海外に家を持つ?!

July 28 [Sun], 2013, 9:20
私の両親が、
「家を買おうと思うんだけど」
と。

え?持ってるじゃん。
今の家、持ち家でしょ?

と、ビックリ。

よくよく話しを聞くと
海外に投資物件を買おうと計画中らしい。

ま、うちの親は株やら金やら
いろいろなものに手を出してる。

なので、またか、という気持ち。

でもこういうのは詐欺もあるので
注意して欲しい。

とりあえず、自分でも
海外投資物件とはどんなものか調べてみた。

<<以下サイトより引用>>

〜海外不動産投資の魅力〜
不動産投資には大きく分けて、住宅や商業施設、オフィスビルなどを購入してそれを賃貸に出し、賃料収入(インカムゲイン)を得る方法と、購入した不動産を転売して収益(キャピタルゲイン)を得る方法の2つがあります。
現在、日本での不動産投資は、主にインカムゲインを得る為のものが主流ですが、海外に目を向けると、まだまだキャピタルゲインを狙える投資案件も多数存在します。日本でのバブル同様、リスクも有ると思われますがリターンも大きいので、投資戦略の幅を広げるという意味でも、一度ご検討してみる価値は有ります。

〜海外不動産の注意点〜
しかし、法制度も不動産取引上のルール・慣習も異なるため、トラブルが多いのも海外不動産投資の実情です。また治安や経済状況の急激な悪化などによるカントリーリスクや為替リスクも国内の場合より高いことは言うまでもありません。正確な地域情報や知識を得てリスクを最小限に抑えるためにも、信頼できる不動産専門家の協力は欠かせないでしょう。
ジャパンサザビーズインターナショナルリアルティネットワークは世界44の国と地域に550以上のオフィスが存在し、各国のエージェントから最新の情報を得る事が出来ます。

〜海外不動産と税金〜
また、海外での不動産投資に関して誤った認識を持たれやすいのが、不動産投資で得た収入および資産にかかる税金の問題です。「固定資産税がかからない」「相続税が発生しない」などという風説がありますが、これは間違いです。日本国籍を有する日本人である限り、全世界どこであれ、収入を得た場合は所得税の課税対象となります。もっとも二重租税を防ぐために日本と「二国間租税条約」を結んでいる国が多くありますが、事情は国によって大きく異なりますので、現地の税制に通じた専門家に相談することが大切です。 また、不動産そのものについても、たとえそれが海外の所在するものであっても、個人の資産として日本の贈与税・譲渡税の課税対象となります。なお固定資産税については、少数ではありますが課税されない国もあります。

<<以上サイトより引用ここまで>>


オイシイ話しにはリスクはつきもの。
信頼のおけるエージェントを選び
計画はしっかりと立ててから行動に移さないとですね。



海外投資物件について

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:f6r17e6iv36l4j
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/f6r17e6iv36l4j/index1_0.rdf