オオルリだけど松浦

June 18 [Sat], 2016, 15:20
花粉症の症状が出ると、その不快感を軽くさせる為にも薬の内服は効果が期待できますよね。それでは、花粉症に効く薬には一体どういうものがあるんでしょうか。まず、現時点で花粉症の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)薬として存在しているのが、第一世代抗ヒスタミン薬(症状を抑制するだけで、治療できるわけではありません)、第二世代抗ヒスタミン薬(乗り物酔いの防止、風邪やアレルギー症状の緩和、睡眠障害の改善などの目的で処方されることが多いです)、ロイトコリエン受容体拮抗薬、トロンボキサンA2受容体拮抗薬、ステロイド薬、点鼻用血管収縮剤(α交感神経(闘争と逃赭の神経とも呼ねれていて、緊張していたり、ストレスを感じてると働きます)刺激薬)、抗コリン薬等です。以上のように、数多くの薬剤があるとはいえ、主流となっているのは、第二世代抗ヒスタミン薬(抗ヒ剤とも略され、H1受容体拮抗薬をいうことが多いでしょう)とステロイド薬になりますよね。抗ヒスタミン薬はアレルギー反応を引き起こすヒスタミンを抑制する効果がある為、花粉症の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を軽減させるには効果的です。けれど、こういう薬にはのどの渇きを強く感じるという副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)が出る場合が多くあるため、水分(あるものに含まれている水のことです)をまめに摂取し、体内の水分補給を行うようにすることが大切になるのです。症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)の重い花粉症であれね、ステロイド薬が使用される可能性があるでしょうが、このステロイド薬の副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)には特に注意してください。不快な花粉症の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が一気に緩和される事が期待されるのですが、その効果の反面、免疫力が落ちたり、子どもの成長や女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)の排卵に影響を及ぼしたりするケースがあるのでしょうか。ステロイド薬には、強い副作用(時にはその効果に見合わないこともあるでしょう)があるということを頭に入れておいてみるのがお勧めです。病院では花粉症の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を観察し、その症状や要望に応じて適切な薬を処方してくれるでしょう。不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)にならず、不快感を除外する為にも、始めに医師(かかりつけを作っておくと、いざという時にも安心です)の診断を仰ぐことが重要なのです
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuma
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/f8pa8ofincf5ee/index1_0.rdf