スポンサード リンク

F1カーズシステムとレギュレーション

今シーズンから導入されるF1のカーズは、去年までのルールではエンジン以外からの動力は認められなかったのだ。カーズはF1における技術革新の大いなる第一歩なのだ。長年の開発で従来からのポイントは熟成されつつある。噂されているF1のシンボルであるエンジンの開発凍結ともなれば、最先端のテクノロジーを注ぎ込む余地が激減する。F1のカーズシステムは、新たなテクノロジーを埋め込む余地が生まれる。それを見込んでのf1のルール改訂だったのであろう。F1のカーズは、f1も取り組まねばならないこと、それは間違いなく環境問題である。F1のカーズシステムは、制動ごとに浪費されてしまうエネルギーを無駄なく利用すると
いう環境問題に対する一つの指標を示している。カーズは、F1に関わっている大手自動車メーカーに、F1で開発、熟成された新たな技術として一般市販車にフィードバックすることができる。F1カーズシステムは、今年のF1を大きく変えるのは間違いない。そこで産まれた熟成されたカーズが近未来の車社会に大きく貢献し、地球温暖化防止に貢献するはずだ。F1のルール改訂により、F1界に導入されたカーズシステムの進化が楽しみだ。

2009年F1は カーズに席巻される

F1にカーズが普及する=オーバーテイクの頻度アップとなるのか?実際にはF1はカーズシステムの導入によって、オーバーテイクするか、できないかという距離にまで接近し、手に汗握るシーンを何度も目にすることになると思う。抜きつ抜かれずのそんな状況でも、挙動は乱れない。そんなシーンが何度も見られるが、オーバーテイクはドライバーの技量次第。これが、まさにf1にカーズシステムがもたらす醍醐味と言える。F1カーズシステムは、ここ数年サプライズが少なかったF1に躍動感を与えることになるだろう。どんなに完成されたf1レースであろうが、飽きが来るのは必然であろう。F1におけるカーズシステムは、そんなF1に変化をもたらすのは間違いない。初戦の、オーストラリアグランプリを見る限りでは、カーズを搭載していたマクラーレンと、搭載していないブラウンとの直接対決が見られなかったこともあって、F1におけるカーズの有効性がはっきりと証明されることがなかった。ただ、マクラーレンのハミルトンのオンボードカメラから、カーズを使用した際に、前者に迫っているのは誰の目見も明らかであったろう。F1とうい空間で、カーズの熟成が進むにつれ、カーズシステム自体の重量によるデメリットも克服され、2009年のF1シーンは、カーズという言葉で満たされることになると思われる。


F1カーズを搭載するメリット

F1のカーズシステムは、高速で走行するF1マシンが制動をかけた際に空中に投げ出されてしまうエネルギーを回収し、貯蔵。そして運動エネルギーとして回生する。これがF1におけるカーズシステムの概要である。F1での使用となると、カーズシステムをどう利用するのかを考えなければならないが、一番ベストなF1でのカーズ利用方法は、F1マシンが走り続ける間、カーズのエネルギーを補助動力として使うこと。次いで、オーバーテイクする際のパワーブースターとしてカーズを使用することになるだろう。F1カーズは、この2つの使い方が考えられる。2009年のF1カーズに対するルールでは、カーズのエネルギー回生、放出回数が限定されているため、カーズを連続使用することはできない。よって、F1における最も有効かつ、最大の利点である補助動力としての利用はできない。そこでF1カーズシステムをオーバーテイクに使うためのパワーブースターとして使うことに着目がされたのである。もちろん、カーズを使ってオーバーテイクするF1マシンと、カーズを使ってそれを防ごうとするF1マシンの駆け引きが繰り広げられるという展開が繰り広げられることになるであろう。当面は、全チームがカーズを装備するということも考えにくい。開発のコストと、F1マシンにカーズを搭載することによる重量が増加する問題が残る。暫くの間は、資金力、技術力の高いトップチームによるF1カーズの熟成を待つことになるであろうが、必ず、F1におけるカーズのメリットは高いと思われる、オーバーテークをめぐるバトルが頻繁に繰り広げられるということだろう。F1を見るもの全てが望む熱いバトルが、F1カーズによって実現するのだ。

F1のカーズの驚くべき仕組みとは?

F1で話題になっているカーズとは、Kinetic Energy-Recovery System の略語で、KERSというのが正式なもので、日本語に直訳すると運動エネルギー回生システムと呼ばれます。F1で今年の注目の技術であるカーズを単純に説明しますと、カーズとはブレーキングの際にブレーキに発生する熱エネルギーをそのまま熱として空中に放出せずにエネルギーとして蓄えて再利用するというもの。時速300kmを超えるスピード走るF1マシーンをほんの一瞬で停止させるという強力なブレーキの生み出すエネルギーは途方も無いものであろう。F1のカーズはそのエネルギー貯蔵するとというものであり、その方式として、運動エネルギーをバッテリーに電気として蓄える形のカーズと、フライホイール形にエネルギーを蓄える形のカーズが考えられる。蓄えられたエネルギーを開放することで、F1の持つスピード感が増すのは当然であるが、実はF1にカーズを導入する目的は他にもある。それは、カーズのもたらすエネルギーによって、F1マシンはこれまでよりも多くの運動エネルギーを受けることができ、ガソリンの消費抑制に繋がるのだ。F1に導入されたカーズは、ハイブリッドカーの開発促進という意味を持っている。既に、電気的にエネルギーを蓄える方法は、プリウスなどのハイブリッドカーに使われており、今後は、F1で磨きをかけ、安全性を高めて一般車両に装着されてくることになるであろう。