多くの方が今携わっている仕事は、好きな職種を選んで、その

July 07 [Thu], 2016, 14:11

就職活動を成功に導くためには、押さえておくべきポイントがあります。







それが、就職にむけて活動する時の流れです。







もしかすると、就職活動中に嫌なことが起こったり、人柄を否定されるような経験をするかもしれません。







そんな時にも、流れにのってやるべきことをやっていれば、仕事を見つけることができます。







脱落しなければ、大丈夫なのです。







バイトの経験が就活において大変有利だと言われます。







私が人事の担当をしていた際に面接で受けた印象は、働いたことがある人の方がきちんと受け答えできていて、良い印象を持てたということです。







社会経験の有無の差はこんな時にも出るのではなかろうかと実感しました。







お仕事探しを始める場合、あなたの職歴を簡潔に、かつ分かりやすく書きましょう。







これまでの業務内容を把握できれば、実際に職場でどんなふうに成果をあげられるのか、採用担当者も想像がつきやすく、判断の材料になります。







そして、履歴書に用いる写真はかなり大切なので、写真についてアドバイスをくれるスタジオなどで、撮影してもらうのがベストです。







万が一、書き間違いをしてしまった場合は、訂正するのではなく、もう一度書き直しましょう。







目標や夢を持たずに大学を出て職に就こうとしても、理想の職に就くのは困難です。







それが原因となって仕事に夢を持てずに退職してしまい、新たな職に就いても、すぐに辞めるという悪循環に陥りがちです。







適職に一歩でも近づくためにも幼い頃からゆるぎない夢を持ち、努力することが大きなポイントです。







転職した場合にお祝い金がもらえる転職サービスというものがあるのですが、たとえ祝い金が貰えたとしても、全てが一度で支払われるのではなくて、12回の分割で振込みがある場合が多くて、転職費用の足しになるというものではありません。







お祝い金制度を設けていない転職サービスの方が、良質な求人情報を提供していたり、面接にも通りやすいといったこともあるでしょう。







家族に転職についての相談を持ちかけても、適当な助言を与えられるとは考えないでください。







今のあなたの職場での状況を家族ははっきりとわかっていないからです。







理由を説明して転職したいといっても「ふーん」程度しか反応がないこともあります。







「やりたいようにやればいい」というような一言で、あっさりと片付けられてしまうことも考えられます。







転職における履歴書の書き方がよく理解できないという人もおられるでしょうが、今では、ネットで検索すれば、履歴書記載の模範的なサンプルなども載っているので、参考材料にして、履歴書を書かれてみるのもいいでしょう。







とはいえ、丸写しというのはいけません。







採用担当者にアピールできるような書き方を自分で考える必要があります。







多くの方が今携わっている仕事は、好きな職種を選んで、その仕事に就いた方もいれば、ただお金を稼ぐためだけに就いた人もいると思います。







しかしながら、その仕事がとてもつらいときには、その仕事が好きな人でなければ辛抱できないこともあるでしょう。







他に目指していることがあるのなら、仕事をしていて、辞めたくなるようなことがあったとしても我慢できるかもしれません。







転職を考える人は、希望の転職先で要る資格は何があるか考え、万全を期して資格を取っておくのも良い方法かもしれません。







面接時、他の人に差をつけることが出来るということもありますし、資格手当をつけている企業では資格は重要視されている証拠ですので、取ってない方は積極的に取得するのが良いでしょう。







一般的に、転職時の志望動機で大切になるのは、意欲的で前向きさを感じさせるような内容だと思います。







これまで以上に成長を可能とするとか、自身の能力が活用できそうだといった仕事への積極性が具体的に伝わるような志望動機を考え出してください。







できれば、その会社の特長に合ったちゃんとした志望動機を分りやすく述べることが望まれます。







そのためにも、綿密に下調べを行うといいですね。







転職に挑戦してみようかと思っている方は、目指している転職先で持っていた方が良い資格はないか考え、前もって資格を取って備えておくのもいいかもしれません。







面接の時、有利になることも多々ありますし、資格手当のつく会社では資格が大切な証拠なので、取ってない方は自分から進んで取得するとよいでしょう。







異なる業種に転職するのは難しいという印象が強いですが、実態はどうなのでしょうか?結果から言いますと、これまでと違う業種に就くのは簡単ではありません。







同じ採用試験に経験者と未経験者が来た場合、採用担当者は経験者を選択する可能性が高いです。







ただ、絶対に不可能というわけではありませんので、努力をいとわなければ違う業種の会社に就職できることもあります。







転職の際に、仕事をじっくりと探そうと思うと、かなりの時間を費やしてしまいます。







仕事しながら次の就職先を探すとなると、仕事探しに費やすことができる時間はあまり取れないでしょう。







そこで、ぜひ活用したいのが転職サイトの利用です。







転職サイトへ会員登録をすると、自分だけでなく、キャリアコンサルタントと呼ばれるサポートスタッフも仕事探しを手伝ってくれるのです。







スマホが生活に欠かせないあなたには、転職アプリを使ってみてほしいです。







気になる料金も通信料だけです。







求人情報を探すところから応募するまで、いつでも簡単に行えます。







求人情報誌やハローワークってかなり面倒だったんだなー、と思うくらいお手軽で使いやすいです。







しかし、選んだ転職アプリによっては、ついている機能や使い方が変わってくるので、レビューなど活用してそれぞれの違いを確認するのがお勧めです。







転職をする時期は、賞与を貰ってからの方が収入も増えますし、いいのではないでしょうか。







退職するのはボーナス月が良い時期だとお考えの方も多いと感じますが、その日が来る前に次の仕事を決めておく方が効率的でしょう。







最もよいのは、ボーナスをもらった月に退職し、その後、すぐに転職先に就けるように行動することです。







転職に有利な資格を取得しておくと、急な場合にも安心ですね。







そのような資格の例をあげると、TOEICがあります。







TOEICとは、自己の英語能力を証明する資格になります。







グローバル化が進行している現在、ある程度の英語の能力を有する人材を望む会社が増えてきました。







どの業界でも英語力の高い人材を希望しているので、転職する場合にとても有利な資格だといえます。







転職エージェントといったところは、正しい履歴書の書き方や正しい面接の受け方など、転職に関する助言をもらえます。







初めて転職を行う場合、分からないことはたくさんあると思うので、とても役立つはずです。







そして、条件についての交渉や入社日の調整、面接日時など、元来、自分で行わなければならないことをすべて代わってやってくれるので、手間ひまのかかることを行わなくてもすみます。







転職エージェントというのは、転職を援助してくれる企業をいいます。







では、転職エージェントというものは本当に有力なのでしょうか?率直にいえば、それは使用方法によるでしょう。







頼りすぎてしまっては転職できないことがありますが、上手く活用することでとても役立ちます。







大学を卒業予定の人が就活を開始する時期は、遅くても大学3年生の冬頃から始めることが望ましいです。







一方で、既卒の方でまだ就職先が決まっていない人は、早く就職が出来るように、応募しようと決めた会社が求人を募集し始めたらすばやく行動した方がいいです。







まず、実際に転職しようと思ったきっかけを思考してください。







誰かに見せるためではないので、嘘はつかずに紙に書き出しましょう。







そして、それがネガティブに受け取られないように表現の仕方を変えてみてください。







転職理由に関することばかりだと言い訳がましい印象を持たれてしまうので、長さには注意しましょう。