心理学は誰のため?

December 24 [Wed], 2014, 18:32
旅先の新鮮な出会いや景色がカウンセリングにも良い影響を与えているんでしょうか。
そのぐらいまで思い詰めてしまうと、ちょっと健康にも悪くなります。
そうなるとちょっと私にも心理カウンセラーを目指しちゃおうかなと思う気持ちも出てきます。心理学にはちょっと興味があったし、この機会に勉強しちゃおうかな。
就職も斡旋している団体もありますし、働き方によって学校や資格も選ばないといけませんし、事前にきちんと情報を調べておきましょう。
でも、悩みの内容によってはなかなか相談できないことだってありますし、その悩みをずっと長い間抱えていたら体調まで崩してしまう事だってあります。
友人とか誰かと行くよりも、一人で行った方が私の場合はいいですね。
そうなるとやはりきちんと解決するために何か対策をうたないといけません。
最近思ったのですが、人の心の悩みとか不安とかをちょっとでも軽くしてくれる心理カウンセラーってすごいですよね。
心理カウンセラーは、精神科医とは違いますし、医療行為を行う事やおくすりを使う事はないのですが、そのかわりしっかりと話を聞き、寄り添っていく事で心の負担を軽くしてくれるものだとおもっていいでしょう。
心理カウンセラーのお仕事
もちろん、心理カウンセラーさんはただ話を聞いているだけではないんです。
不安や孤独、そしていろいろな悩みがあると人間本当に辛いものです。カウンセラーはそんなクライアントの側で相談者が自分で解決法を見つけ出せるように力を尽くしてあげる事。
何となく心の悩みとかって友人や身近な人には相談できないものです。重たい悩みならなおさらですよね。
人間、いきていればいろいろな悩みがあるはずです。
心理学の事たくさん知って

心理カウンセラーになる人も増えています

心理学を仕事として
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:f36uk8up
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/f36uk8up/index1_0.rdf