取り合えず 

2006年07月27日(木) 0時28分
取り合えず自己紹介から。

 悠弥
 一応高校生
 背はフツー。160cm
 体重は聞くな。
 黒髪、痛んできた。
 むしろ痛ませた!
 あまり仲が宜しくない奴とは意味もなく犬猿の仲にしてしまう。
 イジメられっこ。
 意気地なし。
 パッと見ムカつく。
 むしろ存在がヤバイ。
 音ゲー出来る。
 極めてない。
 パソコンが第二の恋人。
 自称タチ。
 他称ネコ。

 前略参照してもかわらねぇよ?
 http://pr3.cgiboy.com/S/4739330/



 愛(悠弥の見解。

 小さい。150cm以上?
 色が黒い。自黒。
 黒髪が似合ってる 
 軽い。恐ろしい!
 頭良い…?
 可愛い!
 寝言が凄かった。
 空気が柔らかい。
 いい匂い。(ヘンタイ)
 女にモテる。
 女子のみコースに進学した。
 てことはタラシ!!

 性格は似てたり似てなかったり。
 なにこの子!!

2006年体育祭其の参 

2006年07月26日(水) 23時05分
▼ # by f_t_b_o_o_h | 2006-05-24 23:18
アレは長い夢?

 体育祭は、書くこと無い。
 ただ、ま−が苛々してて、悪いけどムカついた。

 一番はやっぱり頭のいい奴らばっかりなんだよ。
 バカと一緒になった、自分らを恨むんだね。
 あーぁ、無駄に一日過ごした気分。


  サイアクダッタ

 愛に押し倒されて説教されて、
 泣いて泣いて泣いて。

 悠弥は何でそんなに壁があるの?

 仕方がないじゃん。俺はそんなに強くない。

 あたしも信頼できない?
 こうやって抱きしめてると、近い?近いよね?
 
 ……ごめん。凄く、凄く、遠いよ。
 
 あたしじゃ駄目?

 解らないよ、遠いんだよ。

 
 そんな会話しか覚えてない。 
 あったのはひねくれた俺の姿だけだ。
 団が一緒じゃなくて、知らない奴とベタベタしてる愛が見えて。
 正直、倒れるかと思ってたんだから。

2006体育祭其の弐点五 

2006年07月26日(水) 23時04分
▼ # by f_t_b_o_o_h | 2006-05-23 20:40 |
 駄目だ、無理だったんだ。
 あの状況で言わないことも、
 根本的に我が侭は止めようと思ったときには。
 やっぱり俺には無理だったんだ。

 愛は、明日の体育祭は友達と行くって約束していたんだ。
 でも、俺てっきり一緒にいけるって思いこんでて。
 もとから阿呆ってのはしってたけど。
 浮かれてる分だけ馬鹿だった。


 あたし、明日友達と行くし…。


 言われたとき、ちょっと目が覚めた。
 

 なんで?俺じゃ駄目?俺とは行きたくないの?

 その子。運動場まで、往き道解らないんだって。 

 
 で、言ってしまったんだ。アノ言葉。


 じゃあ。俺、明日愛が一緒に行かないから明日からずっと愛とは行かない。

 ……ぇ?


 言っちゃったよ!!別に後悔しなかったんだ、言ったときは凄く清々しかった。
 多分、コレで愛は俺とは一緒に行かないから、
 ある意味で縁が切れて、それから、迷惑掛けずに済むんだ…って。

 正気だよ。何も可笑しくなかった。
 多分、あの時の俺が本当の俺だったんだ。
 

 ……本気?

 俺、冗談好きだけど、こういう冗談言ったことあるか?

 ……無い。

 じゃ、そのままだな。

 勝手にして!もう良い!!荷物返して。

 …ヤダ。どーせコレ最後だろうし、家までちゃんと送る。

 送らなくて良いから、返せ!!!!


 って言って、俺のチャリから自分の荷物取って
 そのまま、俺の前歩き出した。

 そのまま歩くのも、出来たけど。
 あの時は、もう自転車に乗って愛追い越して。
 信号点滅しても無視して。
 そのまま、家に荷物軽く置いて制服のまま県立図書館行って。

 古い資料読みまくって、歯科の細菌の本とか、絶対読まなかった政治の本とか。
 兎に角、自分の苛々と、泣きたい気持ちを全部本に押しつけて。

 図書館の公開書庫は凄く居心地が良い。
 人も少ないし(重要)本の匂いと、冷たい空気。あと、人じゃない気配(重要)
 ずーっとずーっと本を読んで、小1時間で

 ・政治の本。(三冊大きさ同じ、全部で厚さ20センチ強。)
 ・歯科カンケイの本(図が一杯のかなり平たい奴、5センチくらい。)

 たっぷり!!


 そしたら、携帯に着信。
 ディスプレイ見たら愛だった。
 ……。 6時5分。

2006.5体育祭其の壱 

2006年07月26日(水) 11時52分
2005年の高校体育祭。
前の日記はやりたい放題だったから
文が読みにくいことこの上ないです;;
一人称俺ー!!
今以上にすれ違ってるアホ日記其の壱

▼ # by f_t_b_o_o_h | 2006-05-22 22:46
砂まみれ…;;

今日は体育祭の練習…。
日に焼けるし弁当砂まみれだったし…色々とサイアクだった…。
だめだ、今日これ以外に書くことがない…。
(´・ω・`)ダメポ



はぁ…。俺何してんだろ。

2006年体育祭其の弐完 

2006年07月25日(火) 23時04分
 取り合えずトイレに駆け込んで(女々しい。)
 電話取ったら、なんだか、嬉しそうな声で

 「イマドコ?」

 って、取り合えず「県図書」って答えた。
 「じゃあ、今ね〜…あぁ、やっぱいいや。あたし行く。何処?」
 「だから県図書だって!」
 「の何処!!」
 「……公開書庫東。」
 「モノ好きね!今から行くから待ってて!」

 で、切れた。
 モノ好きとは失礼な…ってか今から逃げ出そうかと思った。
  アノ嬉しそうな声は、きっと別れを告げるものかぁ。って。
 さよなら、っていって。すっぱり縁でも切れるのか。
 せめて、もう少し、話とかしたかったな…。
 って、思ったけど。頭の隅に追いやって本ばっかり読んだ。

 10分くらい経って、独特の、足音と、気配がして。


 こうやって考えるのも最後かと思った。
 これで、バイバイするのかぁ…って。
 これがもしかしたら最後かなぁ?。
 

 いつもみたいに、
 違和感も、
 警戒も、
 何もないみたいに俺の横によってきて…

 抱きしめられた。




 ぇ!?
 恐ろしく、パニックに陥った。
 
 なんだこの子は。
 まだ俺を突き放すために小細工を用意していたのか!?
 制服捕まれて、引っ張られて。
 思わず抱き返した。
 ……ハッと我に返って、愛の肩を掴んで押し返した。
 目を、ずっと見たのに、愛は視線を逸らさなくて。


 「明日、一緒行く。」

 ……ハァ?

 「友達断った。だから悠弥と一緒に…行きたい。」

 ……ハィ?

 「これからも一緒に学校行くの!!」

 ……ナンデ?

 「好きなの…。悠弥。」

 ……ハィ?きこえな…

 「もう言わない!!バーカ。」

 ……馬鹿ですからリピート。

 「アンタ何回言わせる気?」

 ……理解できるまで?

 「好きっていってるの。日本語解る?」

 ……嘘だ。

 「今まで何回言ったと思ってるのアンタは!!」


 ……どこまで俺の人生狂わせたら気が済むんだ?
 聞き返そうとしたら、微笑まれたから。


 何も言えネェよ。
 いつも一枚上手取りやがって。

P R
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:f_t_b_o_o_h
読者になる
Yapme!一覧
読者になる