2009年F1は カーズに席巻される

  • URL:http://yaplog.jp/f-1/archive/3
F1にカーズが普及する=オーバーテイクの頻度アップとなるのか?実際にはF1はカーズシステムの導入によって、オーバーテイクするか、できないかという距離にまで接近し、手に汗握るシーンを何度も目にすることになると思う。抜きつ抜かれずのそんな状況でも、挙動は乱れない。そんなシーンが何度も見られるが、オーバーテイクはドライバーの技量次第。これが、まさにf1にカーズシステムがもたらす醍醐味と言える。F1カーズシステムは、ここ数年サプライズが少なかったF1に躍動感を与えることになるだろう。どんなに完成されたf1レースであろうが、飽きが来るのは必然であろう。F1におけるカーズシステムは、そんなF1に変化をもたらすのは間違いない。初戦の、オーストラリアグランプリを見る限りでは、カーズを搭載していたマクラーレンと、搭載していないブラウンとの直接対決が見られなかったこともあって、F1におけるカーズの有効性がはっきりと証明されることがなかった。ただ、マクラーレンのハミルトンのオンボードカメラから、カーズを使用した際に、前者に迫っているのは誰の目見も明らかであったろう。F1とうい空間で、カーズの熟成が進むにつれ、カーズシステム自体の重量によるデメリットも克服され、2009年のF1シーンは、カーズという言葉で満たされることになると思われる。


スポンサード リンク