妊娠中に葉酸という栄養素を摂取していなかった場合、お腹の

July 02 [Sat], 2016, 1:33

妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。







それもそのはずで、妊娠と葉酸は切り離せない関係の二つです。







なぜなら、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。







もちろん、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。







妊娠発覚後から葉酸を摂り始めるよりも、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を注意してください。







葉酸についてですが、今では産婦人科においても、妊婦への摂取が勧められているんですよね。







産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。







厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。







ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方もいますよね。







万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、葉酸はほうれん草などの青菜類や、肉類にも入っている栄養素なのです。







ですから、普通の食生活を送っていれば、ある程度の葉酸は補給できています。







実は、通院して不妊治療をおこなっています。







しかし、それがとてもストレスになっています。







こうまでしないと、子供ができない事が私には大きなストレスなんです。







できるなら、全部投げ出したいぐらいです。







なのに、それができない事が、ストレスを倍増させているように考えます。







妊娠願望を持っている、そしてあるいは、妊娠している女性であれば、胎児がしっかりと成長するため、頑張って葉酸を取ることが大切です。







でも、摂取する量には注意することが必要です。







過剰に摂取すると、短所があるようです。







ぜひ必要摂取量を確認してください。







葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。







葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように妊娠初期には葉酸はサプリを活用するのが良いとされています。







サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意してください。







葉酸を効率よく働かせるためにも、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてください。







普段の食事から摂れる栄養素の働きによって、葉酸の効率的な働きを促すことが出来ます。







それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の摂取は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。







ご存知の通り、亜鉛は妊活の鍵と言っても間違いないとても重要な栄養、ミネラルで、男性にとっても女性にとっても元気な体を作ったり、生殖機能を更に高めるために必ず必要です。







食事の中でも積極的に取り入れ、足りない場合にはサプリメントを利用するのも効果的でしょう。







ホルモンの働きを男性・女性ともに活発にしてくれるので、足りなくならないよう気をつける必要があります。







妊娠することによる体の変化と、必要な栄養素の効果を考えた時、妊娠中はもちろん、妊活期間から十分な摂取が求められる葉酸なのですが、つい忘れてしまったりして十分に摂取できないという悩みも出てくる方が多いです。







このような場合、使ってみると良いのが葉酸サプリを飲む事なんです。







葉酸サプリであれば、普段の食事を変えることなく気軽に摂取できるため、継続的な葉酸摂取も容易です。







ですから、忙しくて食事がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も心配する事なく、普段通りの生活を送れます。







妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食生活以外に、よりたくさんの葉酸を摂るよう厚生労働省によって勧告されています。







葉酸を十分に摂取することで、神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。







葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。







その場合には赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。







ですから無添加の葉酸サプリメントを見極めることもポイントです。







いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。







不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。







タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、一向に妊娠の兆候が見られなくて、義妹や姉のところに子供ができると、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。







産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことにそう時間をおかず妊娠することができました。







悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。







葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。







その効果は日本の行政機関である厚生労働省も妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。







体内に入った葉酸は、水溶性であるために尿や汗と一緒に体外に出ていくので、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。







しかし、葉酸の過剰摂取によって発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。







サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、規定量を必ず確認しましょう。







妊娠中に葉酸という栄養素を摂取していなかった場合、お腹の中の赤ちゃんに影響が出てしまうかもしれません。







元々、葉酸は普通のごはんでもある程度摂ることが可能ですが、妊娠初期には特に赤ちゃんの脳や神経の形成にとても、重要な働きかけをしてくれる成分です。







したがって、妊娠中に良質なサプリメントなどで葉酸を十分にとることが重要なのです。







妊娠のための行動の中でも、体質改善をめざし、根本から妊娠しやすい体を作っていく漢方治療は大変効果的です。







病院で医師に処方箋を出してもらえば保険の適用がきくので、安価で続けやすい治療でもあるのです。







この治療の効果は女性だけではなく男不妊にも効き目があるとされており、ご夫婦一緒に飲むのもおすすめです。







妊娠に大切な葉酸は厚生労働省によって妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。







それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は汗や尿と一緒に体外に排出されるものが殆どですから、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。







ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって最悪の場合、呼吸障害や発熱、かゆみといった副作用を発症する恐れがあります。







サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、規定量を必ず確認しましょう。







葉酸とは、あまり普段は聞きなれていない言葉ですが、妊娠すると絶対に耳にするビタミン、栄養素です。







母子手帳にさえその摂取が必要だと書いてあるくらい重要なんですね。







すすんで取り入れることをすすめたいです。







ネットでも葉酸が手軽に摂れるようなサプリも多数売られています。







とにかく夫婦にとっての欠かせない栄養素は葉酸なのです。







葉酸が不足していると胎児の脳や神経系に障害が残るリスクが高くなってしまうのです。







実際、いつまでに葉酸を摂取すればよいかとなると、大体、妊娠3ヶ月以内といわれるので、この頃に葉酸を摂取する必要があります。







今、通院して、不妊治療をおこなっています。







でも、それがものすごくストレスになってます。







こうまでしないと、子供ができない事が私にはものすごいストレスなんです。







できれば、全部投げ出したいぐらいです。







けれども、それができない事が、ストレスをためる原因になっています。







治療段階で判明する不妊の原因というと、排卵障害や着床障害といった女性由来の場合と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性側に原因があることとが挙げられるでしょう。







もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。







ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、女性のみならず男性も検査を受けると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。







葉酸は妊娠中の初期の頃だけに必要だと思われることも多いですが、実はそうでもありません。







事実、妊娠中期から妊娠後期にかけても胎児の発育を促進したり、悪性貧血から母子を守ったり、妊娠高血圧症候群になるのを防いでくれるなど妊婦には必要不可欠な役目をしてくれます。







授乳が終わるまでしばらくの間は、続けて葉酸を摂っていきましょう。







妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありません。







それでは、妊娠後期の妊婦には葉酸が必要ないのでしょうか。







確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。







ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそんなことはありません。







葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを下げてくれるという意味では、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が大切な期間という訳です。







なのでこの時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。







大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸サプリの話題が出ました。







ベルタが販売している葉酸サプリが一番良いらしいって教えてくれました。







友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いとテレビで見たことがありましたから、妊娠したと言っていた友達に勧めました。







やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、赤ちゃんを無事に出産してほしいと思う今日このごろです。








可愛くなる美活講座
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:f6aq93b
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/f6aq93b/index1_0.rdf