腎臓を左右誤って摘出=小山市民病院で医療事故−栃木(時事通信)

April 03 [Sat], 2010, 2:16
 栃木県の小山市民病院で2月、60代の患者の腎臓摘出手術を行った際、誤って正常な腎臓を摘出したことが29日、分かった。同病院が発表した。患者の容体は安定しているという。
 同病院によると、患者の手術は泌尿器科の医師が2月10日に行った。がんが疑われる右の腎臓を摘出しようとしたところ、誤って左の腎臓を摘出。摘出後に誤りに気付き、直後に移植手術で患者に戻したが機能せず、約1カ月後に別の医療機関で摘出された。
 手術前に行う皮膚のマーキングを忘れたことなどが原因。患者の体力を考え、右の腎臓の摘出は行っていないという。 

【関連ニュース】
医療紛争の裁判外解決で初会合=ADR機関が情報交換
医療事故モデル事業継続=5学会で社団法人立ち上げ
性同一性障害手術訴訟で和解=慰謝料330万、改善点も通知
がん患者取り違え手術=前立腺摘出、2年半後発覚
医療事故調、大綱案見直しも=「来年度に方向性」

大麻所持容疑の大阪府立高校教頭「仕事のストレスもあった」(産経新聞)
980人が黙祷 JR西の入社式(産経新聞)
<首都高>渋谷−新宿を直結…中央環状線が区間開通(毎日新聞)
菅家さんに無罪判決=18年余で名誉回復−足利事件再審・宇都宮地裁(時事通信)
<財政健全化法案>責任政党が「本家」争い(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/f9p4ui88/archive/42
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。