コクリコ坂から。

September 28 [Wed], 2011, 6:17
コクリコ坂からを先週みました。その感想でも。最近の個人的なテーマが回帰するだったので、コクリコ坂からは今の自分にとってマストな内容でした。戦後、東京オリンピックが始まる前治験アルバイトの期待感。活気がありました。どんどん新しいものを求めていく背景に、古き良いものを失っていくことを危惧していた人たち。今の時代にも当てはまるんじゃないかと思いました。ネット文化が発展していくとデジタル化が進みます。そのおかげでアナログなものが無くなっていく。例えば、音楽のダウンロード販売化によってとレコードの需要が薄くなっていく。電子書籍化によって紙媒体の需要が薄くなっていく。デジタル化はいいところもあれば、悪いところもある。アナログもまた同じ。何かが変わることってことには、古いものが無くなってしまうというのがき物。どうにか共存させることはできないのでしょうかそれを改めて考えさせられました。印象深かった映画のキャラクターのセリフがあります。古くなったから壊すと言うなら、君達の頭こそ打ち砕け古いものを壊すことは過去の記憶を捨てることと同じじゃないのか人が生きて死んでいった記憶をないがしろにするということじゃないのか新しいものばかりに飛びいて歴史を顧みない君達に未来などあるか少数者の意見を聞こうとしない君達に民主主義を語る資格はないとても響きました。このセリフを聞いたことだけでも、映画を観に行った甲斐があったなーと思いました。それと、泣いてしまったシーンが二あります。ベタと言ってしまえばベタなんですけど、それでも感動してしまった。海ちゃん、俊くん良かったね
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:f7ussdmpys
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/f7ussdmpys/index1_0.rdf