勝率50%の裏技必勝法 

November 23 [Tue], 2010, 19:22
裏技というほどでもありませんが、勝敗をそれぞれ50%の確率だとします。
その時に、勝った時の額+30、負けた時の額-20とそれぞれ損益を限定すると、勝敗50%のため(計算上)2回売買する度に+10ずつ利益になります。
計算式は+30-20=+10です。

しかし、勝敗50%と言っても連続して勝つこともあれば、連続して負けることもありますが、売買回数を多くしていくにつれて勝敗50%に近づくことだと思います。
そのため計算上では、100回売買すれば+500、1000回売買すれば+5000、10000回売買すれば+50000ということになります。

まぁ、実際にはこれほど上手くいかないかもしれませんが、少なくとも損失を限定することによって利益が変わってくることだと思います。
これに気付いて実践すれば、必勝法も夢ではないかもしれませんね。

私も時間のあるときに、プログラムを組んで為替データの1分単位での4本値データ2年分を使用して検証してみたいと思います。


その後、プログラムを組んで検証してみましたが、上手くいきませんでした。

ストップとリミットの幅を広げると、その中間で反転することが多くなりストップ(ロスカット)に引っかかるものが多くなり、ストップとリミットの幅を狭めるとスプレッドが足枷になり上手くいきません。
簡単に言いますと、前提であった「勝率50%」ではなくなってしまいました。

ただ、私が簡単なロジックしか組んでいないために勝率50%に達成することができませんでしたが、それなりにロジックを組んで勝率50%以上にすることができれば必勝法も夢ではありません。

ただ、損失を限定するのは当然のことですが、それ以上に利益を伸ばすことが重要です。
と、ビットウィーンさんに言われました。

ちなみに、エクセルのVBAでプログラムを組んでいますが、(Windowsタスクマネージャで見ていると)実行するたびにシステムのページファイル使用量が増えて困っていました。
しまいには、メモリを目いっぱい使ってしまい、メモリデータの退避でパソコンが極端に遅くなっていました。
そこで、ネットでエクセルのページファイル使用量の肥大化を解消する方法が載っていましたので、ここでも紹介しておきます。

エクセルメニュー「ツール」?「ブックの共有」で「詳細設定」タブの「変更履歴」で「変更履歴を保存しない」にチェックするとページファイル使用量の肥大化を抑えることができました。

ただ、「編集」タブの「複数のユーザが同時に編集する(ブックを結合する)」にチェックが入っていないと「詳細設定」タブの「変更履歴」が変更できませんでしたので、最初にこの「編集」タブの「複数のユーザが同時に編集する(ブックを結合する)」に一旦チェックをして、「詳細設定」タブの「変更履歴」を変更し、そして「編集」タブの「複数のユーザが同時に編集する(ブックを結合する)」のチェックを外しました。

「編集」タブの「複数のユーザが同時に編集する(ブックを結合する)」のチェックを入れたり外したりするときにいろいろメッセージが表示されていましたので、もしかすると今まで何か設定されていたものが外れてしまったかもしれませんが、変更して保存後のエクセルで動作していましたので、これでいいかな?って思ってます。
でも、ちゃんとバックアップをとってから設定を変更したほうがいいと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まい
読者になる
2010年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる