夢日記10ー1

August 25 [Sat], 2012, 18:56
今日も面白い夢見ましたよしかも映画のような夢じゃなく漫画のような夢でした珍しいwwでは記念すべき夢日記10ですどうぞとある学校の教室に至って普通の青年がいる特に勉強ができるでも運動酔oがよいわけでもなく友達が多いわけでもない、しかしそれらが全くできないわけでもない、至って普通の青年その彼がなぜか学園クラス対抗バトルに参加させられることになってしまった学園クラス対抗バトルといっても一対一でケンカをするわけではなく、それぞれのクラス代表が決められたモを決められた場所へ持っていくだけである。
その際生じてしまったケンカに関しては両者の責任によるモであり、学校側は一切関与しないものである。
なぜこのようなことが行われているかというのは定かではないが毎年この学園で行われている恒例行事であり、これ目的で入学する生徒がいるくらいである。
その彼が参加した理由とは今年の優勝したクラスには単位の恩恵10時間分と優勝者には黄色い宝石が渡せれると校長が見せた宝石に彼の目の色が変わったクラスでも特に目立った存在ではない彼が立候補したが、当然クラスの皆はクラスの人気者や運動酔oのよいものを選ぼうとするその時彼の隣の席に座っていた女の子が手を挙げ、皆の意見だけで決めるのはよくない皆の意見と立候補者とで戦い決めればいいんじゃないかという意見が出たことによりクラス全員がそれが良いという意見になったその瞬間女の子は彼に対してウインクをしてどうと言わんばかりの顔をし、彼はため息をつきやれやれという顔をした一番最初に戦ったのはサッカー部の子PK対決をしたが彼は全てゴールを決め全てゴールを防いだ見たことのない彼の身体能力にクラスがざわめく次に戦ったのは実家が道場をしている空手部の主将相手の攻撃を全ていなしあっという間に一本をとったそして最後に陸上部のエースと戦ったが相手にもならなかった全てにおいて彼が圧勝したのだそして彼が学園クラス対抗バトルの代表に決まったしかしその夜彼との戦いに負けた者達は納得がいかず何かずるしたのではないか気に入らないという理由から闇討ちをすることに一人帰路に向かう彼、後ろから忍び寄る男たち振り下ろされる木材すると突如彼が振り向き木材を片手で止めるそのままへし折り翌朝クラスのHR中に出席を取っていたがその闇討ちメンバーが来ていない先生が珍しいなと言いかけたその時彼らは教室に入ってきた、ひどく怯えながらそして学園クラス対抗バトルの時がやってきたその内容は体育館にあるサッカーボールを屋上に留まっているマイクロバスまで持ってくるというものよーいドンの掛け声と共にもの凄いスピードで彼が駆けていくまるで獣のようにあっという間に体育館に着きサッカーボールを確保、そのまま屋上まで一気に駆けていきマイクロバスの真ん前まで来たところで足を止めたまるで彼が来るのを待っていたかのように一人の男が立っていた同じ学園の制服を着ているが明らかに雰囲気が違う教室の中でモニターを見ていた生徒達が一斉にざわつき出すすると彼の隣に座っていた彼女がいけないとめなきゃと言って教室を飛び出していく彼の目の前に立っていた男は呻き声のようなものを発しているかと思いきや、猛スピードで殴りかかってきたそのまま受身を取り体制を整えようとするが、奴が飛び上がり追い打ちをかけてくる横にずれ攻撃を躱したが彼が立っていた場所のコンクリートが砕けるその破片で彼が頬を切り血を流す恐れ慄くかと思いきや嬉しそうに顔を歪め舌なめずりをするやっと見つけた地獄先生ぬーべーぜつづく
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:f4kuavq2pp
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/f4kuavq2pp/index1_0.rdf