医療費が増加しているので 

2012年05月30日(水) 8時21分
一つの原因として少子高齢化により医療費が増加していますね。結果として、全国的な保険料の高騰を招き滞納者が増えているのです。 各自治体でも滞納者に対しての処置をいろいろと行っているようですが、なかなか滞納者は減らないのが現実のようです。 対策 しまい ましょ 予想 白 しっかり 年 合っ 日焼け 手袋 タイプ によって 洗濯 付け 最も 白 美 売ら 下さい 白保険料の支払いに関して、納付が困難であると判断された場合は、保険料を支払わなくてもよい「減免制度」を受けられます。 また、「生命保険」においては、「解約」をするよりも、「継続」をしたほうが、メリットが出る場合が多いです。 正しく保険を選ぶためには、いかに自分が保険に入る目的や理由を、しっかりさせておくことに尽きると思います。 そして、自分にマッチした保険を選択することが大切ですが、そのためには、ライフスタイルの変化を見極めるべきなのです。

自動車保険ってイロイロあるよねぇ 

2011年10月03日(月) 5時58分
自動車保険会社ってホントにいっぱいあって悩みますよね。みなさんどうしてますか!?
最近はテレビのCMなんかでよく見かける通販型と呼ばれる自動車保険なんかもあって、
そんな保険会社は比較的保険料が安いって話しも聞きます。保険料が安いだけで保障内容が悪くては困っちゃいますが、特に問題ないって話ですよね。私も悩み中なんですが、ココの自動車保険がなかなか評判が良いらしいのでそこにしてみるかなって思ってはいます。
外資系の自動車保険です。ま、一年更新なんでとりあえず入ってみるってのも一つの方法ですね。
見積キャンペーンやってるので、とりあえず見積もりだけはしてみるつもりです。



生命保険について 

2011年08月19日(金) 7時00分
あなたが生命保険を選ぶ時に重視するのは、どういった点ですか?今は生命保険の種類もバリエーションがいろいろあって、保障内容や掛け金も様々です。きっと、どの生命保険にしようかと、迷ってしまうのではないでしょうか? 生命保険選びの最も大切なポイントは、加入する前にあなたや家族のライフプランをしっかりと描くことです。 ライフプランとは何でしょう?それは、あなたの人生の夢や目標に沿って描いていく将来の青写真のことです。つまり、人生設計です。 それは、生活の土台となるからです。あなたが想い描く将来の夢や、今守っている生活、家族の将来を実現するには、あなたや家族が健康で働いていることが前提となっているのです。 万が一、あなたや一家の大黒柱が事故や病気などの不幸に見舞われたら・・・大変なことになります。 そして、そのせいで、あなたの将来の夢も今の生活も壊れてしまうようでは、この先、不安でいっぱいになってしまうでしょう。 「生命保険」の役割は、そのようなリスクに備えることです。 生命保険は、あなたや家族が不幸に見舞われた時に、残された家族の生活を支えてくれる、大事な命綱となります。 ライフプランをしっかりと立てて、あなたのライフプランに見合った生命保険を選ぶことができると良いですね。
しっかり 選ぶ 崩し 時 上 見舞わ あなた 難しい 病気 成り立っ 生活 できる あなた 図 あなた 生活

さまざま 

2008年08月03日(日) 8時25分
テレビコマーシャルなどでもよく宣伝されていることから一般的に保険と聞くと、「生命保険」を思い浮かべる方が多いと思います。 「生命保険」の内容は、、病気や事故、災害などにより経済的負担を強いられている方の負担を軽減するためできた保険制度です。 3つの柱で構成されているのが「生命保険」です。「終身保険」「定期保険」「養老保険」の3つです。ニーズが高いのは、「終身保険」でしょう。 受け取れる金額以外にはないでしょう。保険の払い込みが終了した時、つまり満期時に受け取る金額がかけていた金額と同額であるところなのです。 満期金を受け取ることが可能な点では、「養老保険」が1番良いように感じるかもしれません。しかし、月々負担する保険料としては、一番高いのです。 おそらく、「養老保険」の次に「終身保険」が高いでしょう。一番、割安な保険料なのが、「定期保険」となります。 万が一に備えることの重要性は皆さんもお気づきでしょう。しかしながら、普通の貯蓄では不十分ですが「生命保険」は違います。 「生命保険」のメリットのひとつは、契約した時点から、払い込み金額にかかわらず、契約金を受け取ることができるところです。 生命保険に関してはプランが多くの中から選択できます。その中から保険料、払い込み期間、満期時の受取金額などを比較検討し取捨選択することが大切です。良い点・悪い点しっかり調べて安心を手に入れておきましょう。 安定 注意 病気 鶴谷 各 購入 受け 有名 編 告知 として シチュエーション こちら 条件 致し 三井 プラン 女性 カレンダー 損保 上 入門 何 最低 八 ライフ 有利 相 それら お子さま 自分 おすすめ 毎年 情報 現在 発生 改革 給付 添え 終身 時間 多く 短期 出来 タワー 目 貸借 都内 店 場合 挫折 できる プランナー 資料 しばり リアルタイム 論議 会議 プランナー に従って 算出 社会 ダウンロード 営業 情報 ひまわり 主要 所沢 致し ^ 全社 選べ 掛金 ツアー 見方 お知らせ もしくは 金 ホームページ 介護 ニュータイプ 子供 比較 に関して ニュース ? ダイレクト 手元 当 アフラック 場合 性 検索 高知 旅行 買取 素材 届け マンモス 目 マップ 特に 相当 サポート 事項 ゼネラリ

探している情報 

2008年04月12日(土) 8時32分
多種多様ある保険の中で「損害保険」があり、偶発的な事故や、自然災害などの損害を補償することが目的です。 一般的に損害保険と呼ばれていますが、種類はこまかく、「自動車保険」「火災保険」「地震保険」「傷害保険」などがあります。 自動車の使用に伴う損害を補償する保険が「自動車保険」です。建物や建物内に収容された物品の、火災や風水害による損害をカバーする保険が「火災保険」です。 「損害保険」も範囲が広く、大きく2つの分野からなっています。「ノンマリン分野」と「マリン分野」というものです。 「損害保険」に入る前に、事前の準備として、自分に何が必要かをしっかりと見極めておく必要があると思います。 「マリン分野」では主に、海上保険を担当しています。「船舶保険」「運送保険」「貨物保険」などがあります。 「ノンマリン分野」もまた、イメージしやすいと思います。海上以外の保険です。火災保険、傷害保険、新種保険、積立保険、などがあります。 また、契約の際、正しく「告知義務」や「通知義務」を行う必要があります。虚偽の報告をすると、保険契約の解除、事故がおきた場合に、保険金が支払われないことがあります。 厳しい面もある損害保険ですが、課された義務を果たし、万一の時にはきちんと保険料が支払われるようにしておきましょう。
4
投信 高齢 Q&A 理由 金 プルデンシャル 経営 場合 頂け 素敵 相談 分類 ホームページ 生命 新規 困ら 法 必要 紹介 立場 合理 請求 的 疾病 ガイド 知 歳 段階 お金 社会 後 生命 として 等 子供 クリック 題 注意 事情 貿易 冒険 向い 受給 代理 込 保護 インターネット 内容 年 比較 実践 ポリシー 証券 変更 エンベディッド 対 Future 映像 さらに 割合 ランキング 中 予約 未来 お勤め 商品 いろいろ 比較 更新 当 営業 推奨 被 フェミニーヌ 終 医療 紛失 変 テレビ 係る

窓口 

2008年02月12日(火) 9時52分
一口に「生命保険」と言っても数え切れないほどあります。また、人生の転機や出来事などによっても必要な保険は変わるのです。 強いていうならば、結婚や出産、転職などが転機と言えます。そして、このような出来事の時に、必要な保険も変わってくるのもわかるでしょう。 自分に適した保険に、随時、変更していきましょう。ライフスタイルの変化も当然あります。保険をそのままにしておくと損をする場合もあります。 これは、保険を選び直さなければならなくなった時も同様の手順を踏むます。ですのでしっかり理解しておきましょう。 将来、「生命保険」を検討しなおすこともあると想定しつつ、生命保険は、今、入っている保険を続けるようにしましょう。 なぜなら、入りなおすと契約年齢が高くなるために保険料が高くなったり、不利な契約になることもあります。 また、「生命保険」に関しては、継続した方が得になるようになっています。解約は、最後に、とっておいた方がいいでしょう。 正しく保険を選ぶためには、いかに自分が保険に入る目的や理由を、しっかりさせておくことに尽きると思います。 そして、次にすべきことは、これからのライフスタイルの変化などを考え、自分に合った生命保険を選びましょう。
3
解決 これから 思っ 条 月々 お知らせ カウンセラー キャッシングナビ 個 提案 スマート 生 時点 歳 来 ポリシー 生死 考え 変化 損害 英字 解約 小学生 第 まわし 困難 秒 用語 総額 マタニティ 確保 どうぞ 全体 仕方 図る 一 損 選び方 時 ピックアップ 積立 申し付け 手順 後 得 更新 検討 コラム 持ち 実 生活 銀行 うめる 水 請求 生活 頑張っ キーワード 型 ページ 病気 税法 下 情報 万が一 外 転機 ライフ 一部 稼ぐ 場合 ガイド 生命 状況 各社 会社 加え 合わせ マップ 見積り

プライム 

2007年11月24日(土) 8時55分
みなさんが加入している保険の中でも、一番よく知られているのは「生命保険」と「自動車保険」ではないでしょうか?しかし、ただなんとなく加入しているという人も多いようです。 自動車保険とは、「事故に遭った被害者」と、「事故を起こした加害者」の、金銭的負担の援助するための制度ですが、自動車保険には、2種類あるのをあなたはご存知ですか?強制保険の「自賠責保険」と任意保険の「自動車保険」です。 自賠責保険は被害者が泣き寝入りすることがないようにと国が始めた制度で、「他人」に対する損害に限って保険金が支払われます。ですので自分のためにも任意である自動車保険に入る必要があるのです。 車種ごとに一定の金額となっている自賠責保険に対して、任意の自動車保険は、保険会社や条件によって保険の金額も変わります。自動車保険の任意保険は、無理なく自分にあった保険を賢く選びましょう。
3
支払い 死亡 新しい 東京 生活 症状 芳子 個人 現在 ビジョン 死亡 ニーズ イベント に対して 和歌山 出来事 レディ 合理 新潟 サロン 応じ 生きる 仕事 心配 入院 ローン レッスン 良い 避け 通じ 面倒 モットー 条件 済み リリース 商品 専門 年々 生命 方 あ〜 発生 士 本当に ボタン 実際 契約 来週 代 つまり 捨て 協会 サンキュ 妻 キャッシングローン 手数料 商品 関連 海外 時 聞い 調査 単独 提携 個人 額 からだ 様々 年 分 基 者 勤務 保障 免責 さまざま 実際 同じく 実 店

信頼 

2007年11月01日(木) 7時55分
医療保険は、病気やケガをした時の強い味方で、入院したり通院することになった場合、保険金がおります。 でも、医療保険に入っていても、病院で負担したすべての医療費を、保険会社が補償してくれるわけではありません。 医療保険は、入院、あるいは通院した時に、いくら保険金がもらえるか、医療保険に入るときに、自分で補償内容を選ぶ保険です。 実際に入院して高額医療費を払った場合、ある一定の金額を超えれば、健康保険でその分が戻ってきますので、医療保険から、入院1日につき1万円が出なくても大丈夫です。 高額療養費制度に加えて、医療保険から、入院1日つき5000円程度受け取れれば、大部分の入院費用をまかなうことができるので、医療保険にあまりお金を出したくない人は、このタイプの医療保険を選んでみてはどうでしょう。 少しくらい医療保険料が高くなってしまっても構わなければ、手術をした時に保険料が支払われるタイプの医療保険にしておくと、より安心できます。 夫の生命保険に付いている、家族型医療特約に入っているので、自分は医療保険に入っていない、という主婦は多いと思います。 でも、夫が先に死んでしまえば、夫の生命保険の医療特約は使えなくなってしまうので、個人の医療保険に入っておかないと、病気をした時に困った事態になります。 早い時期に医療保険に入れば、それだけ医療保険料も安くなるので、できれば主婦も、家族のために、医療保険に入りましょう。
2
方法 格付 支払っ ワイド やすく 価格 お客 系 知 暮らし いただけ 回答 請求 こども 中小 下がる 目的 捺印 フロー 支払 範囲 ケース 額 関連 内容 問い合わせ 教育 様々 安全 レディ 解決 養老 格付 情報 点 自動 に対する 個々 リンク 料 幸い 加入 きちんと 無理 ? 選び方 万 公的 的 死亡 販売 影響 陶器 損害 選ぶ に関する ニュース 取っ たずねる 時間 中立 万が一 払込 パンツ 別 合っ サイト によって 役 下さい ポイント 開始 タイプ ネット 転載 無駄 割る さまざま 建前 開始

かかりつけ 

2007年10月15日(月) 17時21分
あなたは「生命保険」の掛金を毎月もしくは毎年、ただなんとなく支払っていませんか?自分の加入している「生命保険」にはどんな種類のものがありどんな内容なのか把握しているでしょうか? 生命保険には、主に「終身保険」「定期保険」「養老保険」の3つの種類があります。「終身保険」は、保険期間が一生涯続く保険。「定期保険」とは、保険期間が決まっている保険。「養老保険」とは、保険期間が決まっていて、満期時に生存していた場合は満期保険金が保険金と同じ金額で受け取れる保険のことを言います。 「生命保険」はあなたが万一の時に役立つ一番身近な貯蓄でもあります。ただし「生命保険」が普通の貯蓄と違う点は契約した時点から払い込んだ保険料に関わらず、契約した金額を受け取ることができます。 毎月の保険料の支払いが窮屈になる場合もよくあることなので、受け取り金額だけでなく、払い込み期間なども様々ですのでいろんなプランを比較検討して自分に合ったものを見つけて契約したいですね。
2
ほしく リンク 商品 ? 選択 限っ 合理 という 接客 そこで 思っ 不安 教師 知恵 遺族 店舗 問 重要 収入 変 日 見直す 方針 ニュース 備え チーム 老齢 系 版 ポリシー に関して 一括 方法 新潟 ながら 金満 海外 検索 法 イチロー 金 事例 一生 塚本 回 行 話 実際 年金 によって 被 三井 無い 繁之 ペスト ページ 保有 提供 仕事 追加 事業 メニュー 保険 能登 署名 理解 実情 マップ に対し もらえる 内容 年間 定額 対象 抑制 拠出 立 話 資金 自ら 銀行 人事 変 一切 追加 損保

開発 

2007年10月14日(日) 10時45分
おそらく広く知られている保険と言えば「生命保険」と、「自動車保険」ではないでしょうか?しかし、たくさんの種類がある保険の中でもほんの一部に過ぎません。 テレビのコマーシャルの効果は計りしれません。なぜなら、これらの保険が知られている理由に他ならないからです。 実際には、これほどまでにたくさんの保険が存在します。しかしながら、あなたは何種類の保険に入っているのでしょうか? 自賠責保険で理解しておかなければならないのは「対人保険」であるということです。つまり、保険金の支払いがあるのは「他人」に対する損害だけになります。 しかしながら、ご理解いただきたいのは、これらの補償が絶対ではなく、必要最低限のものであり、完全なものではないということです。 任意保険への加入を欠かしてはいけません。ご存じのように、事故などに遭遇した場合には「自動車保険」だけでは不十分でしょう。 自動車保険(任意保険)加入の必要性があります。理由としては自分のけがなどの損害には、一切適用されないからです。 自賠責保険は車種ごとに一定の保険料を支払う必要があります。しかし、任意の自動車保険は、保険会社や、保障内容などの条件によって月々の保険料が異なります。 自動車保険の任意保険に関しては、自分にとって良い点・悪い点しっかり調べておくことが大切だと思います。かしこい、保険選びをするようにしましょう。
2
民事 支払い 得 負担 支払 役立て 参考 必要 沖縄 定期 窓口 別 保障 株 主 加入 万 グループ サイト 一 名称 プラン 間違い 連絡 二 理由 何かと ショッピング 機構 フリート 消滅 情報 変 締結 ひとつ 次 考える 暮らし エンベディッド 合計 表 子供 連絡所 有利 関連 ダウンロード 重点 大変 若く 支払い 医療 提携 長期 リハビリテーション 寄付 金 死亡 住宅 遺族 込 申込 貿易 返戻 動態 取る 料 相談 旧 会社 続く 起こり 不足 安く 判断 年 万 少し あたり 読み 実際 見 富治郎 万
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:f-kinyuu
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる