とある新居をレインズでめくって

July 28 [Sun], 2013, 10:55
とある新居をレインズでめくっていますと分譲アパートで同じ管理会社で同じ建物、同じ間取りの二つの部屋がありました。

まぁよくある話なんでしょうけど1つは媒介と言うことできっと個人店舗責任者さんのお部屋を預かって管理する新居、もう1つは貸主と言うことできっとあのアパートの売れ残りのストックを所有者であるそれのデベロッパーの子会社の管理会社が出する新居がありました。

掘り出し賃貸を探そう!


我々お客付け事業者が注目している点はただ1つADの有無でしょう。

あの事態では片一方にのみADがついていました。

さてどちらの新居だとおもいますか?



当然個人店舗責任者さんのお部屋だとおもうでしょう。



不本意なながら違いる。



自分が所有者である管理会社のほうの新居にADがついていました。



当然個人店舗責任者さんもADを支払っていますとおもわれますが現実的にも、我々お客付け事業者に新居が回ってくる頃には管理会社がピンハネしてるんでしょうね。



これでも我々はお得意様をつけますよ。



これが業務でしょうから。



どちらの新居を頑張るかといわれると当然管理会社のほうの新居でしょうね。





二つの新居とも支払ってるADは同じなのに。

ADとお得意様から両手で頂けるのでしょうから。

こうして個人店舗責任者の新居だけが残っていくのでしょうね。





あの場合大手不動産デベ(三・やら住・のデベ、管理会社、お客付け店をもっています企業)によくあるのはご存知ですか。



大手分譲会社のアパートを買った個人の方はやはりそれのまま分譲デベの管理会社に丸投げしているのでこのようなことが起こるんでしょうね。



だれか個人店舗責任者でも登録出来るレインズみたいなをつくってくれればいいんでしょうがね。



お客付けした会社がそれの後も新居の管理をして5パーセントもらえるみたいな方式にすればものとっても頑張るんでしょうけどね。



直接お得意様とコミュニケーション出来るのは我々お客付け事業者だけでしょうから長いよいお付き合いすればまた引っ越す時にはうちを使用してもらえるし。





と新しいビジネスおもいたった今日あの頃です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ようこ
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/f46up2xh/index1_0.rdf