都市計画で決まる規制値

March 18 [Tue], 2014, 16:04
どちらの規制値が適用されるかは、都市計画によって定められます。

建物の1階あたりの高さが3mとすると10mで3階、12mで4階までが可能となりますが、一般的な勾配屋根の住宅の場合、屋根の分を考慮しなければなりませんので、それぞれ2階もしくは3階程度となります。

建物の高さ(道路斜線制限)6腱物の大きさや採光や通風を確保し、町並みをそろえるために、道路の幅員に応じて隣桜する建物の高さを制限しています。

建築基準法第56条[建築物の各部分の高さ]建築物の各部分の高さは決められている。
P R