「うどん県」に改名 

October 14 [Fri], 2011, 11:01
http://www.my-kagawa.jp/udon-ken/

(無題) 

September 23 [Fri], 2011, 18:59


キミの知らないボクが増え
ボクが知らないキミも増え

あれから今も 

August 28 [Thu], 2008, 21:20


ただの友達だったなら
今も笑いあって話せていただろうか

無題 

April 20 [Sun], 2008, 23:18


上手く言葉で言い表せないけれど
キミが持っている空気が
キミのたたずまいが
一番好きだった

あれから
毎日たくさんの人に出会うのに
キミのような空気を纏っている人を
見つけることができない

失ってから気付いても
遅いのだけれど

別れの日 

April 05 [Sat], 2008, 0:00


今日、自分の中で
この日のもつ意味が
とても大事だったことに気付く

たとえ
とてもシアワセな一日を
大切な人と過ごしたとしても

それは静かに
そして着実に
近づいてくるということに

抗えない自然の流れだとしても
とても切ない現実

疲弊 

April 01 [Sun], 2007, 17:24


何気ないひと言が
今の自分には
残酷に聞こえる

おめでとう! 

March 05 [Mon], 2007, 0:35


35歳じゃなくて、
30+5歳、おめでとう。

いつかの誕生日に
0歳〜9歳までを繰り返して
年を取るんだよと言っていたのを
ふと、思い出しました。

色々と大変だろうけど。
中間管理職?!
でも、あんまりそんな姿、想像できないなぁ。
ソフトな外見よりも、中身は熱いしね。
(私の勝手なイメージでゴメン)

でも、男の人は40歳からだよね!
まだまだ準備段階。
色気アル40歳、期待しております。
(って、まだ5年先だった…)

素敵な1年でありますように。


[untitled] 

December 20 [Wed], 2006, 0:29


ねぇ

僕の言葉は
君に届いてる?

[untitled] 

November 17 [Fri], 2006, 0:00

[untitled] 

October 16 [Mon], 2006, 21:49

「早くに亡くなった人は
 人間界における修行を早く卒業した人なのです。」
カウンセラーが言っていた。

自分がまだここに居るということは
まだまだ修行が足りないということ。

この虚ろな気持ちを持ち続けるということが修行なのか。