スクーカムがみっちょん

June 29 [Wed], 2016, 17:34
トヨタ自動車での注力を通じて高名になり、今や海外でも通じるようになった言い方に「立て直し(KAIZEN)」があるのはご存じでしょうか。その「立て直し」の読み方は作製現地や現場だけでなく、家にも吸い込み、日々のライフスタイルで活用することができます。
 これまで2回にわたって「片づけ」を題にお届けしましたが、此度クローズアップするのは「日課」。児童の「為し遂げる出力」を育て上げるための技法を、20万部超のミリオンセラー小説『トヨタの片づけ』を支給したOJTソリューションズで訴求を務める岡内的彩氏(3年齢と6年齢の2児の母親)がお伝えします。
「あるべき姿」と「現実」の開きを埋めていく

 「飽き性」という言い方にCEOされるように、大人になってもとにかく決めたことを積み重ねるのはハードルが高いものです。実はトヨタという組合は、こういう「為し遂げる出力」がさんざっぱらおっきい! 毎年多くの実利を生み出している立て直し努力も、“妨害を察知→妨害の真の要素を独自→正解を実施→効力を表す”という間隔を愚直に「やり切った」趣旨のパフォーマンスなのです。
 しかし「為し遂げる」ことは、当事者の意欲の高さだけで可能になるわけではありません。周囲の助太刀や効果的な用具・システムがあって、初めて可能になるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rio
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/f55markroretag/index1_0.rdf