量産型だから

September 12 [Wed], 2012, 1:49
正直ドキュメンタリー映画にはあまり関心がないし、日本で上映している物やレンタルで見ることのできる本数もあまり多くはないのだけれど、評始めとして様々な分野で活躍する町山智高フ松嶋オセロの人町山未公開映画を観る本はアメリカのドキュメンタリーについて語られた、かなり興味深い本だった。
アメリカでは大量にドキュメンタリーが撮影されているそうだ。
曰く、ビデオ器材等の進化、安価マイケルムーアの成功おっさんの聞き込み映画が大スター集めるより収益を上げたブッシュ政権の問題に対するカウンターらがドキュメンタリー制作を後押ししているらしい。
この本にはボケと質問の松嶋に優しい先生役の町山いつもと違うが、きちんとはまっているのだという配役で、25本の映画田中みなみ 迷惑を軽快に紹介してくれる。
中でも印象深かったのが、ジーザスキャンプとアーミッシュの二本だ。
アメリカでは聖書の言うことをほぼ丸ごと信じる福音派が約25存在しているそうだ。
その彼らが子供たちがサマーキャンプで牧師の説教を受ける、という内容なのだが、映画を見ると、信仰心のない俺日本人にはきな臭い新興宗教や糞会社の新人研修のような洗脳プログラムが行われているようにしか見えない。
自分たちの敵を排撃するように子供たちに檄を飛ばし、現実が、現実に毒されている貴方達がいかに汚いかを伝え、恐怖心を植え付け、そしてキリストによる救いで浄化しようとするのだ。
牧師の誘導によって、集団で涙を流し続けるティーンエイジャーを見せられると、とても居心地が悪い。
仕方がない、ような気がしてきてしまうし、それに、彼らが弾劾する社会が悪ではないように、彼らの行いが悪い、と、言えるだろうか俺はためらいを覚えてしまう。
ちなみに牧師の女性はかなりのデブなのだが、この人信仰心がなくなって近頃の人は断食一つしようとしないとか言ってんの。
お前がしろよって話なんだけど、言っても通じないのは目に見えているというか、そこまで自分自身に盲目的だから、あそこまで他人を攻撃できるのだろう。
人口の四分の一を占める福音派がブッシュ政権に利用されてさあ大変、なのだが、何故か聖職者である福音派のリ達はキリスト教で禁止されている金かセックススキャンルで失脚しているらしい。
えキリストの教えはでもこのスキャンルのおかげ、というのは不謹慎かもしれないが、こういった身も蓋も無さが暴露され続けているおかげで、アメリカが狂う一歩手前で留っていられる、といえるかもしれない。
本当の聖職者が、カリスマがいたのならば、もっとアメリカの軍事介入が進んでしまっていたのかもしれない。
もう一本のアーミッシュ禁欲教徒が快楽を試す時は残念ながらレンタルできなかったので未見なのだが、個人的には対談を読んだだけのこちらの作品の方が考えさせられた。
アーミッシュ教会というキリスト教の一派は、車もテレビもない、俗世と断絶した生活を送っている。
そしてそのコミュニティの中だけで育った彼らは、16歳から始まる期間に、洗礼を受けるか俗世に入るかの決断を迫られる。
彼らはいきなり俗世の快楽を浴びる権利を獲得するのだ。
寂れた田舎に突然おとずれる、性交乱交、良識的な大人が眉をひそめる音楽に薬物まで、俗世のテーマパークを彼らは味わう。
にもかかわらず多くの人が俗世ではなく、洗礼を受ける方を選ぶという。
一度破門されたら信者の親にも会えない、という厳しい戒律もそうだが、16でいきなりほっぽら出されても、やがて快楽が倦怠を連れてきてしまうのだろう。
倦怠を飼いならすのには時間が必要だ。
でも、この映画の公開後、テレビ局が彼らを田舎の娯楽ではなく大都会に連れて行くという企画をすると、なんと多くの子供たちは俗世に行く選択をしたそうなのだ。
それを町山は彼らが求めたのは快楽ではなく仕事、将来の可能性と説明する。
大都会には、キリスト以外の雛lみたいなものに触れる機会がたくさんあったのだろう。
俺が最初に触れたジーザスキャンプで覚えた違和感は、子供たちの判断力を狭めていることにあった。
雛lが正しいからお前を救うから信じろ、ではない。
雛lは間違っているかもしれないけれど、こんなにかっこよくてセクシーなんだ、だから君にも伝えたいっていうのが筋じゃないのか、と俺は思う。
正しい人だから信じるって、背信行為だと、信仰心とか色んなことが無い俺は感じる。
キリストが正しいから救ってくれるから好きなんだったら、別のもんでもいいだろ。
そんなん信仰と言えるのだろうか。
でもこれがネットがある現代のしかも日本の話でないとすると、また事情も変わってくるだろう。
好きではあるけれど、作品によって出来不出来がかなり見られる、と個人的には思っている、古屋兎丸のインサン少年十字軍の最終巻を今日購入した。
インサン無垢な子ら少年十字軍、という題でもう、多くの人は結末まで想像はつくと思うが、始まる前から筋やラストの予想がついていてもなお、この作品は魅力的だった。
また、個人的な意見ではあるが、美術の解剖学的な知識が指先にも染みついている人、つまり美大出の人は、あまり漫画のデフォルメ、キャラクター制作には向いていないように思える、というか古屋の漫画をみると失礼だがそんなことをたびたび感じてしまう。
特に青年誌とかに連載された作品はキャラもコマもびっくりするほど動いていないのだ。
一枚絵が優れたイラストレーターが漫画を描いたら、と同じように。
でもこの作品は題材に合わせて画風も器用に変化させる古屋に合っているように思えた。
作品の内容は垂フ声を聞いた少年らが旅をしていく過程で、というような単純な物だけれどというかそこを独創的にしたら少年十字軍という題材が生かせないだろう、その中で売春婦や同性愛や双子当時双子が生まれるのは二人の男性と関係をもったせいだと言われていた、そうですといった差別問題や教会の禁止していた世界の知識や同一宗教間の対立等を上手く織り込んで、物語を平易なものにしていない。
当然、彼らの道程が気持ち良いものになるはずではなく、瑞ケな12という文字の元、1212年に集った12人の少年たちは、少しずつ分裂し、破滅への道をたどる。
最終巻で好きなシーンは結構あるが、中でも印象的だったのが、以下の場面だ多少のネタばれを含む怖がりだが十字軍に参加した少年が、仲間が殺される場面で騎士十字軍としてふるまえなかったことから、大切な友人の信頼を失ってしまう。
その少年は自分の失態を取り戻す為に、誤って仲間を手に書け、動揺し、結果裏切った友人の姦計にもはまって、かつて信頼していた大人の手で凌辱される。
その最中、怖がりの少年の頭に友人の声が響く闘え闘えよアンリその言葉に従い、行為の最中に耳の一部を齧りとった少年は、激昂した相手に半殺しにされて、ゴミと一緒に崖の下に捨てられる。
それを友人達に発見された少年は、穢れてしまった弱い自分は騎士ではないから、殺してくれと言い、謝罪をする。
その願いが叶えられなかったので、彼は落ちていた鋭い槍状の物で自らの喉をつく。
その少年の介錯をしたのが、盗賊上がりで、垂信じていない人殺しの少年だ。
彼は言う。
アンリは自殺したんじゃねえ俺が殺したんだ聞いてるか雛lよだからちゃんと天国へ入れてやれよアンリもレミーもちゃんと天国に入れてやれよその分地獄で俺を苦しめてくれそう言って少年らは涙を流し、復讐を誓う。
町山が紹介した映画には少年兵について触れられた作品もあった。
伊勢崎賢治氏らの著作に詳しいが、少年兵とはかなり厄介な問題だ。
人を殺すことに躊躇が無い最初に、相手を殺さないと殺すという教育を受けるから。
そして馬鹿な甘言に従う死んだ後で天国に行ける、垂フ兵は決して弾に当たらない投薬されるケースもあるらしいそして、人を殺すことしか習っていないので、争いが終わった後は奪うことしかできなくなる。
岡崎京子の漫画は好きだけれど、名作、ということになっているリバースエッジが、個人的には全然いいと思えない。
そこにあるのはセンチメンタルな大人の視唐セ。
文学的に消費される解釈できるセンチメンタルのどこが魅力なんだ。
そんなのから離れた作品こそが彼女の魅力ではないだろうか。
平坦な戦場なんてどこにも存在しない。
存在するのは、平坦な線所なんて言葉が必要な人間の所にだけだ。
そんなのは必要じゃないんだ俺の元には、きっと、インサンの元にも少年兵の元にも。
多少の共感が出来たとしても、俺には誰の痛みも分からない。
ただ、見ることはできる。
しばらくは未知既知の景色を瞳に。
そして願わくば、自分の手で選択を。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:f5exzeldja
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/f5exzeldja/index1_0.rdf