きゃりぱみゅだけど倉持

April 22 [Fri], 2016, 11:58
きついながら、やりがいも大きいのが介護士というお仕事です。どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、元気になって退院していった患者さんが、後に改めて介護施設まであいさつにきてくれた時です。

そしてまた、患者さんのご家族に感謝の気持ちを伝えてもらった時なども、大変に感動したりします。世間で言われているように、介護士の仕事はかなり辛いものです。ですから、仕事からやりがいを得られない場合は、きっと辞職しようと願い、悩んでしまうと思うのです。
働き方を色々と変えることも可能な介護士ですが、大半の介護士は介護施設で働いています。介護士といえば介護施設で働くもの、というイメージがありますが他でも、意外と介護士でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、介護施設、保育園、大きな企業内などです。こういった所で介護士として働く人は実際とても多いのです。


つまり介護士であれば、介護施設ではなくても介護士として仕事ができる場所はたくさん有ります。
結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングにその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。


介護士が働ける場所というのは介護施設に限りません。「グループホーム」という介護施設の分類があるのですが、その様な場所においても特に介護士は重宝されているのです。



グループホームの入所条件にあてはまる方というのが、認知症の問題を抱えている方、というのが条件なので、気を付けて接する必要があります。特に介護関連に興味があるという場合は、グループホームへ勤務することも前向きに考えていいのではないでしょうか。国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、この何年か特にお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。ということはつまり、介護機関で働く介護士に関しても大勢が働いているべきなのに、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。
しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、転職を希望している介護士にとっては、転職先を見つけやすい等の大きなメリットもあります。
介護施設に初めて介護士が就職を果たした時、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、100パーセント希望通りにしてくれる介護施設もありますし、人事を担当する人の考えによって確定されたりすることもありそうです。配属先の決定は、介護施設側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、出された答えとしての配属であることが多いようです。


でももし、その配置に不満がやまないのなら部署の上司にそのまま伝えてみて、アドバイスを求めることもできます。
受験資格を得て、合格後、介護士として働くための教育を受けられる機関として大学と専門学校があり、いずれかを選択することになります。

大学の特徴を挙げると、最先端介護に関して等、より深く学ぶことができることと介護以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。



その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。専門学校では、実習が多くあり、早い段階でより実用的な内容について学ぶことで、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。


その他、学費に関しても専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。



一般的な認識では介護士は給料が安定している仕事だと位置づけられていますからローンの際も、往々にして、簡単に審査に通りがちです。

ですが、非常勤勤務である場合等、非正規雇用の場合の介護士だと注意する必要も出てくるでしょう。ローンを組むことが容易なのは非常勤でなく、正職員として働いているような安定した勤務形態で働いている介護士について言えることなので、介護士であっても勤務形態が非常勤となると、ローンを組む際にスムーズにはいかないことがあります。介護施設で介護士として働く場合、働く時間が規則的でないことや厳しい労働環境であることなどが影響してまったく違う仕事に移る方も少なからず存在するそうですが、実は介護士の資格というものは、いろいろな職種において有利な方向に働くことが多いでしょう。

例を挙げると、病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。要資格の専門職である介護士ですが、景気に左右されることなく、いつでも求人があるという強みがあり、転職もしやすいです。きっかけが結婚や出産だったり単に私事からの転職もよくあるものの、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。
こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ肝心の転職自体、できない恐れがあります。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、大介護施設で最先端の治療に接したい、というように積極性を感じられる理由を挙げたいところです。


介護士という仕事が激務であることには異論の余地がありません。

特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいてもし容態が急に変わったら大事になりますし、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったことも介護士が行います。
予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間に幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、気の休まる時間はないくらい立ち働くことになります。
介護士として働く人は女の人が多いので、結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、その結果、離職率が高い割合を示しています。

それにプラスして、働く時間帯がイレギュラーであることや、厳しい労働環境であることなどが影響して離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。たとえシングルマザーであっても十分子育て出来るくらいお金が入ってくることももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。
様々な病気を抱えた患者に出来るだけ安心感を持ってもらうためにも、介護士は服装や外見を意識しておくことが重要です。女性の介護士の場合、派手なメイクは避けて誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのがおススメです。ノーメイクという訳でもありませんから、周囲の人が感じる印象も良くなるでしょう。

昔から、介護士は比較的高給のイメージがあります。もちろん、介護施設では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど大変な仕事ですが、給料で見れば平均的に高水準を維持できることが見て取れます。



また、景気に大きな影響を受けないことも介護士の特徴です。こうした安定性と給与の高さから見ると、介護士を選ばない理由はないでしょう。常に激務に晒されている印象のある介護士というお仕事ですが、その勤務時間は、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。
他のスタッフとの兼ね合い、つまりシフトの状態に左右されますが、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、育児と仕事の両立を図りつつ、無理のない働き方が可能である、と思えるようです。

どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。しかし、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。

ついでに言うと、介護士も他業種と同じように8時間勤務です。
少し前までは、一般常識として、介護士イコール女性の職業でしたが、ここ最近になって徐々に男性介護士も増加しています。実際の看護の現場では、患者を移動させる時や入浴を補助したりと、結構力のいる仕事も多く、男性介護士がより力を発揮できるということもままあります。給料は女性と差はありませんが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、その分、キャリアアップできる機会も多くなります。殆どの介護施設において、介護士が十分に足りていないことは社会問題に繋がっています。理由としては、介護士の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。

法改正によって、医師の仕事を介護士が担当できるようになったため介護士が覚えなくてはならない仕事が増えて、労働時間も長くなりますから、簡単に休みをとることが出来ず、疲弊する一方なのです。交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、退職する人もいます。
転職を希望する介護士の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。働く介護士が不足している介護施設などいくらでもあって、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。



今、働いている仕事場ではハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。


そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、どんな評判が流れているか、確認しておきたいところです。多くの介護士は、病気を患っている患者やその家族と接しなければいけないので、印象の良いヘアスタイルにも配慮することをおススメします。
いち介護士として、介護施設内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが良いでしょう。

介護施設の雰囲気や方針次第で、髪形への規則の厳しさが変わるということを理解しておきましょう。
よく言われることですが、介護士という仕事から得られる充実感は大きいものです。
しかし、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。

それから、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、なにしろ介護に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。そういったことをわかった上で、介護士という仕事を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、短所を帳消しにできる大きな満足感も得られる仕事なのです。土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている介護士は多いですが、土日祝日の休みをとることもできます。


簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、土日が休日になるでしょう。

変則的な出勤があったり、休日診療に出ることになったりもしますが、土日は休める、と考えてもよさそうです。



あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、大抵の場合は土日祝日は休みをとれるでしょう。

昔読んだ本の影響で、介護士になりたいと思っていました。
しかし、事情があって就職を選んで結局OLになりました。でも、夢を諦められませんでした。

無資格でも看護関係の仕事に就くという事も出来ますが、ちゃんとした資格を取得して介護士として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、介護施設で看護助手として勤めながら介護士資格を取る方法があることを知りました。


夢だった介護士の道が開かれて、前向きな気持ちになれました。働く介護士の休日に関してですが、勤めている現場で違うのです。
とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、シフトのスケジュールに沿って勤務しますから、休日出勤や平日休みも当たり前にあります。大変そうに思われるかもしれませんが、逆に言うと職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、そういう意味では働きやすいと言えますね。公務員と介護士を両立する方法は、国公立の介護機関で働くことです。本来、職業としての介護士が専門職で長く勤務することが出来る安定した業種で勉強する人も多いのですが、さらに公務員の待遇が付加することで安定性は確実です。
手厚い福利厚生に安定した職場、きちんと整備された年金制度などは魅力的ですよね。シフト勤務で働く介護士にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事で決まって体調を崩すようであれば、日勤のみという条件で転職するのも間違いではありません。でも、忘れてはいけないのが、勤務時間が少なくなったり夜勤手当がなくなりますから、夜勤で働いていた頃に比べて結果的に給料が減ることが少なくありません。

今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、今の職場を離れるかどうかを考えてみましょう。
一般的に見て、介護士の給料というものは良いですが、実をいうと夜勤の手当に依るところが大きいことによって稼ぎが多くなるという現実があります。
たとえばより高い給与を介護士の仕事で得たいのならば、どこで働くか考える時、日勤のみではなくて夜勤の時間帯にも働ける職場を選びましょう。当然ですが、夜勤の時間帯の勤務の有無によって給料の差は大きくなります。改めて言うまでもなく、介護関係の代表職である医師と介護士ですが、この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。はっきりした違いは、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、病気をいかにして予防するかを助言したり、必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。
そして介護士については、医師の指導に則って、診療の補助をして、患者さんのケアをするということが中心です。
介護士が介護施設で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。
子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。そしてまた、外来勤務では夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。


勤務中に忙しい思いをするのかどうかは、介護施設によりますが、人気の医師のところなどでは、多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、対応には時間がかかるでしょう。


クレームが入ることもよくあります。
どんなスキルが必要になるか、ということもどういった介護施設か、診療科はどこかによって違ってきます。街コンでは多数の方と知り合うことが出来ますが、こういったイベントに出る介護士は多く存在しています。職場では女性が多数で、男性と出会う機会が少なく、新しい出会いを求めて、介護士がエントリーするのです。
街コンにおいても、「介護士」という仕事は人気が高いです。

ですが、たとえ素敵な出会いがあったとしても、その後、休日が合わないために上手くいくケースばかりではないのが現実です。学校を出てすぐに勤務した介護施設で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。
ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、介護士という仕事しかないだろうと考えて、転職することを決めたのでした。

それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。



そういうサイトを見たり、本を探したりしながら思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、ちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことがいやでも思い知らされた出来事でした。最近では、介護士は不足傾向にあります。
介護士の免許を持っていても、介護士の職を選択していない人も多いのです。このように介護士が足りなくなっているのはどうしてでしょうか。それは最終的には、介護士の離職率というものが、はるかに高いということに起因していると言えます。



実際の離職率はどのくらいなのでしょう。

なんと、常勤介護士で約11%にも上るのです。大多数が女性の職場なので、出産であったり育児であったりのタイミングでの退職が多いこともありますが、それに加えて、厳しい労働環境も、離職率を上げる要因だと言えると思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ショウ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/f5onymtioauvan/index1_0.rdf