褒める男子はモテる

August 21 [Fri], 2015, 0:10
どーも、お元気ですか。

身内の方もはじめましての方も読んでいただき、お礼申し上げます。

僕は結構イギリスの本や中国の新聞、日経新聞に情報商材といったところまで幅広く情報収集するよう日常的に意識しています。

そんな中、今週ある出来事がきっかけで、データの性質とは人々の願望だという認識が深化するようなケースが発生したため、本記事では「褒める男子はモテる」という意欲について記入したいと思います。

「ニンゲンの哀しさのタイプはたくさんあるのだが、幸せは一色である」というセリフがあります。

褒める男子はモテるという欲求はそのうちの1つの幸福の形であると考えます。

ヒューマンはハッピーの形は一様であるからこそ、その幸福の形に目指そうと沢山の者と周知しようと試しています。

人間はまず言葉を作りだし、周囲の人々とのやりとりし、字を利用することで、その書きものを書いた先人と情報共有しようと試行錯誤してきました。

伝授するメソッドとしては新聞、新聞、新聞、ニュースとしては現在開化してきているだけなのです。

では、コンテンツについてはどうでしょう。

情報の内容は細分化すればいろいろとあるように思われますが、本質的な種類は一様です。

褒める男子はモテるというデザイアも昔から一色にあったうちの一つなのです。

そこで一つある考えが出現します。

コンテンツ 中身 内容物 情報の内容に関しては同様であるが、なぜ情報共有方法によって見分の質が左右されてしまうものなのでしょうか。

ぼくには、本のテーマと、情報商材の話題は同義にも関わらずやはり書物のデータをより多く手に入れようとしており、情報商材は本に比較すればアクティブに得ていません。

コンテンツ 中身 内容物 情報の内容が一様だったならばそこに優劣をつける必要もないはずなのですが。

ここで関係してくることは同じ褒める男子はモテるということを取り扱ってはいても、わたしにとっての見分の信頼性が違っているためです。

新聞は新聞社が責任をもって発信しているデータであり、Facebookや情報商材はどこの誰ともわからない人類が情報発信しているデータであるためです。

では見分の信ぴょう性はどのように皆さん意識せず判断しているのでしょうか。

海外のニュースを見ると、日本ではまったく別の方向で報道しているなど、情報の正真正銘というものを考えてみると、書籍や新聞の知識が信ぴょう性が高いということは、証明する手段もなく、ただ「正真正銘が高い」ということをただただ頼りにすることしかできないのではないでしょうか。

むしろわたしたちは、情報収集方式を思いこみで遮断してしまい、逆に偏りがある情報をえているのだと考えるようになりました。

こう思うようになった契機は、先日褒める男子はモテる関連の情報商材を閲覧しているときのことでした。

ふと記載内容で以前真逆の主張をしている書物があったことを思い出しました。

私は、この情報商材が虚偽の記述を記載していると思い、とても怒りましたし意見を出そうとも考えましひた。

しかし、ネット上で詳細に調査してみると本で記入していることが間違いで、情報商材に記載していることの方が正しかったのです。

ぼくは驚愕しました。

情報入手手段に関して、意図して複数の入手仕方を設けて偏りのない知識を入手する努力をしているはずだが、無自覚のまま本のデータは信憑性が高く、情報商材は信ぴょう性が高くないと考えをもっていたことにです。

皆さんも意識せずに同様の固定概念をもってしまっているヒューマンも多いのではないでしょうか。

しかし、かといってお金や時間は無制限にあるわけではないので、優先度をつけて情報入手していくことは正しいです。

実際に情報商材は高額なときが多く、書物は低価格なときが多いので、本の割合が多くなってしまうのはしかたないが、やはり意識してさまざまな情報収集やり方をもうけておくこと、知見の正真正銘という膠着した考えは可能な限り排除しておくことが大事だと思います。

褒める男子はモテるにおいては、特殊な知見である場合が多いので情報商材の方が入手しやすいかもしれませんが、逆に本での情報収取を心掛けておくべきかもしれません。

つまるところ見分の真実性というのは立証がないのですから、膨大なデータを入手し、自分の中でデータの体系化をしていくことでしかない。

つれづれと書いていたのに、おかしな文章になってしまいました。

もうしわけありません 笑
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ネットナンパで出会う
読者になる
2015年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/f7p7g1mm/index1_0.rdf