「裁判員が写真見る」 女性暴行の被告、撮影し口止め(産経新聞)

May 12 [Wed], 2010, 12:39
 女性の部屋に侵入し、現金を盗んで乱暴するなどしたとして4事件で強盗強姦(ごうかん)や同未遂などの罪に問われた住所不定、無職、新谷大和被告(35)の裁判員裁判の初公判が11日、横浜地裁(朝山芳史裁判長)で開かれ、検察側は冒頭陳述で、新谷被告が被害女性の写真を撮影し、「裁判員制度になったから、みんなが写真を見る」などと脅して口止めしたと指摘した。

 検察側冒頭陳述によると、新谷被告は昨年8月21日に横浜市の女性宅に侵入して女性に乱暴しようとした事件で、わいせつ行為をデジタルカメラで撮影。「おれが捕まったら、裁判員制度でみんなが写真を見るぞ」などと警察に届け出ないよう脅した。また、ほか3事件でも同様に撮影していたと指摘した。

 検察側はデジタルカメラの画像ではなく、内容を文書化して証拠提出。わいせつ行為の内容については法廷で読み上げず、裁判員らが黙読する形をとった。

 起訴状によると新谷被告は昨年7〜8月、横浜市内の女性宅4軒に侵入し、現金計約2万3千円を奪い、女性に乱暴するなどした。

普天間問題 橋下府知事「都道府県、全国知事会が方向性出すべき」(産経新聞)
【静かな有事】第4部 少子化を止めろ(5)危機感が世論を生み出す(産経新聞)
新型インフル 国内確認1年 感染伝達、患者は最後(毎日新聞)
1億3500万入りバッグ奪われる=拳銃突き付け、2人組逃走−千葉(時事通信)
公務員法案、13日に衆院通過=民主方針、自民は反発(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/f0t4mfw9/archive/12
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。