成瀬で忍

December 25 [Fri], 2015, 17:11

職場を変わられるときにはご存じのとおり、たとえ看護師であっても履歴書の持参が必要ですが、気を付けるべきことが存在します。何に気を付けるべきかと言いますと、履歴書の項目の中でも特に大事な志望の理由の書き方です。



志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、研鑽に励みたいという理由や過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったような「この人はやる気があるんだな」と感じられるような内容がいいのではないでしょうか。





病院などで看護師という仕事に就いていると、もちろん辞めたくなることも少なからずあることと思います。


仕事自体で間違ってしまうことや患者さんに厳しいことを言われたりすることだってあります。しかし、嬉しく感じることや、看護師として働き続けたいと感じることも多くあります。





元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、いろいろな方に支えられながらやってこれていることを感じています。免許が必要な専門職である看護師は求人が途切れるようなことはありません。その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。近頃ではインターネット上に看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどがかなりの数があるのです。





なので、活用しつつ、条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。看護師の勤務は交代制ですが、それ故に、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。



入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、その他報告しておくべきいくつかの事項を次に勤務を始める看護師に口頭で報告するというものです。申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に話す努力が必要です。



業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量も求められます。





色々な働き方ができる看護師なのですが、そのほとんどはやはり、病院で勤務しています。





しかしながら、病院における看護業務の他にも、意外と看護師でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く看護師は増えていて、競争率の高いところもあるようです。必ずしも病院でなくとも看護師として仕事ができる場所はたくさん有ります。


ライフステージに合わせてより働きやすい環境を求めて転職する、といったことができます。


長く看護師として働いていると、様々な悩みが出てきますよね。よく言われるものは休日や出勤日が不規則な事だと思います。折角休みになっても友達と遊んだりデートの時間が取れなかったりする悩みをよく聞きます。


または、昨今の看護師不足の影響から簡単に休みが取れないという問題もあります。こうした状態を変えたいのであれば、日勤で働ける病院に勤めれば良いので、この機会に、将来を考えた上で転職するのも間違いではありません。少し前までは、看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、昨今は徐々に男性看護師も増加しています。




看護の際、患者を移動させたり入浴を補助したりと、結構力のいる仕事も多く、女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。


女性と年収に関しては同じですが、産休や育休がないので、より多くの経験を積むことが出来ます。



看護師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで看護師の中でも小さな子を持つ場合には大きな不安要素となり得ます。



ある程度の年齢までなら24時間保育を実施している保育所を利用したり、院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。





そういう理由でパートで働く形に変えていくという看護師も多数存在するようです。



最近では男性も増えていますが、女性が看護師として働いた場合、異業種に比べると高給です。その結果かどうかは不明ですが、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。





ですが、とにかく忙しいです。




働きづめの病院もあり、「お金を使うような時間が確保できないから、貯まっていってしょうがない」というのは珍しくありません。


収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのがベストな形だと思います。


看護師の仕事内容がかなりハードだというのは事実で、しんどさを覚える場面も多いはずです。


二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、たいていの看護師は、体内時計を狂わせてしまって、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。




立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければどうしようもなく疲労を溜めてしまい、腰痛や頭痛に苦しむことになり、そこでやっと、自分自身の受けている身体の負担について思い知らされることもあるのです。前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている看護師は多いですし、増えてもいます。その際ですが、再就職ができるのか、できないのかというのは辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。



例を挙げるなら、結婚や転居、あるいはまた、出産、育児を理由とした辞職であった際は、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。



実際に、こうして働いている看護師は多いです。諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして出戻ってくる人もよく見られます。皆さんご存知のように、看護師の職場環境は千差万別で、比較的大きな総合病院から地域の町医者まで様々にあります。


あるいは、介護施設や保育園などに常駐する看護師もいます。会社員も会社によって給与が違うように、その点は看護師にも同じことが言えます。



町医者と総合病院とでは、どうしても給料も変わってくるでしょう。



ですから、一般的な看護師の平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。


高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い看護師は離職率が高いです。


ですから、やはり、転職率も高いことが挙げられます。そうした傾向を踏まえ、看護師専門の転職サイトなるものが増えています。専用の転職サイトなら、さらに効率よく自分の希望する条件の求人を探せますから、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の看護師にぜひ利用してもらいたいです。それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを参考にしてみるのが良いでしょう。



全国的に看護師が不足している現状は医療の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。原因としては、看護師の仕事が過酷だということが挙げられます。最近、医師が行っていた一部の医療行為を看護師が担当できるようになったことで看護師が覚えなくてはならない仕事が増えて、勤務時間も長時間になって、簡単に休みをとることが出来ず、疲弊する一方なのです。


また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に職を辞する人も多いのです。





ハードワークで知られる看護師ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。


特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいて急に容態が変化してその処置に大わらわになったりしますし、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も担当看護士が任されます。


急に手術の予定が入るようなことはしょっちゅうですし、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのにナースコールの数が多く、対応にかかりきりになってしまったり等、少々混乱してしまいそうなくらいにてんやわんやと忙しいこともあったりします。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽菜
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/f7g2emaohrorwe/index1_0.rdf