勝部のアカスジキンカメムシ

July 17 [Mon], 2017, 20:40
住宅を売却する際、購入者へ引き渡すまでの清掃一式は、相談のうえ作成した契約書にそうと明記されていない限り、絶対にしなければいけないわけではありません。ピカピカにしなくても、ふだん掃除するのと同じように綺麗にしておけば問題ないはずですが、ときどき清掃を買い主側が希望するといった例もあります。そういう時は仲介業者に相談し、プロに依頼するかどうか、どの程度までやるか等を考えます。交渉の範囲内ですから必ず相談しましょう。かなり築年数が経過した家だと、古さがネックになるので壊して土地だけにした方が良いのではと迷うことも多いでしょう。でも、更地にしたからといって確実に売れるとは限りません。古い家に対する考え方は近年変化しつつあり、自分好みに改装して住むというのは雑誌で特集が組まれるくらいですし、中古の物件を新築なみにフルリノベして販売するという不動産会社は近年とくに増えていて、中古だからダメというわけではありません。物品の購入時に避けて通れないのが消費税です。家を売買するときも課税されますが、土地には課税されませんから、土地付き一戸建てであれば消費税は建物代に対してだけ課税されます。大事なことですが、基本的に売主が個人なら消費税が非課税となるというメリットがあります。ただ、売主が個人とはいえ店舗や事務所、アパートやマンションのような収益物件なら、課税対象とみなされるため、あらかじめ計算にいれておかなければなりません。自分の手で家を売るのは、頑張ればできそうな気がしますが、危険を承知でなければお薦めしません。租税、約款、法律、登記などの専門知識は本やネットだけで身につくものではありませんし、付け焼刃で大きな資産を動かして訴訟にでもなったら大変です。手数料はけして安いものではないものの、安全に安心に売買するには不動産業者、司法書士といった専門家に委ねるべきです。仮に充分なリテラシーがあり、面倒な手続きも厭わないなら、専門家の手を借りずに自分で家を売るのも構わないでしょう。建物や土地等の不動産に賦課される税を固定資産税および都市計画税と言います。誰でも不動産を所有していれば払わなければいけない税金で、毎年課税されます。納税義務者は「賦課期日に資産を所有する者」とされており、この日にちが1月1日のため、もしそれ以前に売却する契約をしていたとしても所有権移転登記を済ませていなければ、旧所有者である売り主が納税義務者となります。購入者が納税義務を負うのは所有権移転登記を済ませた次の年と覚えておくと良いかもしれません。このごろよく見る太陽光発電システムつきの住宅では、家を売る際に太陽光パネルをどうするかが問題になります。売買の契約書の付帯設備として記載されていなければ、新居のほうへ引越しさせることができます。ただ、撤去と設置には費用がかかりますから、実際には手放されるケースのほうが多いです。いざ手放すにも手続きが厄介なのがソーラーパネルですが、引っ越した先に設置に適したスペースがないということもあるわけで、そうなると放棄するよりないです。注文住宅を建てたり新築を購入する際は、無垢材やしっくいなど天然素材を使った家の評判を正しく把握することが欠かせません。つらいシックハウス症候群の心配も無用で、長く使うことを想定しているので、和にも洋にも合うデザインなので、年代を問わず、特に若い世代を中心に根強い人気を保っています。家を売る際に、そのような天然素材が毀損されずに美しいままでいれば、普通の住宅と同じような値段で売ってはいけません。本物の価値というのはそんなに簡単には下がらないものです。住宅を売る際に権利書がもし見つからないときは、具体的にはどのようになるのでしょうか。たしかに、権利書がない状態では長年住んだ自宅でも売ることは不可能で、おまけに原則として書類の再発行も応じてくれません。そんな八方塞がりの状況を打破する手段は、あるといえばあります。代表的な方法として司法書士による本人確認があり、所有者の本人確認情報を作成してもらえば、登記上の手続きは問題ありません。司法書士には数万円前後支払う必要がありますし、時間もかかるというデメリットがあるため、権利証は失くさないよう注意してください。正式に家の売買契約を交わすとなると、さまざまな書類を揃えておかなければなりません。売却する家の権利証(デジタル化以降は登記識別情報)、固定資産税納税通知書のように固定資産税額を知るための書類は不動産を売却する際にはかならず必要になります。また、物件や売手側の状況次第で、揃えるべき書類は異なります。書類については仲介を担当する不動産業者から連絡が来ますから、たとえ時間を作ってでも早めに用意しておくと、手続きが簡単かつ迅速になります。よほど専門的な知識がない限り、居宅を売却する際は、まず不動産会社に家の市場価値を査定してもらって、売主が売り出し価格を決めて媒介契約を締結します。価格を決めるのにそれほど悩まなければ、ここまで数日程度しかかかりません。内覧者を受け入れ、買い手がつくまでの期間は、値段にもよるのでしょうが、不動産の種類や状況等により違いが出てきます。ただ、不動産取引の法律により、売却を仲介する業者との媒介契約は3ヶ月たつと効力がなくなりますから、再契約はできるものの、そのあいだに購入希望者を見つけられるかが売却のカギとなります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:春輝
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fa3nrnbuwnmfre/index1_0.rdf