コンビニ弁当を養豚に与えたら・・・事件。。

September 28 [Wed], 2011, 3:03
2005年3月31日にこういう記事があったそうです。西日本新聞発行のブックレット「食卓の向こう側」の記事です。2年ほど前、福岡県内の養豚農家で事件が起きた。母豚のお産で死産が相次いだのだ。やっと生まれたと思ったら、奇形だったり、虚弱体質ですぐに死んだり。透明なはずの羊水はコーヒー色に濁っていた。「えさだ」。ピンときた農場主は、穀物など元のえさに変えた。徐々にお産は正常に戻ったが、25頭の母豚が被害に遭い、農場主は生まれるべき約250頭の子豚をフイにした。母豚が食べたのは、賞味期限が切れた、あるコンビニの弁当やおにぎりなど。「廃棄して処理料を払うより、ただで豚のえさにした方が得」と考えた回収業者が持ち込んだ。期限切れとはいえ、腐っているわけではない。「ちょっとまもうか」と、農場主が思ったほどの品だった。肥育用の子豚に与えれば、肉質にむらがでる。そこで母豚に、それを毎日3kgキロ与えた。農場主の計算では月20万円のえさ代が浮くはずだったが、114日(豚の妊娠期間)後、予期せぬ結果が待っていた。えさはそのままあげた訳ではなくて、70℃で4時間温風乾燥させて、市販配合飼料で調整した物だったそうで、30%なら飼料として有用性があると認められた物だったそうです。えさ代を浮かせるどころか、母豚の健康を害し、子豚をフイにした訳ですから、とんでもない損害を出してしまったようですね。この大変な事態に、すべてが匿名にされたそうです。コンビ二名、福岡県内の養豚農家も何処だか隠されたそうです他のコンビニ、養豚場への風評被害もあるでしょうし、これは賢明だったと思われます約67年前ぐらいでしょうか。ニュースや情報番組でローソンやセブンイレブンが「健康に配慮して合成着色料や合成保存料の使用をやめる。」という様な内容を発表したのを見ました。それまでコンビニ弁当は食べ過ぎると身体に悪いと漠然と思っていたのですが、「では、これからは食べても安全だ」と解釈し、度々コンビニ弁当を食べるようになりましたそう解釈したのは私だけではなかっただろうと思います母豚の羊水が濁っていたとありましたが、山田豊文先生の本にも「最近のお母さんの羊水が濁っている。」と衝撃的な記述がありました。これはトランス脂肪酸によるものだそうです。若いお母さんのコンビニ、ファーストフード依存によるものでしょうか。。と言ってもスーパーに並ぶパン、お菓子のほとんどがトランス脂肪酸を含むので、何もコンビニだけが悪い訳ではありません。話は戻りますが、これは、某コンビニのお弁当の原材料表示です。「合成保存料」は使っていないものの、「合成酸化防止剤」は使っています。酸化防止剤も保存料も似たような物でしょう。(V.C)というのはおそらく合成のビタミンCで、この合成ビタミンCを摂り過ぎると死体が腐らないという話を以前にもしました。土葬の国ではなかなか遺体が腐らないというのは確認されている事のようです。「合成着色料」を使用していませんと書いてあるのに、「カラメル色素」という表示があることがあります。何という矛盾でしょう。。たけど、携帯で撮ったその表示写真がどうしてもアップ出来なくてお見せ出来なくてごめんなさい何度も言ってきた通り「カラメル色素」は石油製の合成着色料です。写真の「アナトー色素」は天然ですが、植物の種から化学溶剤で抽出されます。ラットの実験では死亡例はなく、解剖でも異常がみられませんでした。ただし、神経細胞に関係するドーパミンーβーヒドロキシラーゼという酵素の働きを強く妨害する事が分かっています。これは大変酵素の働きを妨害するなんて、美容と健康の大敵ではないですか「アナトー色素」要注意だわということで、合成保存料に変わる物を使い、合成保存料も使用してることが分かりました。他にも化学合成添加物はバンバンに入っています。素人考えでそういう表示にひっかかるのはやめましょうこちらも某コンビニのスイーツですこういう生クリーム系はトランス脂肪酸ですし、添加物もバンバン私の食品へのこだわりを知ってか、知らずか、お姑さんが差し入れてくれるのですが、申し訳ないけどゴミ箱行きです私にはこれは食べ物に見えないですし、旦那にもこういう物は食べさせられませんこれは、今話題の「体脂肪計のタニタ」さんがコンビニから出したデザートです。カロリー低く作ってあるのでしょうけど、添加物バンバンです増粘多糖類、香料、酸味料、乳化剤、メタリン酸、カロチン色素、ブドウ糖果糖液糖「カロチン色素」もアナトー色素と同じような物なんですね。「ブドウ糖果糖液糖」は40年ほど前からアメリカで使われ始めた甘味料で今ではジュースやパンやヨーグルトなど様々な物に幅広く使われている添加物です。このブドウ糖果糖液糖が、プリンストン大学の最新研究結果で砂糖より太る可能性がある添加物だということが明らかになりました。研究チームのネズミでの実験結果で、砂糖をとっていたネズミに比べ、ブドウ糖果糖液糖をとっていたネズミには、人間でのメタボリックシンドロームのような症状が出ました。更に問題なのは、体重を増やしただけでなく肥満の症状が出たこと。肥満になると高血圧や糖尿病、ガンなどのリスクが高まるので大きな問題です。砂糖も多く入っている(原材料の書き準が先にくるほど多く入っているんですね。)けど、砂糖もGI値高いから太るし、結局他のよりカロリー低いということだけで太るんですよね「タニタ」さんのコンビニお弁当も手にしてみましたけど、いろいろ入っていたから買いませんでした。結局、コンビニ弁当、コンビニスイーツには限界がありますよね。なんかメーカー批判のように聞こえますが、タニタさんの低カロリー料理の本は中年の私にとっては欲しいものですし、カロリー低くて美味しいなんて素晴らしいと思っていますタニタさん素晴らしいけどコンビニ弁当にするとどうしても添加物やスイーツも太る糖質なしには無理だと思うんですよね。。以前に「リアルスコープ」という番組の事も書きましたけど、これも批判ではないんですよ。あの番組は普段絶対見られない所まで写しているので、本当に素晴らしいと思うんです。度々チェックしてみようと思っていますし(以前「寿司ネタ」は工場で作るんだよ。というお話をしましたが、リアルスコープで本当に中国の工場で寿司ネタ作ってましたね)あそれで、コンビニがダメならスーパーでという、安易な考えは捨ててくださいね。スーパーのお弁当、お好み焼きなど、コンビニのよりもっと悪い添加物がバンバンに入っていましたよそれだけ、大手のコンビニさんが努力をしているという事なんでしょう地域のスーパーのチェーンでは限界があるということですよね。長くなったから、次にその事にいてまた書きますねfinelog.jp 悪質
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:f1fn9anxs2
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/f1fn9anxs2/index1_0.rdf