カテゴリ「アイルランド旅行の覚書」について

July 24 [Mon], 2017, 15:01
7月にしばらくアイルランドを一人旅してきました。すべて個人手配の旅です。ツアーではありません。
まあ日本語の情報があんまりなかったので、自分で調べてて「ここが知りたいのにガイドブックにもネットにもいまいち情報がないねーん!」って困った部分を記録としてここに残しておきます。
こんな辺境のブログ、検索してもなかなかひっかからないとは思いますが
ここに書き残しておくことで、この先アイルランドに個人旅行しようと思う方に何かお役に立つことがあれば幸いです。

ちなみにこちらに記載した情報はすべて2017年7月時点のものです。
その後変更されている可能性があります。
こちらに記載した情報を鵜呑みにするのではなく、必ず最新情報のご確認をお願いします。

いつか終わる夢

May 13 [Sat], 2017, 20:46


2017.05.04
10周年を迎えたこの日。
わたしも、ひとつの区切りをつけることにしました。
ツアー半通は当たり前、一度は北海道から九州まで全通もやったような、このバンドを好きだった自分に、やっと区切りをつけられました。
もうこの先、解散ライブでもない限りは遠征することはないと思う。
もうこの先、きっと近場でライブがあってもわざわざ仕事を休んで行くことはないと思う。
そんな感じの心境です。
あがった、というのかはよくわからないけど、手を引く、という表現が自分の中ではわりとしっくりくるような気がする。

こんな日がくるなんて、昔は思いもしなかったな。
ずっとずっと好きなんだと思ってたし、解散するまでずっと追っかけてるんだと思ってました。
人の心って変わるものだね。いつまでも夢を見たままではいられないね。

こういう決断を下した理由は1つ2つではなく、いろいろとあります。
きっと一番大きいのはふと冷静になって、「これは私が毎日嫌な思いして稼いだお金を使って見たいものなのかな?このチケット代に見合うクオリティなのかな?」と思い始めてしまったことなのかな。
最近は他ジャンルの音楽もいろいろと幅広く聴くようになっていって、昔は考えなかったそういう疑問を抱き始めてしまった。
あとはなんだろうな、昔の私は彼らを追いかけていれば、どこにでも行けると思ってた。
きっといつかもっと大きいところに行けるし、ホールだっていけるし、武道館だって行けると思ってた。
そうではないし、そんな日はこないであろうと感づいてしまったから、なのかもしれない。
この間のリキッドのライブ中、「昔はどこにでも行けると信じてたなあ」とふと思って、なんだか泣きそうになってしまった。
大人になると、現実がいろいろと見えてしまう。
これ以上の未来、はきっとないであろうことに感づいてしまったから、だんだん興味をなくしていったのかな。
ビジュアル系というものの独特な風習やノリ方についていけなくなって、この業界全体にだんだん嫌気がさしてくるようになったのが、これらの気分に追い打ちをかけたような気がします。

彼らを好きになって、追っかけるようになって、いろいろなものを得た。
今はひとりで、カバンひとつだけ持って、どこにだって行ける。
初めての街だって、臆することなくどこへだって歩いて行ける。
いい宿の嗅ぎ分け方も、夜行バスの快適な過ごし方も知った。
ひとりで怖がらずになんだってできるようになって、どこへだって行けるようになった行動力は、彼らが与えてくれたものだと思っています。

楽しかった思い出も、嫌な思い出も、ここには書ききれないくらいたくさんあります。
間違いなく、彼らは私の人生の一部であり
間違いなく、彼らは私の青春でした。

私のバンギャル人生もこれにてきっと終わり。

たくさんの思い出をありがとう。
私はここで手を引くけれど、どうかこれからもお元気で。

オーロラシティ

March 18 [Sat], 2017, 18:52

オーロラシティOPに2015年(確か)の月と星のネックレス、ラメタイツ、ボッパーのバレリーナなど。
タートルはジルの。写真だとただのグレーに見えますが、実際はキラッキラで綺麗です。
ハートバッグはシルバー。さすがに使いすぎてくたびれてきましたが、ここまで使い倒せば十分に元は取ったでしょう…。
お隣はこの日遊んだ方。


ジークレフの期間限定、アリスのアフタヌーンティーに行きました。
ホテルのアフタヌーンティーのように豪華絢爛というわけではなく、手作り感満載のものですがこれはこれで温かみがあってよいです。
とっても美味しかった!
お茶はオレンジチョコレートのロイヤルミルクティー。これも本当にいい味で美味しかったです。家でも淹れたいな…。
そしてこのアフタヌーンティー、まさかの時間内(2時間)追加料金一切なしで食べ物おかわり自由。まじかよ。
セットにはないアイスクリームなんかもおかわりメニューでは食べられます。まじかよ。
もちろんおかわりしました。スコーンとアイスクリーム!食いしん坊万歳!
また行きたいけどアフタヌーンティーメニューはいつでもあるわけではないらしい。通年にして欲しい…。
とっても楽しかったです。よい休日になりました。

最近の写真

January 22 [Sun], 2017, 23:11

これ載せてなかったんだっけ?サブジェクトレイトショウで青森行った時の。
皿にお揃いのカーデ、額縁ネックレスに指輪いろいろ。
足元はボッパー履いてた…んだけど青森着いた瞬間雪がすごくて(あ、無理)となって速攻予備の雪ブーツに履き替えた。
皿は結構可愛いんだけど、この日ライブに行った時からね〜どうもMILKの服を着てライブに行くのが恥ずかしくなってしまい(夜の間ずっとホールで身の置き所がない恥ずかしさに襲われそわそわしてた)以降のライブではもうMILKを着てません。何があった…。


コロンビーヌ(足だけ)
コートの裏地と擦れるとめっちゃビニールみたいな音するんやけど!?(困惑)


原宿のスタバにて
都会のスタバは名前を書くのか…と驚いたんですが、注文数が多いので商品を渡すときに間違えないようにだそうです。なるほどね〜。
もうネイルサロンにはぜんぜん行ってません。爪をゴテゴテさせるよりシンプルがいちばんいいな、と思った!たまにマニキュアを自分で単色塗りする程度。
ジェルやると爪伸ばしっぱなしにしなきゃいけないのもきつい。1週間に1度切りたい。


これは先週。なんと人生で初めて千疋屋に行きました。
関東に居なかった人間にはいまいちなじみがない店。
さすが有名どころだけあってケーキも添えられた果物もおいしかったです。
でもやっぱりモンブランは長野の平五郎がいちばん好き!

最近買ったオモチャの話

January 21 [Sat], 2017, 22:00

Apple純正のMagic keyboardを買いました。
色々と事情があるらしいのと(Appleは需要の割にライセンス料が高くてサードがお気軽に手を出せない云々とかなんとか)、後は単にwinとmacのシェアの違いですかねー、Mac用の配列でJISでテンキーレスでワイヤレスってなると、もう純正のこれ以外の選択肢はなくなる。
高い。めっちゃ高い。11660円(ヨドバシ価格)という値段。でも選択肢はこれしかないという現実。
いい商売してんなあ林檎よ!と思いつつも仕方ないので買いました。さよなら私の諭吉とあと2人の野口さん。

値段のボッタ感に反して、物はかなりおもちゃっぽいです。ぺらっぺらの本体、同じくうっすいキーボード、そして裏側のプラスティック感が余計にオモチャ感を際立たせている。
実際の使い心地はそこまでオモチャぽいわけではないけどね…さすがに値段が万超えるだけあってそれなりの快適性はあるよ。
Bluetooth接続だけど、遅延や入力ミスなどは一切ないです。コード付きと変わらないレスポンスでさくさく文字が打てます。
Macで使うキーボードとして、正直この値段出すなら、もう少し積んでハッピーハッキングとか買った方が遥かに快適性も上だし物自体もいいのは分かってますが、とにかく机の上はすっきりしてないと落ち着かないのでワイヤレス、Bluetoothとなるとやっぱりこれしか選択肢がないんですよねえ。
ハッピーハッキングにもBluetoothモデルはありますが、上のでっぱりがどうしても許せない!すっきりしない!ハッピーハッキングのくせにスタイリッシュじゃねえ!といまいち食指が動かない仕様なので、やっぱりこれしか選択肢がない。
純正のこれがダメってわけじゃないけどね。使い心地は普通によいキーボードですよ。

…というブログをMagic keyboard使いながらwin10で書いている。(職場ではMacBook使ってるので元々それ用に買った)
Magic keyboardをwin10で使う方法についてはすでに大勢の先人達がweb上に公開していますし、このブログをそういうブログにするつもりはないのでやり方について詳しくああだこうだ書く気はありませんが、個人的にけっつまずいたところがあったのでざっと使い方を自分用メモ。

1.Magic keyboard本体の電源を入れ(上のつまみをカチッと操作するだけ)win側で「Bluetoothデバイスを追加」を選択ししばらく放置すると、Magic keyboardが検出される。
2.Magic keyboardをクリックし「ペアリング」を押してしばらく放置。
3.「お使いのキーボードがこのコードと一致していたら〜」みたいな文言(うろ覚え)と共に6桁の数字が表示される。しかしそんなコードなんてもんどこ調べてもわからない。どこにも載ってない。仕方ないので「はい」を押すと「コード違うよ!」と怒られて強制的にBluetooth接続を切られる。
こうなったらもうどうしようもないので一度デバイスを削除し、再度1からやり直し。
この一連の流れを4回くらい繰り返すとやっとキーボードとしてまともに接続される。
4. AppleK for win10をインストールして設定。(有料ソフトですがこれで3000円なら買いだ)

けっつまづいたのが手順3.のところ。
普通Bluetoothキーボードを接続する時は「画面に表示される数字(コード)を接続したいキーボードで入力」という手順を踏むことが一般的っぽいですが、そういう入力は求められず、問答無用でコードを表示されて「はい」「いいえ」を選ぶのみ。
しかも正解は分からないし数回は「ちげーよ!」と怒られて終わり、一度間違えたらまたデバイス削除してやり直せってところがねえ!笑
対象外のMagic keyboardを無理矢理使ってるから仕方ないんだろうけど、結構イラっとしました。笑

まあつながってしまえば、かなり快適に使えます。
Macの操作の方が慣れているので、Macと同じキーボード同じ操作でwin10を使えるのは実にありがたいです。
高いけど、これだけでもそれなりに買った価値はあったかなあ…と思うことにしている。

せっかく苦労して繋げたから職場に置きっぱにするのも惜しいので、週末は家に持って帰ろう…軽いしね(本当に重さもぺらっぺら)