失敗について

May 05 [Sat], 2012, 21:17
坂の上の奄塔kんでいて、八巻の東郷艦隊とロジェストヴェンスキー率いるバルチック艦隊との戦いの場面が好き。
という人は多いと思う。
なんてったって、勝ち方が気持ち良い。
戦闘配置につくために石炭を捨て、身を清め、いざ出航。
天気晴朗ナレドモ波高シそして、一斉涛ェ回帰。
丁子戦法。
とまあ、こんなかんじ。
でも、私が興味があるのは、司馬遼太郎に酷評されている、乃木希典と伊知地幸介の旅順要塞攻略である。
正直、この場面は、暗いし、長い。
何人もの犠牲者が出ていて、読んでいると気分が沈む。
でも、ここから学ぶことは多い。
どうすれば、犠牲者を減らし、勝てたのか、そして何よりも、各人が下した決断は本人の中では間違っていなかったはず。
それをどう評価するか、なぜうまくいかなかったと言われてしまうのかを検証すべきである。
そのために、現在旅順攻略の肯定派の本を探している。
賛否合わせて読まんと中立的な視唐ゥら評価できない。
失敗と言われる所以を探る。
そしてこれを実生活でどう役立てるかに繋げていけばよい。
勿A戦争をするという意味でなく、日頃の決断をよりよい方向にもっていくためのもの。
悪い決断を下さないようにするため。
、って、本屋にその手の本が最近出たらしく、山積みになって出会いSNSいた。
くそ、なんかか悔しい。
タイトル忘れたけど、第二次世界大戦から学ぶ失敗学が内容だった筈。
立ち読みして、結局買わなかったけど。
戦争は宜しくないが、勝ち負けで決定しているという唐ナ、決断の明暗が分かりやすい。
というのがあるんかね。
歴史から学ぶことは多いと思うし。
歴史は繰り返す。
というけど、この言葉より、MarkTwainの歴史は繰りかえさないが、韻を踏む。
の方がWitに富んでいて好き。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:f7w6slcc7h
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/f7w6slcc7h/index1_0.rdf