次世代送電網、5・4兆円市場へ 2030年、雇用創出は60万人(産経新聞)

April 09 [Fri], 2010, 2:59
 経済産業省は8日、スマートグリッド(次世代送電網)を2030年までに全国で整備するロードマップ案を公表した。太陽光パネルやヒートポンプ給湯器の普及、家庭と電力会社を結び消費量を自動制御する配電ネットワークなどで、30年時点の市場規模は5兆4000万円に拡大。雇用創出効果は60万人といずれも現在の6倍に拡大すると予測した。

 ロードマップによると、30年時点の日本では、太陽光発電で家庭のエネルギー消費がほぼ自給自足できるようになり、電気自動車(EV)も普及。「ゼロ・エミッション・ビル」や脱化石エネルギーが大きく進むとしている。

 経産省では今回の案をベースに、太陽光パネルの普及台数など個別の数値目標を加えたより詳細なロードマップを6月ごろにまとめる予定だ。

【関連記事】
環境未来都市へ、4地域で次世代送電網の実証事業 経産省が選定
オール日本でエコの街 次世代送電網 夏にも実証事業
官民一体で次世代送電網市場開拓 政府協議会発足
日立新社長、就任会見で「海外プロジェクトの受注目指す」
政府は地域産業と科学技術を一体的に政策推進せよ シャープ・町田氏とNTT西・森下氏が共同寄稿
「中国内陸部の資源事情とは…?」

防犯完備の高級住宅狙い空き巣=容疑の韓国人2人逮捕−計7000万相当か・警視庁(時事通信)
<iPS細胞>「高純度な肝臓組織」開発 医薬基盤研(毎日新聞)
<殺人>アパートで68歳男性死亡 青森・十和田(毎日新聞)
神崎元代表が議員辞職表明=公明(時事通信)
<後半国会>本格化 民主、目玉法案審議入り(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/f9na5r5k/archive/6
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。