ヒカキヨがこっさん

June 02 [Thu], 2016, 12:03
ここ2、3年、ネットやテレビのかに通販のお世話になって、かにを買うのが主流と思うようになりました。なんと言っても、宅配便で冷蔵でも冷凍でも全国に届けられるようになり、全国の産地からかにを直送できるのです。
通販でも冷凍だけでなく、生のかにをおいしい状態で買えるようになったので、かにがおいしいシーズンになったらちょっと待ってもらって、お店で買うのではなくまずはかに通販、が当たり前になっています。

美味しい蟹を通販で取り寄せたいというとき、活きた蟹とボイル済みの蟹、どちらを買ったものかと色々と考えを巡らせてしまうかもしれませんが、考えている食べ方によって変わります。
たとえば、蟹鍋であれば、ポーションタイプの商品を買えば、調理が簡単でおすすめです。



一方、蟹しゃぶで召し上がりたい場合、生冷凍か活蟹を選択するのが最も美味しく味わえます。

こうして、商品ごとの特性や、向いている食べ方を知っておけば、便利な蟹通販をさらに快適に利用することができるのです。


ズワイガニのメスはセコガニという名称で呼ばれることがあります。


場所によっては、セイコガニあるいは香箱ガニといった名を使われる場合もあるのです。
オスの場合は、カニ味噌部分も好まれますが、一般によく食べられているのは、脚の身をゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋などにして頂く食べ方です。一方、より小さいためセコガニは脚の身が少ないとはいえ味噌と内子と外子がバランスよく含まれており、むしろ、これらの部位をボイルしたものを珍味として楽しむことが多いです。私が思うに、かにを買おうと思い立った時、最終的には楽天市場をチェックするのが手っ取り早く、かつ安心な方法ですね。

これまでもいろいろな買い物をしていますが、失敗したこともありません。
かに通販にはたくさんのサイトがあり、もちろん、きちんとした業者のきちんとしたサイトもたくさんあります。

でもそれより多くの危険なサイトもあり、注意していないと知らず知らず自分から怪しいサイトにアクセスしてしまう恐れも上がります。掘り出し物を見つけたつもりが、まんまと罠に飛び込むようなことになりかねません。

それに比べて楽天市場のサイトには審査済みのショップしか出店できないので後ろ暗い業者が入る隙がないので、安心して品定めできます。



その中でも口コミを集めているものや着払い対応を嫌がる業者も居ますが、それを取り入れてくれるお店は何を買うにしても、安心できると思います。
ただ、衝動買いには気をつけるようにしましょう。セコガニも幻のかにです。


その実態は松葉ガニのメスです。どちらかといえば、松葉ガニより大きさは小さいことが多いですが、産卵期前で、卵を抱えていて身も濃厚な味とされていて、セコガニの熱心な愛好者が一部で知られています。期間限定のかにで、11月から1月までしか水揚げされないので、その貴重さは際立っています。

今の世の中、何とかして人を騙してお金を手に入れようと思う人があふれていて、そのアイデアは尽きることなく、今の新手はかにかに詐欺などと一部では呼ばれていたりするそうですが、つまりは、かにの注文をだしにお金を騙し取られる詐欺です。
最初はかに通販の事なんかおくびにも出さずに、電話による世論調査のふりをして簡単な質問をし、アンケートの中でプレゼントなどにつられて個人情報を答えていたりすると、数日が経った頃、断ったはずのかにと思われる大きな宅配便の箱が届いた時には後の祭り、返品を申し出てもクーリングオフはきかないと脅かされ、結局は泣き寝入りする他ないのです。

買いたくない人に売りつけるのとは違いますが、買いたい人がかにを選ぶときに実物よりランクの高い写真を見せておいてその実、平気で何ランクも下の品物を送ってきて知らん顔をしていたりします。これはよくある話だといいます。



許せませんよね。
通販は、相手も商品も見えないものだけに、信用できる会社を見つけることこそが、いいものに出会えるかどうかの境目なんですね。ネット全盛の時代とはいえ、テレビでも通販番組をやっているので、それで一度は通販で蟹を買ってみたいとお考えの方もいるかもしれません。


しかし、今はせっかくネットもあるのですから、テレビと同じような値段で蟹通販が利用できるのか、一度調べてみたほうがいいでしょう。
テレビの通販がいくらお得だといっても、WEB通販の方がさらにお得に蟹を買えることが多いから。



この一点に尽きるといえます。
一方、安心を重視し、無用なリスクを避けたいという方は、信頼と実績のあるテレビの通販番組を通じて購入する方がご自身に合っているかもしれません。

寒い季節のお楽しみとしてこれ以上のものはないと言えるのが、かにではないでしょうか。

日本でも指折りのかにの水揚げ量を誇る港から直に小売業者や問屋などを介さず注文したいですね。

様々なかにを扱う通信販売では、かにの良し悪しを見分けるのに自分の目が正しいのか分からず不安ですが、頭においておきたい要点は次のようなものです。

教えるまでもないかもしれませんが、産地は当然こだわるべきです。日本全国には、かにで有名なところが色々ありますが、地元で獲れたかにが買えるのが一番ですよね。



産地が決まったら、いかに早くそこから届けてもらうかを考えることです。3つ目のポイントがズバリ、「口コミ」です。

100パーセント正しいことを言っているという保証はありませんが、参考にするには便利なものと言えます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:フウタ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/f0so2hrepaiwio/index1_0.rdf