2012年に公開されたがん専門薬剤師ガイドラインについて

November 11 [Tue], 2014, 0:20
日本人はがんで死亡する人の割合が非常に高いです。ただし、昔に比べれば格段に医療技術が進歩していますので、適切な治療によって治癒するケースが確実に増加しています。そのガン治療の現場で活躍することのできる一定水準以上の知識や技術を有した薬剤師を数多く養成する目的のために、がん専門薬剤師制度が2009年に発足しました。がん治療は年々高度化しており、その治療に資するための薬学知識も高い専門性を要求されるのが実情です。良質かつ安全で効果的な医療の提供というのは社会全体の要請ですから、直接的な治療にあたる医師だけではなく、薬剤師や看護師などにも高い専門性が求められるようになってきています。 そのような状況の中、2012年に、がん専門薬剤師を養成するための研修であるがん専門薬剤師ガイドラインについて細かな内容が公開されました。このガイドラインの策定によって、がん専門薬剤師の能力レベルの全国的な均一化が目指されています。どこの病院で医療サービスを受けるのかによって、その治療効果に差が生じてしまうのは望ましいことではありません。公開されたがん専門薬剤師ガイドラインには、具体的な研修内容や到達目標が示されていますので、資格取得を目指す人が自己研鑽努力をする一助となっています。m字ハゲ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:めぐみf4wc8hwk
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/f4wc8hwk/index1_0.rdf