「私が彼を殺した」推理3 

January 14 [Sat], 2006, 0:00
p282の「身元不明の指紋」はピルケースに付いた穂高の前妻の指紋だろう。なぜなら、美和子のバッグと薬瓶に、事件の解決の手がかりとなる人物の指紋が付くはずがないからだ。
しかしこの場合、犯人はピルケースを差し替える前に、穂高の前妻の指紋を拭き取るはずだが、犯人はそうしなかった。
犯人はそのピルケースが前妻のものだと知らなかったため、ピルケースには穂高の指紋しか付いてないと思っていたのではないか。
それならば、犯人にとっては穂高の指紋を残しておいたほうが都合がいいから、指紋を拭き取る必要はない。

香織と直之がカプセルを盗んだのは、穂高を殺そうと思ったからだと思う。しかし、カプセルを入れ替えるチャンスがなかったか、罪悪感が芽生えたかのどちらかで、殺す事が出来なかったのではないか。(貴弘はカプセルを入れ替えるチャンスがあったため罪悪感では?)

ちなみに、加賀が名指しした犯人は、直之ではないかと思っている。(つまり冤罪)

これはただの勘だが、著者がやりたかった結末は
・3人の容疑者は誰も犯人ではなかった
・誰も真犯人を捕まえる事が出来なかった

ということだったのではないかという気がする。

・・・しかしこれではいくつかの点で証拠不十分。謎は解けませんでした

「私が彼を殺した」推理2 

January 13 [Fri], 2006, 23:59
p101で直之は、何人かの知り合いと一緒に教会に向かう途中で、ピルケースを届けたボーイとすれ違っている。よって、直之に犯行は不可能だと思われる。
 また、直之が教会に入った時、貴弘は既に列の一番前に座っていたので、犯行は不可能だと思われる。この場合、犯行を実行できる可能性があったのは、香織(この間どこにいたかが書かれていない)か美和子(準備を終えた後、穂高の控え室に行ったとすれば可能?)ではないだろうか。

(ここから、この二人のどちらかが犯人だと仮定して考える。)

 この場合、美和子はどこで硝酸ストリキニーネ酸の入ったカプセルを手に入れたのかが問題になる。
 そこで考えたのが、美和子が使ったカプセルは、p39でゴミ箱に捨てたカプセルのうちの一つではないかということだ。
 ゴミ箱に捨てられた二つのカプセルのうち一つは、貴之が試しに動物に飲ませたがもう一つは見つかっていないのだから、その可能性はある。
 ただしこの場合、美和子はピルケースが二つあることと、ゴミ箱に捨てたカプセルに硝酸ストリキーニが入っていることをどうやって知ったのかという疑問が生じる。浪岡準子とどうにかして知り合いになったとか?・・・・ちょっと無理があるか。

東野圭吾「私が彼を殺した」の推理1 

January 13 [Fri], 2006, 23:50
まず最初に断っておくと、ごく一部分しか読み返していないので、矛盾点や見落としている点がある可能性が大いにあるということです。
本当は再度読み直してから推理するべきなのだけど・・・面倒なだけですw
後で気が向いたら読み直すかもしれないけど。

以上のことを承知の上で読んでください。


犯人は神林貴弘、駿河直之、雪笹香織の3人のうちの誰に間違いないというのが大方の見方だが、私はそうでないと考えた。

まずはこれを読んでいただきたい。
http://www.soma.or.jp/~momma-n/mistery/higasino/report/WatasigakarewokorositaReport.htm

発見されるピルケースに神林美和子、西口絵里、雪笹香織、駿河直之の4人のいずれかの指紋がついていないという矛盾点を、ミスだという解釈はどうも納得がいかない。
著者がこんな凡ミスをするとは思えないし、もし著者のミスだったとしたら、その矛盾点を訂正しないまま単行本にするとは思えない。

 そう考えると、犯人はホテルのボーイが控え室に置いたあとにピルケースの指紋を拭き取り、薬を入れ替えることが出来た人間しかいないということになるのではないだろうか。 

悲劇を繰り返さないために 

December 15 [Thu], 2005, 0:26
下校時の児童の誘拐を防止するために、いろいろアイディアが出てるようだけど・・
はっきりいってどれもあまり役に立たないと思うんだよな。

1.GPS付ランドセル
犯人がその場で捨ててしまえば、誘拐された地点しかわからない

2.防犯ブザー
犯人は普通人気のないところを狙うだろうし、防犯ブザーで誰かが気づくくらいなら大声出せばいい。

こんなことで身を守れると思って、広めていこうとしてるなんて、はっきりいって馬鹿じゃねーかと思った。

スクールバスは予算的に厳しいだろうから、やっぱ集団下校を義務化するのが一番いいと思うんだけどな。

「1リットルの涙」に涙を流しておいてケチつける。 

December 13 [Tue], 2005, 23:51
1リットルの涙についてなんだけど(観てない人ごめん
1〜9話での時間経過が約1年なのに、10,11話だけで2年以上経過してしまうってのはちょっと無茶だよな。
9話までと比べていきなり病状が一気に進行しちゃうから、そりゃないよーって思ってしまった。

・・・でも泣きます(爆
こういう作品に出会うたびに、自分が普通に生活できることをもっと感謝して、もっと懸命に生きようと思うんだけどなぁ・・・。

それにフィクションを加えすぎだろう。
そうしないとドラマにならないのはわかるけどさ。

それは理不尽 

December 12 [Mon], 2005, 1:42
「明日から1週間は、1限から夜まで、大学にかんづめになって卒論を書くことにしましょう。」
というメールが22時7分にきた。

・・・・ちょっとまて!
聞いてないよー!(古

だって木曜のゼミで「次回は来週のゼミの時間」っていってたよ?
そして、俺は追い込まなくても期限までに終わるようにこれまでやってきたんです。
あと5〜6時間くらいで終わると見込んでいます。
それなのにこの1週間で追い込みましょうって言われたら俺だって怒ります。

そんな連絡を前日の22時過ぎに連絡してくるのもどうかと思う。
悪いけど行く気はありませんから。

┐(-。ー;)┌ヤレヤレ 

December 11 [Sun], 2005, 17:08
やっぱ基本はミクシィの日記ただ貼るだけしまっす。
面倒だしそんなに書くこともないので(仮

「もしもし。レンタルビデオ店のゲオですが、柿沼様が先日返却されたDVDと一緒に、平井堅の「歌バカ」が入っていたのですが、柿沼様のものでしたでしょうか?」

・・・というわけで取りに行ってきました。
平井堅は歌バカ。俺はおっちゃこちょいバカ。

その後ついでに県立図書館に行った。

借りた本
「ビルボード1956〜2001年間トップ100ヒッツ」
CD
JOURNEY/Fourplay
Like Minds/Burton,Corea,Metheny,Haynes,Holland

JOURNEYは高いからまだ買ってないんだよね。
途中まで聴いたけど、やっぱ素晴らしい。
Like Mindsはメンバー見ただけでよだれが出そうです!
Chick CoreaとPat Methenyが初共演!
幸せです。

何もない土曜日。 

December 10 [Sat], 2005, 22:10
今日は11時半起床。
案の定寝すぎた。

起きたらJeff BeckのWiredが届いてた。
Jeffのギターが暴れまくっていてかっこいいです!
やはり名盤です。

夕方は音楽を聴きながら用もなくネットをし
夜は折原一著「沈黙者」を読み終えた。
5年前にうちの近所で起こった殺人事件のことを書いた実話。
少年が沈黙を貫き通したことで、こんなことが起こってしまったなんてね。
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
http://yaplog.jp/f-music_spe/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:f-music_spe
読者になる
Yapme!一覧
読者になる