ターナーで永井

February 12 [Fri], 2016, 12:37
この前、転職をしました。比較的ラクそうな職場だったのに、なぜ転職したの?とその理由を聞いてみると、「とっても暇だった。


もっとバリバリと働きたい」ということでした。


なるべくラクな仕事が良いと考える人が多い中で、彼女みたいな考え方が出来る人もいるものなのですね。
実際のところ、看護師は安い給料で、夜勤といったものもあるので、毎日の生活が大変だと思われるかもしれません。



ですが、看護師の職業にもいいところはちゃんとありますよ。
入院している患者さんに感謝されることが多いです。それに、近頃では、自立した女性という印象のため、婚活などでも大人気です。今の時代は労働者不足や高齢化によって来院者の増加のせいで、看護師の1人当たりの負荷が重くなっているといわれます。
忙しさを解消するために、人手が不足している病院に余裕がある違う病院のナースを派遣してもらい、忙しいことによる負担を軽減し、患者に影響が出ないようにしています。介護士と看護師の仕事内容の最大の違いは、看護師だとお医者様の指示でいわゆる医療行為ができることでしょう。


注射はもちろん、点滴や投薬などの医療行為は、看護師にしか施せません。疲れやすく、ストレスも感じる仕事ですが、プライドを持ってずっと働きたいと思っているナースも少なくないのは、強い責任感、使命感があるからとも言えるかもしれません。
一般に、看護師は医師からの指示で医療行為を行う場合が多いですが、容易な医療行為であれば、医師による指示がなくてもすることができます。なので、一例として、老人ホームなどといった福祉施設に看護師の方がいれば、とても心強いと感じられます。


実は、看護師の初任給は仕事の割に少ないと思います。

病院に入院して看護師ウォッチをしてみると、深刻な患者が入院していないのならば、一定の業務をこなすだけですが、その仕事内容も実はかなりキツイのです。深刻な患者が入院している場合には、ますます多忙となってしまい、内的ストレスもたまるでしょう。少子高齢化が深刻化してきている日本で危機とされ続けているのが医師や看護師が少ないことです。

新聞やインターネット上でも深刻な問題として注目されることがとてもよくあります。
ナースに憧れて努力して、国家資格を手にすることができたのに、転職してしまう人が増え続けています。


なぜかというと、憧れと現実のギャップが予想と違っていたということがあるのでしょう。

修学旅行や一般向け旅行企画に同行し、緊急対応として怪我や病気の手当てや病院を探す看護師もいます。

母親として子育てをしている人は土日は休暇であったり、夜勤の義務がない職場を追求しているものです。
病院以外の場所で務めるには、臨機応変に対応できる専門知識を体得している認定看護師や専門看護師の資格があれば、働き口が見つかりやすくなります。



全国のナースの年収は平均437万円程度です。しかし、国立、私立、県立などの公立病院の看護師は、公務員として働いているため、年収は平均593万円程度になります。

公務員看護師は給与の上がる割合も民間の病院より高く、福利厚生もしっかりしています。准看護師のケースは、看護師よりも平均年収が70万円程度低いです。一般的に見ると看護師として働くことは大変ハードだと認識され、勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。例えば二交代制の病院勤務だと、休憩を挟むとは言っても、実際には16時間働くことになってしまうといった場合もあります。長時間勤務がザラだということも一般的に、看護師の勤務というものが大変と思われがちな一つの根拠となっているようです。
働く場所がたくさんある専門職、それが看護師ですが、実際に医療現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。

なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。

しかも、丁寧に探してみれば、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。ネット環境があれば、簡単にアクセスできる看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどが増えてきていますから、上手にそういうものも使って条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。さらに上を目指したい看護師が自分の看護の技術をますます磨き上げたり、成長のために、医療経験を積むには、いろんな道筋があります。
働いている病院から技術の向上を図れる他の病院とか医療施設などにトラバーユするのも考えられる方法の1つになります。

また、最新の技術や広範な知識を習得するという目的で、看護にちなんだ資格を取得するのも1つのスキルアップの方法といえます。知人が看護師として働いていたのですが、大病を患ってしまっていったん退職しました。ですが、身体の調子が治ったら、現場に復帰して、病院で看護師としての仕事を続けているのです。



ブランクがあっても、役に立つ資格があったら復帰も早いと思います。やはり資格が大切なことが改めて分かりました。

実際、看護師が転職する理由は、人間関係がうまくいかないことなのが少なくないです。
女性の多い職場ですし、ストレスの蓄積しやすいこともあって、人間関係が難しいと感じる人が少なくないでしょう。一部には、パワハラやいじめが転職を考える動機となってしまう人もいます。
厳しい環境の中で無理して働いていると、健康を損ないますから、できるだけ早く転職すべきです。看護職員の方が仕事場を変える時にも、面接対策は欠かせません。
面接を担当した人がネガティブなイメージを抱いてしまったら、看護スタッフが足りない状況にも関わらずご縁がなかったということにもなるのです。

雇用の条件に恵まれているところは応募者数も多くなりますから、緊張感を失わず不足なく対策をたてて就職面接当日を迎えましょう。



爽やかな雰囲気を演出する出で立ちで、質問には溌剌と応じる姿勢が重要です。

看護師になろうと思っていました。でも、色々と事情があって就職し、しばらくOLとして会社に勤めていました。
ですが、OLをしている間も看護師になりたいという思いが消える事がありませんでした。



転職して、無資格で医療関係の仕事に就くということも出来たのですが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。すると、看護助手として勤務しながら資格も取れるそうなのです。子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。忙しい看護師が職場を変わろうと思う際、働きながら次の勤務先をみつけようとすることもあるのではと思います。でも、仕事を辞められないまま、転職先を探すとなれば、時間がなくて落ち着いてゆっくりと情報を調べることができないといった場合もあるものです。そこで、看護師の転職サイトを用いると、自分自身の要望とマッチした勤め先を勧めてくれるので、とても役立ちます。一口に看護師の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。

そうなると、看護師生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。

そして、もし何か得意な技能があることを、採用される際に伝えておけば、得意なことを最も活かすことができる職場配置となるはずです。また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、高い確率で病棟勤務にまわされるでしょう。


行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、できること、得意なこと、希望することなどは明確に伝わるように話すと良いです。
看護師は必ずしも正規雇用というわけではなくバイトやパートで働くこともあります。
その時、大事になってくるのが1時間あたりの給与額です。
一般に、パートやアルバイトの看護師は正規雇用と比べて給与額に恵まれないこともありますから、せめて時給くらいは高くないとやりがいは減りますよね。
可能なら、時給が安いより高いほうがいいですよね。

病院にもよるのですが、看護師がもらえる報酬は、主に女性が担う一般の職に比べ、給料はかなり高めになっている、ということはよく知られています。
特殊な、医療現場という場所での労働ですし、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当もしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。
誰もがあまりやりたくはない夜勤が多かったり、残業を厭わずに長時間こなすというような看護師ですと、給料はもちろん、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:フウト
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/f5ttetetiairfn/index1_0.rdf