み物は、やめましょう。良質のタンパク質やビタミンを摂るように、意識してください。

女性の膀胱炎や排尿痛は性病を疑いましょう。
そのときは自宅でできる検査キット「性病検査STDチェッカー」がおすすめです。

炭水化物ダイエットは安全?

April 23 [Tue], 2013, 11:54
炭水化物ダイエットは安全なダイエット方法といえるのでしょうか?

炭水化物ダイエットは日本人には不向きで、脳や肝臓などに悪影響を与える可能性があるため、安全なダイエット方法とはいえないでしょう。

炭水化物ダイエットは、アメリカ人のために、アメリカで考えられたダイエット方法です。

日本人とアメリカ人の食生活が異なるのは知っていることでしょう。

ほかにも、日本人とアメリカ人の腸の長さは、日本人の場合には約7メートル、アメリカ人の場合には約4メートルのため、消化に必要な時間が異なります。

また、日本人の多くは米を主に食べているでしょうし、炭水化物が含まれている食べ物をたくさん食べています。

そのため、炭水化物ダイエットを実践することで体重を減らすことは簡単です。

ただ、炭水化物に代えて肉類を食べることは、消化の面から見ると、日本人には不向きということになります。

ほかにも、炭水化物の食べる量を抑えてしまうと、体内のブドウ糖が不足します。

脳は、ブドウ糖があることで働くため、ブドウ糖が不足すると、脳の機能が低下し、集中力が低下してしまうなどの影響が出てしまいます。

このような状態だと、日常生活をすることも大変です。

また、炭水化物ダイエットは、肝臓にも悪影響を与えます。

ブドウ糖が体内から不足すると、肝臓の機能が低下します。

よって、炭水化物ダイエットは、シンプルなダイエット方法ですが、安全面から考えるとあまり推奨できないダイエット方法ということになります。
P R
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31