旅の支度E 旅先でのお洗濯 

March 04 [Sat], 2006, 23:27
コンサまであと18日
4〜5泊以上の旅には簡単な洗濯セットを持っていく。
特に暑い夏の旅や暑い地域への旅では、汗をかいて下着やTシャツが足らなくなることもあるので、携帯用の洗濯洗剤1パック(又は液体洗剤を小さな容器に入れ替えたもの)を用意していく。
あとは、軽くて小さなタコ足とこちらも軽いプラスティックハンガー、両端をどこかに引っ掛けられるようになった洗濯ロープも持って行く。
旅先での洗濯は乾きやすい薄いもの、小物に限るが、お風呂のついでにバスタブで洗ったり、洗面所のシンクに少し洗剤を溶いて洗っても良い。
ただ、脱水機や乾燥機がないからときつく絞ると、服が伸びたり型崩れしたりするので、軽く絞った洗濯物をバスタオルに挟み水分を吸い込ませる。
頼めば余分に何枚かは持ってきてくれるので、同様に2〜3回繰り返すとかなり水分はなくなる。それをプラスチックハンガーやタコ足につるして乾かすと結構すぐに乾く。
ストッキングなどはあっという間。
荷物を少なくしたい人にお奨め!

旅の注意A 

March 03 [Fri], 2006, 23:35
コンサまであと19日
迷友Rちゃんはブログ上では超パワフルなのだが、結構気が弱くて可愛いとこあり。
「言葉わからんけど大丈夫?」を連発!
でも香港のど真ん中でそんな心配は無用、駅の名やホテル名、店名や住所、何でも漢字で書けば絶対OK!
だから必ずペンとメモ帳(ちぎって見せたり、渡せたりするもの)を携帯しておいて!
タクシーに乗るときは、乗る前にはっきり行き先を書いた物を用意しておいて、運転手にそれを見せ、OK?と聞けば良い。
書いたものを渡さないと、間違ったふりをされて遠くまで連れて行かれることがあるかも...
香港通の迷友Cちゃんはメモを見せ、しつこいくらいOK?と念を押す。
(そこまで言わいでも...) だが「これくらいはっきり言わんと...」だそうな!
香港は。電車の駅の表示も分かり易いし、ホント、大丈夫だよ、Rちゃん!
但し、レストランのメニュー等は漢字で書いてあっても今ひとつわからない。
質問しても全然わからないので、考えたあげく注文しても思ってたのとかけ離れた物が出てきたりもする。
だから現物を見ながら選べる飲茶が気楽で好きなのかもね。

F4迷ならではの旅支度B 

March 02 [Thu], 2006, 23:27
コンサまであと20日
今日は私から質問!
去年の9月の香港イベントはエリア指定で、座席のないオールスタンディングだったが、ギュウギュウ詰めの客席で右に左に流されながら、周りの人たちと微笑み合う。
そのうち、そこはみな、す〜迷達、国は違えど言葉も違えど何となく意気投合!
はい、どうぞと名刺を渡され、名刺の写真から誰迷なのかわかる...という次第だ。
それで今、私の手元には何枚ものす〜迷名刺がある。
悲しいかな、私は名刺を用意していなかったので、もらいっぱなしか、その場で手書きのメモを渡す羽目となる。
その時から、次の機会には是非、私もf4名刺を作りたいと考えてきた。
さあ、どんな名刺にする?
F1は誰に? フフフ...
メルアドと名前(やっぱりhandle nameの方がいい?)だけが安全かな?

体重が元に戻ったよ! 

March 01 [Wed], 2006, 22:03
コンサまであと21日
そして...サッカーW杯まで100日なのだあ〜〜〜!(私ってカウント好き?)
とうとう3週間前!なのに...お歌のお稽古、さぼってる...
(CD、車内に置きっぱなしなのだが、電池切れ...)
それに今回は随分傾向が違うようで、練習してる曲歌ってもらえるかどうか...
まあ、基本の6曲に絞って個人の曲はあきらめよう!
体重の方は、今日計ったら元の体重に戻ってた。
前日忙しくてほとんど食べる時間がなく、夜中お腹がすいたのをじっと我慢して寝たからか?
なら、やっぱり sleep → get up → 食べる のヴァネ法則の通りだ。

どの季節にも水着 

February 28 [Tue], 2006, 23:51
コンサまであと22日
去年11月の「流星一人旅」では、先ず空港から「大渓別館」、[Ta Shee Resort]とも呼ばれる道明寺邸へ直行。
短い旅行なので、私にしては珍しく荷物の少ない旅だった。
(少なめいいじゃん、大成功!)と思っていたが、1つ大きな忘れ物。
それは...水着。
部屋の窓の下には大きなプール(静さんの誕生日パーティのシーンで使われていた)、ちょっと泳げる季節ではなかったが、たとえ夏でも、こんなババアが屋外プールで泳ぐか?
すべての客室から見下ろせる造りだよ。ちゃうちゃう!
んじゃあ、わかった!室内プールや!
道明寺がつくしを襲い損ねた2人組みを突き落としたプール?
ブ〜〜〜!プールは使用OKだったが、誰も入っていなかったよ。
私の目的はお風呂、道明寺が1人で入ってた「美人の湯」、そこにゆっくり浸かってJerryに浸りたかったんだよね。
で、受付のお姉さんに「水着なくて入浴出来ないけど、写真だけ撮らせて」って頼んで、服のままあちこち撮影させてもらった。
旅先でゆっくり温泉やサウナや、ホテル宿泊客と会員だけの為のスポーツジム等を利用したいなら、水着は必需品だ。
4年前のワールドカップの時、ベッカム様ご宿泊の淡路ウエスティンホテルに、イングランドチームのスケジュールに合わせて何度か泊まった。
1回目の時、スポーツジム内のサウナでベッカム様に握手してもらい、Tシャツにサインまでしてもらった
ツワモノがいて、2回目、3回目の為に急遽水着を購入、足繁くジム、ジム内プール、サウナに通った。(結局、そこでは合えなかったが...苦笑)
その時から「ベッカム水着」と呼んでいる体型補正機能付き水着を今度の旅にも持っていくよ!(怖〜!)

旅の支度D  

February 27 [Mon], 2006, 1:24
コンサまであと23日
旅の支度[美容篇]と言いたいところだが、私はお化粧をしない人なので
そこのところはパス、對不起!
普通、ホテルの洗面所には歯ブラシ(ミニペイスト付)、ソープ、シャンプー、リンス、(ボディソープ)、
櫛(又はブラシ)、ヘアキャップ、剃刀が備え付けられている。
そのほかに、綿棒、コットン、化粧水、乳液、ソーイングセット等が置かれている場合もある。
が、娘いわく「前に安いツアーで香港に行った時は歯ブラシもなかったよ。」
ということなので、ホテルのランクによっては最低限必要なものを持っていくか、ホテルの
ホームページで備品のチェックをしていくか。
化粧はしないが、こだわりのあるものは持っていく主義。
先ず、シャンプー&トリートメント、特に何軒かのホテルに泊まる場合、私は普段使っている
ものを小さな容器に入れて持っていく。
洗顔フォーム、化粧水、乳液も普段使っているものを小さな容器に。
綿棒、(ふき取りコットン)、おりものシート、清浄綿なども持っていく。
あと、5日以上になる旅には、爪切り、毛抜きも。
私の場合、入浴用にボディタオル(長い旅の時は普段使っているボディブラシ)を持っていく。
これは、普段忙しく、ゆったりと入浴する暇がないので、旅先ではゆ〜くりとバスタイムを
楽しみたいからだ。

追記: 清浄綿とはウェットティッシュではなく、完全殺菌された綿が密封パックに入ったもの。
     目や口もふける優れもの。

大勢で食べたい IN 香港! 

February 26 [Sun], 2006, 23:25
コンサまであと24日
初めての香港旅行中、何度もつぶやいたこと、それは...
「ここだけは一人で来るとこちゃう。中華料理だけは大勢で食べな!」
一品ずつオーダーするような中華料理店にはとても一人では行けない。
飲茶の店なら何とか...と評判の店を厳選して行くも、悲しいかな、そう色んな種類は
食べられない。
一品につき、やはり2〜3個は盛られているので、数皿が限度...
誰かと一緒なら一個ずつ分けられるし、家族となら半個ずつとかに切り分けてでも
たくさんの種類に挑戦できる。
(次は絶対大勢で来よう、子供たちの分も出してあげるように貯金しよう)と
その時は固い決心をしたのに...
次の旅はシドニーオリンピックのサッカーアジア予選でサッカー応援に集中するため
やはり一人で...(っていうか一次予選につき合わすのはちょっと申し訳なくて)
今度こそ家族郎党引き連れて...なんて思ってた頃、F4にはまり、香港イベの為に
またまた一人で...
この時は数名の迷と向こうで出会ったが、私が申し込んでいたホテルのプランだけ
ブレックファーストがついていたこともあり、一緒に食事できたのは一回だけ...
イベに同行することになった初対面迷のMちゃんのご主人(Jerryに夢中な妻のために
旅をアレンジし、エスコート!よっ、紳士!)が私達3迷に(妻をよろしく、ありがとう!)と
いうことでご馳走して下さった。(よっ、太っ腹!)
お料理は大変美味しかったが、初対面+ご主人の手前、皆上品かつ遠慮がちに振舞って
いたので(ああ、食った、食った...)という感じにはならなかった。
(ゴメン、Mちゃん!私、むっちゃ人見知りやねん!)
だ・か・ら...今回の香港では、もうむちゃくちゃおいしいもんを大勢で食べまくりたいねん!
だ・か・ら...ダイエットで体重を落としておいて、向こうで少し戻ってもいいように...今、
頑張ってたりもする...?
誰か飲茶のオフ会、開いてくれ〜〜〜!

おいしいお茶が飲みたい IN 香港!! 

February 25 [Sat], 2006, 21:37
コンサまであと25日
今日は2月25日、そしてコンサート25日前だ。
想像していたより何倍も早くコンサの日が近づいてくる気がする。
カウントダウンをして、ブログで真正面からコンサに向き合っているからかな?
待ち遠しいのに怖いような...複雑な気持ちだ。
初めて香港を訪れた時、どこででも中国茶を堪能できると思っていた私は
少なからずショックを受けることに...
下町の食堂に行くと、メニューにあるドリンクはチャイや炭酸飲料、コーラ類。
(烏龍茶はどこで飲めるん?)足を棒にして一人でも入れそうな飲茶の店や中華料理店へ...
中国茶が飲めるか確認してから席につき、初めてほっとくつろぐ、そんな旅だった。
お茶類は大好きだが、必ずストレート。
砂糖やレモンが茶の味を邪魔するのは嫌、ましてやミルクやクリームの入ったお茶を
飲んだ日には一日中、頭痛が取れない。
ホント、それが理由で私はイギリスやニュージーランドには住めないなあと思うほどだ。
だからランチとかでチャイがセットになっていたりして頼みもしないのにテーブルにドン!なんて
置かれると、もうどうやってこの場を切り抜けようかと気もそぞろ...
昨年9月、ペプシイベントのために訪れた香港でもおいしい飲み物には巡り会えなかった。
一見日本と同じように見えるコンビニやスーパーの品揃えは...当然だがかなり違う。
ペットボトル入りのお茶が欲しかったのだが、日本で売られているようなお茶はなくて
やっと見つけた緑茶には甘い味がつけてあった。冗談じゃないよ。
それで、私は荷物の中にドリップ式コーヒーの真空パックと緑茶や紅茶のティーバッグを
入れておく。
軽くて邪魔にならないし、この間の香港でもとても役立った。
あ〜、今度の旅ではおいしいお茶が飲みたいよ〜〜。



こんな時にパソコンが〜〜〜 

February 24 [Fri], 2006, 23:36
コンサまであと26日
ここしばらくパソコンの調子が悪かったのだが、なんとか騙し騙し使っていた。
ところがこの前の日曜日、[コンサまで31日、一ヶ月前]の記事を書いて保存ボタンを押した瞬間、
PCがイカレてしまった。
書き終えたばかりの画面がすーっと真っ白に、私の頭の中も真っ白に。
保存ボタンを押して記事が消えてしまうのは度々のこと、[コンサ50日前]初めての記事も同様に
消えた。
新しくは[私の中華な日々A]も消えた。
洒落にならないが、この記事も一度消え、今泣く泣く書き直している。
たった25回の記事なのに、10回位は消えている。
これって多いほうなのか、それとも普通のことなのか?
大抵は頭の中で書きたいことがまとまってきた時に記事にするので、消えてしまった時は
似たようなことを書き直すのだが、書きながら湧き上がってきたような思いを文にした時など
もう一度書き出す気力なんて残ってないよ!
こんな駆け出し者のミニブログでさえ、相当にこたえるのだから、もっと長くて大事な記事を
書いておられるブロガーさんなど、こんな時どんなに悔しい思いをされるのだろうか?
ふう〜〜〜
わたしのPCはかなりの重症らしく、戻ってくるまでに日数を要するようなので、PC関係の仕事を
している友が自分ちの予備パソコンを貸してくれた。
メールの送受信とネットができるようにしてくれたので、なんとかコンサチケットの当落情報をチェック
したり、ブログの記事を投稿したりできるようになった。謝謝!


海外旅行保険あれこれ 

February 23 [Thu], 2006, 23:30
コンサまであと27日
クレジットカードには、サービスで海外旅行保険が付いており、その補償内容はカード会社によって異なる。
旅行にでる前の連絡等は必要ないが、旅行中何かあって連絡した時には応じてくれる。
但し、数社のクレジットカードを持っていて、それぞれに海外旅行保険がついていても、
何かあった時にはその中の一番条件の良い保険が下りるだけ。
では、自らの意志で掛ける旅行保険との関連は?
死亡時や後遺症時など補償金額が決まっているものは基本的に両方から出る。
つまり、自分で掛けた保険の補償+カード会社の保険(1社のみ)の補償の合計がもらえることになる。
但し、病気やけがの治療費などは治療にかかる実費をもらうことになるので、両方からは出ない。
例えば、2月17日の記事で紹介したF4保険などは「治療費無制限」なので、何かあった時の治療費はこちらの保険から...ということになるのではないか?
では、カードに付いた保険があれば自主的に保険は掛けなくてもいいのか?
それはあくまで個人の選択で、普段からカード会社の保険の補償がどのくらいなのか知っておいて、それだけでは足らないと思われる金額分位を自主的に掛けるという考えもある。
私はいつも標準的な補償額の保険を掛けていくので、もしものときには標準的な補償額+カード会社の保険の補償で少し多い目の額になるということだ。
ちなみに、2月17日の記事に書いたFシリーズ「持病以外の病気やけがの治療費無制限負担)の保険金額は2泊3日で5,850円、3泊4日で6,430円、5泊6日までが7,740円だそうだ。
それから、大事な訂正だが、旅の支度Aで書いた絶対に要る物リストに自分が掛けた保険の証書(小さな手帳型の約款に挟んで渡される)を追加して下さい。

2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:f4-tgbbg
読者になる
Yapme!一覧
読者になる