椎野と木島

April 26 [Wed], 2017, 18:02
浮気の調査を探偵に任せ、歴然とした証拠が発見されれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。
パートナーが信用できなくなってしまうと一生を共にするのは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。
それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を請求したならば間違いなく別れさせられるはずです。
探偵が浮気調査を行う時でも失敗することがないことはないのです。
探偵が浮気調査の専門家だとしても、思わぬミスをすることが全くないことは全くありません。
パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。
それか、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には証拠を掴みきれません。
自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が明らかになった時、結婚生活を維持するかどうかなかなか決められずに困りますよね。
まず頭を冷やして、探偵事務所に依頼の電話をかける前に、よく考えておくことが賢明です。
夫婦であれば不貞があっていけないのは当然のことですから、自分の配偶者とその不倫相手に対して慰謝料を請求し、結婚生活を解消するのもいいでしょう。
法律的に、結婚している男女が自分から夫婦ではない異性と性的関係になることを浮気といいます。
すなわち、法律の上では、性的に親密な関係ではなかったなら、一緒に出かけたりしても、不倫ではないのです。
個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。
着る服の趣味が今までとは異なりだしたら、危ない予兆です。
浮気の相手が好きな格好をしようとしていたり、わずかでも自分をよく見せたりしている場合があります。
ある日から、服装が年相応でない色や柄のものをチョイスしてきたら、かなり怪しい臭いがします。
とりわけセクシーな下着をつけるようになった時、浮気の可能性があります。
時間によって尾行料金が決まる場合、探偵の尾行時間が短い方が、少ない費用になります。
したがって、尾行依頼を探偵にするとすれば、相手の日々の行動を調べておくことが重要です。
最も疑いのある時間帯や曜日に尾行をしてもらうと、探偵にも余計な労力がかからず、どちらにもメリットがあります。
GPS端末は、車の目に触れないところに装着して、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、今いる場所をモニターしたり、記録したデータを後から取り出して調べたりします。
あまり、車を運転しない人の場合は、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。
これで、相手がどこに立ち寄ったのかやそこで過ごした時間もわかるでしょう。
不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいのケースもあります。
実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、金額は低いです。
さらに、不倫相手の方が浮気を否定するケースでは証拠が必要とされます。
どの人からみても明らかな不倫の証拠が不可欠です。
浮気現場の日時がわかっていると、ぞの分の調査期間を必要としなくなるため、調査代金はその分安くなるのです。
そうはいっても、浮気をしているときが把握していても、知人に相談して写真を撮ってくれることになっても、成功することはほぼないはずです。
気づかれずに写真撮影を行うにはプロに任せるのが一番でしょう。
探偵に頼んで浮気の証拠が掴めます。
配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、とにかく自分で証拠を集めようとします。
しかしながら浮気の証拠を自力で手に入れるとなると、自分の行動が相手に見つかってしまう可能性は低くないでしょう。
はっきり言ってその理由は、あなたの顔を覚えているからです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Tatsuo
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる