準備。

July 14 [Wed], 2010, 16:40
一通り出産準備を終えたので、購入したものをまとめようと思う。
買った物をまとめるだけなので、それが結果的に必要だったかどうかは出産後にまた記事にしたい。
私の方も色々と調べて、財布と相談して購入したものである。ネット様様だね。

書く前に、私の家がアパートで広くはなく(むしろ狭い)、収納スペースもないので子供のためのスペースもないということを補足しておく。
それと、もともと持っているものは記入していない。生理用ショーツとか。



子供のためにそろえたもの

・新生児用おむつ2パック→出産後、また数パック買いに行く。でもこのくらいの準備でいいかも
・カット脱脂綿(無印)
・新生児用爪切り
・鼻吸い器
・ガーゼハンカチ2パック(計20枚くらい)
・肌短着2パック(計6枚)
・肌長着1パック(計2枚)
・↑の上に着るもの6着くらい
・↑の上に着るもの3着(オーバー何とか)
・よだれかけ1パック(3枚入りだったかな)
・入浴剤(ビオレの。失敗しても家庭内で使用可)
・新生児用おしゃぶり1個→出産後、もう1個購入。子供がおしゃぶり吸うタイプだった
・一番小さいサイズ(120ml)のガラス哺乳瓶→出産後、もう2個購入。120mlと240mlの。混合だったので
・↑の替え乳首1個
・固形タイプのミルク(一番小さいサイズ)→出産後、缶タイプを追加購入。混合のため
・哺乳瓶消毒液(ピジョンの漬置)
・消毒液をつける容器(ちょっと大きめのボウル。ニトリで購入。専用のものは買ってない。失敗しても家庭内で使えるのでまずこれで)→結果的に使わず。家にあった糠漬け用のものを代用
・おむつ用ごみ箱(ニトリで)
・使用後おむつをくるむビニール袋(スーパーで。これも失敗しても家庭内で使用可のため)
・ごみ箱用ごみ袋(スーパーで。普段使う袋より薄めで安いやつ。失敗しても家庭内で使用可のため)
・風呂桶の湯を掬う取っ手つき桶(ニトリで購入。カビとか気になるけど…まあ買ってみた)
・ビニールの手袋(出産後の炊事で使うかなーと。友人がゴム手買ったって言ってたので)→結果、使っていない
・防水シーツ2枚(私のベッドで寝る予定なので、一応。使用しなければおむつ替え用シートとして使うか)
・ベビー用化粧水(オイルと迷ったけど夏だし)
・ベビー用ボディソープ(ピジョンの)
・ベビー用綿棒2パック
・お尻拭き3パック(メリーズのやつ。詰め替え用も買っておいた)
・無添加洗剤
・洗濯物などの小物入れの容器(タブトラッグスのSサイズ)
・カシウエアのミニブランケット(妊娠前から持ってた)
・哺乳瓶洗い用ブラシ→6/18購入→出産後、乳首用ブラシも追加


今後購入予定のもの
・べビーバス(リッチェルの。美人百花で小畑由香里さんが紹介してました)→6/18購入
・ベビー用枕(未だに必要か悩んでいる。でも1000円しないし…)→出産後購入
・チャイルドシート
・ベビーカー
・ベビーベッドと布団一式→必要ないと思ってたが、実家両親から買って頂く

欲しかったけど断念したもの
・乾燥機付き洗濯機(洗面所が狭いため、今以上の機能付きのものを購入するには無理がある)



自分のためにそろえたもの

・母乳パッド1パック
・夜用ナプキン2パック
・授乳ブラ6枚(胸が小さすぎる故にワイヤー入りのものは買えない…)
・妊婦用ショーツ3枚(腹まで上がるやつ)
・美力青汁2箱(妊娠初期〜中期で飲みきり)
・LOLAのサプリ(カルシウムと鉄)
・絹腹巻き2枚(出産後も使えると思って少々高いものを)
・トコちゃんベルト(紺色。8か月くらいに購入。すでに使用感がにじみ出ている)
・ワコールの産後ガードル2枚
・授乳枕(MOGU)
・円座クッション(1000円くらいの)
・クラランスのリフトマンスール2本(1本使用済。残りは出産後)
・バイオイル2本(全部使用済。妊娠後期のつわり復活で匂いが駄目に)
・ボディショップのオイル2本(無香料のマッサージオイル1本使用中、もう1本はスリミング効果のオイル。出産後に使う予定)
・妊婦用パジャマ2組(入院用)
・ドライヤー(もともと古かったし、買い替え)
・基礎体温計(出産後に。今までのより機能がアップしたやつにチェンジ)


購入予定のもの
・DVDプレイヤー→6/18購入
・スリッパ(病院用→家用に)→6/18購入

一般的に必需品リストに載ってるけど買わなかったもの
・産褥ショーツ(病院で不要と言われた)


出産前準備してなかったけど出産後に買ったもの
・クーファン(実家から買って頂く)
・手指消毒液
・手袋(実家から買って頂く)
・帽子(実家から買って頂く)



忘れていたものがあればその都度追加予定。

●補足情報●
6/17記事up
6/18購入品追加
7/14補足

出産。

July 14 [Wed], 2010, 16:14
ちょっと日数が経ってしまいましたが、投稿。

しばらく時間が経ちましたが、38w2dで出産となりました。
私がお世話になった病院は、初産の人は1w早い人が多いということで39週での出産を一応は警戒しておりました。

が、予想以上に早い出産。
そして、助産師さん曰く。
超スピード安産、ということでした。



出産の前々日が私の誕生日でして。
ケーキを食べたりしてのんびりした次の日(出産前日)、朝から何やらお腹が痛い。
今までとは何かが違うような…でも、我慢できる範囲の痛み。
もしやこれが前駆陣痛では?とは思うものの、いやいや、陣痛はもっともっと破壊力抜群の痛みだろうと思ってなんとか我慢。そして、念のため痛みが発生した時間をメモにしていくことに。
その日の昼は、1時間に対して2回の痛み。でも、昼過ぎから徐々に痛い感覚が狭まっていく。

でも、初産だし、10分以内の痛みの間隔にならないと病院には連絡できないし…。
でもこの痛みって、1週間続く人もいるんだろうし…。

とか、そういうことを考えているうちに痛みも酷くなる。
間隔も、10分以内だったと思えば4分とか、その次は14分とか、なんとも半端な状況になっていく。
でも、10分間隔の痛みってことは、1時間で割れば1時間の中で6回以上の痛みが発生すると10分間隔の痛みと言うことになる。

1時間の内で6回以上の痛みの記録ができたので、夕方頃に病院に電話。
でも、1時間に6回以上の痛みというよりも、10分以内の間隔で傷みが発生しているかどうかが重要らしい。初産ということもあってもう少し我慢してくださいとのこと。

まあ、陣痛はもっと痛いだろうからな。我慢するさ。
そう思ってまた耐えることに。

そんな痛みの合間で、もしものことを想定して準備を始める。
爪を切り、入院道具を居間に持ちだしすぐに運べるようにし、入院時の服を用意し、我慢できるうちに食事。
あと、趣味でやってるサイトもできる限りのことをする。更新とか停止の告知とか。

そうこうしている間に、旦那帰宅。22時半くらいだったかな。
その頃の痛みの感覚は、それでも10分以内のそれではない。13分、5分、12分、9分…みたいに超半端。
痛いのをこらえるよりも、自分が楽になれる姿勢を探す方が辛かった。

23時過ぎ、念のため病院に電話をかけてみる。
が、初産のためもうちょっと我慢してほしい、とのこと。

我慢しろ、と言われた原因は、私の変な余裕のせいである。
というのは、母親学級の時に助産師さんと参加していた経産婦の方が「入院するなら日付が変わってからの方が、入院費と入院日数がトク」と言っていたのを思い出しまして。
「日付変わった方がいいんですよね…?」とか言ったらまだ元気があると思われたらしく、もうちょっと我慢しようということになったのであった(笑)。



ところが、23時を過ぎた頃から痛みの種類が変わってくる。
お尻のあたりに圧力がガンガンと掛かってくるのだ。痛みは我慢できるけど、その圧力は自分自身の至らぬところで起きていて、どうにもできないとういうような感覚で。

23時半くらいに破水。
圧力がmaxでかかったはずみで水が!!って感じだったなあ。ナプキン当てといてよかった。
その辺りから、その圧力と今までの痛みが半端なく襲ってくる。しかも間隔も5分くらいだったかもしれない。何せもう記憶が朧げ。
とにかく、旦那が病院に電話して破水したことを伝えて、車の中に荷物を入れてサンダルを用意してくれたってのは覚えている。

着替える余裕もなく、テキトーな部屋着で病院へ。
股にタオルを挟んで車に乗り込むってのは、生涯もうないだろうな(笑)。

そして病院に到着して、受付して、助産師さんが持ってきてくれた車いすに乗りこんで病室へ。
この時点で、もう24時近かったはず。



これは後日談だが、病室に入った時点ですでに頭が出ていたとのこと。
※私の入院したところは病室でお産をする
3回くらい助産師さんが「息を吐いてください」とか言ったと思うんだが、その後すぐに産まれました。

実質、破水してから30分強で出産した私。
そのうちの半分は自宅→病院に向かったり受付したりという流れだったので、さあ産むぞ!って状況で病室でスタンバイしたのは15分くらいじゃなかろうか。



初産婦って、破水から12時間以上かけて出産するんじゃなかったのか…。
私がとった部屋って、シャワールームとか充実してて、出産のための準備をのびのびとできるとこだったのに…はあ。
(でも、入院中利用したから文句はないけどね!)

思えば、病室に着いてからの痛みよりも、家で苦しんでいた方の痛みの方が辛かった
母親学級では、「痛みの感覚が10分以内が陣痛の始まり。その後破水して出産。初産婦は陣痛〜出産まで12時間以上かかることが一般的」と言われ、私はそれとは全く無関係ということだったということである(笑)。

結果として、陣痛はもっと早く始まっていた可能性があるのに痛みに対して鈍感であったためにカウントが甘かったのか、それとも破水から出産までが尋常じゃないくらいに早く行われてしまったのか。
ただ、妊娠中はずーーーーっと精神的に最悪な状態だったから、もしかしたら腹の中で子供が「早く出て注意を引かなきゃいかんなあ」とか思ったのかもしれない。



と、まだ傷癒えぬ産褥期な今に勢い任せて記してみました。
また落ち着いたら書きます。

38週目。

June 21 [Mon], 2010, 13:44
先日の検診で、子は骨盤の下の方に下がってきてるけど子宮口は届かない(開いていない)とのこと。
出産予定日よりも早く生まれるかもしれませんね、と言われてきました。

母親教室でも、そこの病院は初産の人は39wで生まれる人が多いとかで。たまたまだーとか言ってましたけど、初産は早いって言いますしね。

そんなこんなで、昨日から微弱陣痛なのか何なのか把握できない痛みが続いています。
何しろ痛みは我慢しすぎてしまう性格のため、人よりも「痛い」と思うのが遅い性質な私。
おしるしなのか、数日前にカンジダの膣剤を思いっきり奥にねじこんだせいなのか、透明なおりものに血が混じってる感じのものは時々出ます。
でもおしるしって、生理の終わりかけみたいなのだよな…。

少なくとも、今はメモとペンを傍らに、痛みを感じた時間を書いています。
子に早く会いたいという気持ちは未だにないけど、この不自由な生活から早く解放されたい。

荷物はほとんどまとめたし、旦那へのやることリストもまとめたし、あとは私の「痛みに鈍い体質」とどう向き合って陣痛と判断して病院に向かうかです。

里帰りをしていないので、ひとりでその判断をしなければいけないというのが唯一の不安です。
でも、毒親のもとに帰ったって、病院まで30分以上かかるし。毒を喰らうよりは独りの方がいいです。




それと、義実家が来週家に来るとか言ってたな…。

よりにもよって39週で来るって何事!?
しかも今更!?今まで無視同然だったのに、何で?

「会っておきたい」ってどういうつもりですか。しかも出産予定日を7月10日だと思っていたらしい。何の情報?意味わかんね。
こっちも出産予定日は「7月上旬」ってしか言ってなかったけど、10日に限定して解釈していた根拠が分かりません。
だって、ねえ。おめでとうとか具合大丈夫とかお大事にとかそういう言葉がないから、私が子供を産むのってどーでもいいんだなって思ってたし、何月何日に生まれるの?って聞かれもしなかったから旦那だって言わなかったんだろうし。
それにつわりがひどい妊娠初期に義祖母の葬儀に出席して当然の如く参加させられた時点で、あーなんかもういいやとか思いましたよ。

とりあえず、どーでもいいや。
いちいち考えたら欝が悪化します。最近酷くなってきてたし、病院には今はあまり行きたい気分じゃないので。
ただでさえ毒親で嫌な思いしてんのに、義実家で悩みたくないわ。

そして、BOYZ II MENを聞く私。
胎教?なんですかそれ美味しいの(笑)。

37週目ちょい。

June 16 [Wed], 2010, 11:42
病院主催のマタニティヨガに参加した際、いつも次回の予約を入れるのが流れなのですが。
今回は、来週と再来週が全て埋まっていて、その次の週は出産予定日が過ぎているので予約は入れずに帰ってきました。
もうそんな時期か。早いものだ。



前回書いていた、カンジダ再発の件。
ヨガの際に助産師さんに気になることを質問。
「カンジダの時は湯船につかっても大丈夫か?」という問いに、「問題なし」とのこと。むしろ石鹸やボディソープでごしごし洗う方に問題があるとか。
本当かよ…と少々不安に。
ただ、湯船には入れるうちに入らないと出産後は1か月くらいだめらしいしね。
湯船に入らないと、次の日のむくみがまずいんだよな。1日くらいは大丈夫だけど、それからは怖くてやったことがない。
出産後は、むくみとかそんなことを言ってる場合じゃないだろうから、耐えるつもりではいる。

でもあれから数日経ったお陰で、カンジダの様子は落ち着いてきた。
先週の検査で再発を言われた時は、痒みなどの症状はなく、「言われてみればおりものの量が多かったかな、でも妊娠後期っておりもの多くなるって書いてたし…」って感じだった。
実は4月末くらいに産科検診があったが、その時はかゆみはないけどおりものが変な色だったんだよ。で、医者にそれを言ったんだが、「別に大丈夫じゃないですか?」みたいないい加減なことを言われて、しかもその時旦那も診察室にいたから深く突っ込めないし、その診察室の中には看護師さんが3人くらいスタンバってたのもあって、雰囲気がな…うん。

多分、4月ってことは医師の入れ替えとかもあって、初めて見る若い医者だったからそういう兼ね合いもあったんだろうな。
医者と看護師の連携で患者を上手に回して行かなきゃいけないが、あの日は2時間以上待たされてな。仕方がないんだろうな。
かくいう私も病院関係でかつては働いていたから、医者が来たての頃とか代診が入った時は辛かったな。だから、無下に怒りを感じることはできなかった。旦那は怒ってたけど。知らないとそういうもんかもしれない。
でも、その時の診察で旦那を診察室に入れるってのは如何かと思うようになった。それ以来は外で待ってもらっている。
突っ込んだ話とかし辛いよな。人それぞれだと思うんだけど。

少なくとも、私は旦那の前ではカンジダとかおりものが緑色なんですけどとか旦那の前で体重計に乗ったりとか会陰マッサージがどうこうとかそういう話をするのは好かない。普段腐るほど下ネタトーク爆発だけど、こういうのはなあ…(笑)。

そんなわけで、今は数日前よりは症状が落ち着き、痛みはない。でも少しだけかゆみが出てきたな。
今までの症状が重くて、今は良くなってそれでかゆみが出てきたのかは分からないけど、おりものの量も減ったし。
数日後にもう一度、残った膣剤を入れてまた様子を見ますが、どうか治ってほしいものだ。

37週目。

June 13 [Sun], 2010, 17:23
前回、カンジダ再発と書きました。
言われた通りに膣剤を入れたのですが…次の日から膣内が痛い。
ネットで調べてみると、膣剤挿入後は薬のカスだのおりものだのがいつも以上に出てくるようなので、それについては問題はないんだろうけど…。
とにかく、横になっている時以外はずっと痛い。
円座クッションに座っている時は幾分か痛みが和らぐので、出産後か!?と思うくらいだ。
いや、出産後はもっと痛いだろうがな。

しかも、ここ数日はお腹が一気に重くなったのか大きくなったのか分からないが、顔のむくみがひどい。体重の増加も気になる。一時期収まったと思ったのに、またかよ。と思う。便秘のせいかもしれないけど。
出産前になると一気に太るとか、実際予定日1か月前の芸能人とかをテレビで見ると「あー出産前だもんな」と思えるような顔の様子だったりしてたから、自分もそういう状況になってるんだろうか。

これじゃー人にも会えないわな。
出産前に一度会いましょうと言ってた友人いるけど、こんなパンパンのアンパンマンじゃ駄目だわ。
しかも私、般若(能面)系の顔なのでパンパンな般若って…醜い以外の何物でもないし。

あと、足のむくみも気になるようになったなあ。つま先で立つと、指の付け根の筋肉が無理矢理押し出される感がある。
こんなこと、なかったのに…。飲み過ぎてアルコールが抜けない時とか、塩辛いものを食べまくった時のようだ。塩分控えてるのに。



しかも悲しいことに、今月はこれから誕生日を控えている私。
笑えることは、入籍した日も同じ日だということ。

旦那はつきあってからも結婚してからも、私の誕生日には何もしなかった人間である。それなのに自分の誕生日には何かないの?とか言うことない?とかうっとおしい言動があり、うんざりである。
それなのに、今年はなぜか食事に行こうとしている様子。誕生日に動かせない仕事が入っているらしく、前倒しにしようとしてるらしいから。

よりにもよって、こんな状態の時に何かをしようとしているなんて…と怒りを覚えるのはマタニティーブルーだということにしておこうか。去年とかおととしとか、私も仕事しててもっと金の周りが良かった時にやれよ!とか思うんだよな。



とにかく、今はカンジダ再発で薬のため痛いってのと、腹が重くて動きが不自由なのと、顔と肩と足がむくんで最悪だってのがあって平常心を保てないというのが事実である。
むくみまくってる能面顔の洋梨体系の女…化け物か(笑)。

っていうか、このまま膣の痛みが引かないようであれば、病院行かなきゃなあ。

36週目。

June 11 [Fri], 2010, 15:56
来週から、毎週の検診になるようです。
いつ生まれてもおかしくない状況とのことで、荷物はちゃんとまとめていてください、とのことでした。
8割くらいは準備完了だったので、残りを近日やってしまおうという感じです。

それと、前回膣内の検査をしてもらったんですが。
また再発してました、カンジダ。
妊娠してからはおりものシートとか使ってできる限りの予防はしてたけど、敵いませんでした。
これ、生涯つきまとうんだろうな…。前の記事でも書いたと思うけど、性行為をするようになってからずっと悩まされている病気です。もともと皮膚が弱いみたいなので、そういうのもあるんでしょうかね。
相手が変わると、なっちまうんだよな…。そして、指をやたら挿れてくる男の時だと症状も酷い。寝具の洗濯頻度が少なさそうなベッドでやった時とかな。
むしろ、ラブホとかでやったほうが症状軽かったかもしれない。皮肉なもんだね(笑)。
そんなわけで、膣剤と塗り薬を処方されてきました。

性行為がロクになくなったここ数年でも、市販の薬に頼る程度になっちまったりしてたから、もしかしたらこれからもずっと付き合っていかなきゃいけないんだろうね。



あと、検診でバースプランというものを出さなきゃいけなかったんですが。
何度も書いているように、出産にも育児にも(結婚にも)夢も希望も持っていないので、どんな出産を望むか?って聞かれても困るってのが本心で。
産科で産むか助産師の介助で産むかの時だって、問題がない人は助産師の方で…みたいになってたし。料金も産科より高いけど、まあ初めてだしいいかな、って感じで決めたんですよね。
無責任といったらそこまでだけど、何も考えないで助産師の介助で出産を決めてしまったのです。個人的には、別にどっちでもよかった。

とにかく、立会は望まないこと、出産中は自分と助産師さんのみで!!という希望だけは書いておきました。
あと、ヘタレな性格だから厳しい叱咤激励はやめてほしい…と何とも弱気なお願いまで(笑)。

性格上弱音を吐かないのですが、出産はどうなるか分からない。
私の場合、陣痛の苦痛のあまり「お腹切って!」とか可愛い発言で留まるはずもなく、「(私自身を)殺せええええ!!」とか言うかも分からない(笑)。
そんな中で、旦那がいたら…どんな暴言が出るかな。安易に想像できますわ(笑)。




と、気がつくと妊娠生活もあと少しという状況になっております。
とにかく、出産したらまとまった時間が取れないと思ってできることをやっておいたのですが…終わりが近づくのも悲しいものです。

一応、気にしてやってたことを挙げておくと、

・寝だめ
・外食
・趣味のサイトを数か月いじらなくてもいいように手を加えておく
・いらない服や雑貨を捨てる
・官能小説やエロ本、人には見せられない本の類を売り払う
・化粧品の買いだめ
・RPGなどのゲームを飽きるまでやっておく
・足、腹、胸、デコルテのオイルマッサージ


…くらいだろうか。思い出したのがこれくらい。
あと、アダルト動画をうんざりするまで見まくりました。好きなAV女優の作品も。胎教によくないね。

思えば胎教もしなかったな。クラシックとか聞けとか色んなとこで言われたけど、Boyz II Menと童子-Tとサザンとクリスタルケイばっか聞いてたな。いっそのこと、エミネムとか聞かせりゃよかったかな。HIPHOP大好き子な娘になったりして。


逆に、できなかったことも何個かありまして。
友人と旅行に行ったり、地元の友達と遊んだりってのができなかった。
地元に帰る=毒親のもとに行かなきゃいけないので難しい話ではあったんですけども。
何しろ高速で片道8時間くらいかかりますからね。新幹線だったら1回乗り換えしなきゃいけないし。
このまま親類の葬式以外は行きたくないんですが。

あと、年のせいなのかもしれないけど。
友人たちの生活や環境がそれぞれ異なるということもあり、ここ数年疎遠になったり険悪になったりする友人も一部おりまして。その中には15年以上仲が良かった友達もいて、妊娠報告すらもしてないんですよね。正式には、妊娠したかもしれない発言をしたら酷いことを言われたので、それから本当に妊娠してて報告するのもどうかと思ってしまったというオチ。

逆に、数年前相手の出産を機に疎遠になったけど、今回私の妊娠報告を機に連絡が復活したりすることもあって。
人間関係って、本当に分からないもんです。

何気なく思うが、結婚よりも出産の方が転機になるかもしれないな。今回の妊娠でそう学びました。
あと、これはもともとわかってはいたことだけど。信頼関係を築くのは膨大な時間と労力を要するけど、壊すのは一瞬で済むってことかな。



これから襲い来る陣痛とか出産とか毒親の突撃とか、警戒することがそれなりに存在しているんだけど。
実はそれ以上に、険悪になった友人にどうやって出産報告しようか…という方が悩みの種だったりする。妊娠報告もしてないのに出産て…なあ。今まで何でも報告してた仲だったのに、10か月放置ですよ。
しかも今年は義祖母が亡くなっているせいもあって年賀状で出産報告が不可能で、出産報告はがきを出すことになってるので、意外にその悩みとの対面が迫っている。どうしよ。

思ってみれば、出産怖い陣痛怖いとか思う時間より、友達との関係を気にかける時間の方が長かったこの10か月。
あと、毒親からの仕打ちを思い出して泣いたり、いかにして出産後に手伝いに来させないようにするかと考えている時間が多かった。
そのお陰で出産に対する恐怖はあまりなかったけど、こういう不健全な親(私)ってのも子供(現・腹の中の子)にしてみれば不幸だよな。

早く生まれてきてね★とか、早く会いたいね★とか1度も思わなかったな…酷えや。今は腹が重すぎて痛い時があるので、いい加減にこの苦痛から解放してほしいとは思うけど、それってちょっと違うもんな。

こんな親で本当に申し訳ないと思う。

35週目。

May 31 [Mon], 2010, 13:29
うわ。
気がついたら、来月の今頃はもしかしたら子供が産まれててもおかしくない状況じゃないですか。
親になる自覚も妊娠した自覚もいまいち実感してないまま、こんなことになってますよ。



体調で変わったことを、また挙げていきます。
まず、何をするにも「よっこいしょ」系の声が出る。無意識に。
ここ数週間の話ですが、お腹が重くなってきてるんでしょう。事実、胎児の重さもアップしてましたし。
身体を起こす時や立ち上がる時って、思った以上にお腹や腰の筋肉を使っているんですね〜。自由が利かなくなって初めて分かるってのも、悲しいものです。

あと、前屈みになれない。ならない、じゃなくてなれない。
同時に、足を曲げるのに不自由を感じる。体育座りができない。そりゃー腹が出てるから当然だけど。
足マをする時、足を曲げないとできませんから、本当に面倒です。痛みを伴うってほどじゃないけど、圧迫感が凄いから。

あと、これは私のわがままかもしれないんだが。
今まで歩いて平気だった距離が、辛い。お腹に負担がかかる感じ。

あと、少々下ネタなんだけど。
トイレが終わって拭く時、手が届かない。
肥満の人って、大変なんだろうな…と変に同情した。
某スレッドで、『メタボの旦那のパンツを洗う時、必ずう●こがついている。ちゃんと拭いているのか!?どうやってそれを教えて改善させたらいいのか!?』というスレがあったが(笑)、あれ、う●この質とかもあるとは思うが、体系故の理由ってのもあるぞ。と思う。
このスレ見てて、奥さんが勇気を出して旦那に指摘したら旦那が逆切れするってケースを幾つか見たけど、アホだよな。何だ逆切れって(笑)。う●こつけといて逆切れかい。
ちなみに自分の場合は、パンツにつくことはないけどね。

あと1か月くらいの辛抱ってのは分かるが、色々とうっとおしいよな。
まあ、貴重な経験って意味と、女に生まれなきゃこういう経験できなかったっていう意味ではありがたく受けさせて頂きますが。
来世、人間に生まれ変われるなら。絶対男がいいな。妊娠前から思ってることだが。



そういうわけで、先日。
旦那同伴で母親教室というものに参加してきました。
私が出産するところは、問題がなければ自然分娩の個室です。問題があれば即産科の分娩台へ。
そういうこともあって、滅茶苦茶詳しく出産の過程を助産師さんが説明していく。

分娩の説明のため、股が開いた手作りハーフパンツを履き、赤ん坊の人形を使ってリアルに分娩を再現。
あれを見て照れるとか「品がない」とか思うはずもなく、助産師さんのプロ根性を感じました。
見る男によっては、出産後は妻に対して性欲を感じず、妻は子供製造器だと思うんだろうな。思いが別れるところだね。

自然分娩ってことは医療行為を行わないので、会陰切開もしないようです。
ってことは、とにかく時間がかかる→陣痛と闘う、ってことなんですよね。
幼少の頃から、「どうしてそうまるまで我慢してた!!」と言われるくらい余計に我慢してしまう性格らしい私ですが、出産の時はどうなるんでしょうね。
…って、やっぱり他人事(笑)。

で、説明の後で妊婦へのマッサージや陣痛対策の指圧などが行われました。
旦那は立会出産を勝手に希望してまして、意気込んでいたのですが…正直どうかな。

こっちとしては、嫌なんですよね。
だって、出産って女の行事でしょ。それを男が見るなんてなあ。何ができるの?って思うんですよ。
でさ、男によっては立会い出産に臨んで体調悪くしたり、その後妻を女として見れなくなったとか言って浮気に走ったりするわけでしょ。あり得ませんよ。
私はもともと醒めた性格なので、「手を握ってもらっているだけで安心」とか「側にいてくれるだけで落ちつく」という感情は存在しません。一人が大好きですし。
だから尚更そう思うんですけどね。人間そんなに簡単じゃないぞ、ってな。

そして、案の定。
旦那はまず、マッサージが下手なので手こずる。こっちがイライラしてくる。
「そこじゃない、上」とか「もっと両内側」とか指示するくらい、とにかくいい場所をしてくれない。力も微妙。強すぎたり弱すぎたり、しっくりこない。
しかも、挙句の果てに。
「肩が痛い!肩が痛い!」に始まり、「体勢が不安定なせいで腰が痛い!腰が痛い!起き上がれない!」になり、「胴体全体が痛い!!」小声で騒ぎ始める始末。
旦那は学生の頃運動をやっており、その時の故障で時々肩や腰が痛くなるのである。
しかし、その時の状況としては、妊娠している妻の辛さを軽減するために夫がマッサージをする、という場である。
それなのに………。まあ、旦那には何の期待もしていなければ男らしさを求めていないのでどーでもいいんですがね。

しかも、病気として処理されるほどではないが、病的に近い『痛いこと嫌い』『注射・点滴の針嫌い』なのである。
去年末期癌で入院する義祖母のお見舞いに行った時、管につながっている義祖母を見て貧血を起こし、義祖母の隣の空きベッドで数時間横になっていたのである。

これほど、立会出産に不向きな人間はいないだろ(笑)。

だってさ、簡単すぎるほどに想像できますよ。
自然分娩中、意気込んで立会する旦那。
陣痛が進み、助産師と旦那のマッサージ。でも、旦那のマッサージが下手。
罵声を浴びせる私。マッサージを続ける旦那。しかし、マッサージを続けていくうちに腰が痛いだの肩が痛いだの言い始める旦那。
その時出血があったとして、旦那がそれを見ていた見ていない聞いた聞いていないは別として。
そういう緊迫した状況で、体調が悪い貧血始まった立ってられない、と言いだす旦那。
個室の分娩用マットレスの上で陣痛と闘う私と、体調が悪いからと個室のベッドで横になる旦那。
時間が夜中なら、貧血で横になってそのまま睡眠に変わる可能性があるだろう。
そして、出産。それに対して、ベッドで寝ている旦那。
……というのが、安易すぎるくらいに目に浮かぶのだ。

それから数年後、浮気なんかされてみろ。私の性格上浮気はOKだが、そういう前段階があったら絶対に許せないな。
そんなわけで、私は旦那の立会出産は断固拒否である。

旦那が違う男だったとしても、嫌だな〜。
ってか、妊娠とか出産とか以前に、男の人を信用してないってのが問題だね(笑)。

33週目。

May 21 [Fri], 2010, 18:38
妊娠したことで感じる不便さが、日に日に強くなってきました。
何だ今更、って感じですね(笑)。

まず、お腹が重い
お腹を抱えて歩く"いかにも妊婦"と言う感じではないけど、動くと重みを感じる。
今までは重力に沿って胎児分の膨張と脂肪分がついてたけど、最近は明らかに横にも脂肪分が。台形みたいな感じ。
もともとスリムじゃないけど、だからこそショックかも。
根拠はないけど、自分はあまりお腹が出ないタイプだと思ってたので、ショックだなあ。
もともとがっちり体系だから、変わらないと思ってました。何の根拠もないよね(笑)。

その上、歩いていて限界を感じる
今までそんなこと、気にもしていなかったのに。
歩いていると、お腹が重力によって引っ張られる感じがして、痛い。

体重増加のせいだと思うが、足のほかに顔もむくむ
自分でも、顔がぱんぱんしてるなーって分かる。最悪です。
食べようが食べなかろうが、歩こうが歩かなかろうが体重が増えている現実。
気持ち的にも、だんだんマイナスに作用してます。

つわりが戻ったかのように、駄目な臭いが出てきたのは変わらず。
出産すると戻るのかなあ…。でも、出産のその時が未だに想像できません。

本当に出産できんのかな。どうなるんだろう。

32週目。

May 06 [Thu], 2010, 12:28
やっと、ゴールデンウィーク終了。
去年は仕事ばかりでしたが、今年は何もない日々でした。

去年ってさ、本当に不運で。
私の公休は木金。でも、去年のゴールデンウィークは土〜水曜日。悪い意味ですごくいいタイミングでした。
有給も取れたのですが、旦那の両親が突撃予定だったので敢えて取らず。だから自業自得。

で、気がつけば妊娠後期もいいところで。
暑さが出て来ているというのもあるのですが、眠りが深くなりました。寝つきが悪いのは変わらずだけど。先月までは寝つきが悪く、起きた時の心地が悪い。まるで、無理やり電源を落とされた電化製品のような、ぶっつりした心地悪さが付きまとっていました。その上トイレが近いし。
今もトイレは近いけど、夜中の目ざめに慣れたせいもあって前ほどの不快はない。慣れってこわい。

あと、この時期は横向きに寝るのが一般的とか、楽だとかという情報を見かけるのですが。
私、仰向けの方が楽なんだよな。起きるといつも、仰向け。横向きだと、何か変な感じ。
まあ、中の子の位置もあるんだろうから時期が来たら変わっちゃうのかも。

それと、大問題が。
体重増加が凄い。
確かに、妊娠してから2回目のラーメンを食べましたよ。塩分多いからむくむのも分かります。
でも、だからってラーメン食した次の日1kg増加ってアリですか?
それから数日、運動して間食しないでちゃんとしたもの食べて。それなのに、減少するどころかその体重に上乗せって、アリなんですか?

現時点で、妊娠当初に決められた目標体重ジャスト。ありえん。
前回の検診でも結構増えていたので、助産師さんに目標体重2kg増やそうと提案されていたんですが、それでもショックはショック。

一応、現時点では妊娠当初からの体重増加は+7kg
これ以上増えてほしくない…。そればっか。
結婚当初、人生で最大のデブ期があったのですが(現在の妊娠中の体重は除く)、あの時と朝の状態が同じなんですよ。
前日の夜の寝る前に何か食べたとか、夕食にがっつりしたものを食べた訳じゃないのに、むくむんですよ。前は顔と足だけだったけど、今は顔と手の平と足。最悪。

妊娠してるってことだけが救いってのも、哀しいものがある。

31週目。

May 02 [Sun], 2010, 17:07
最近、思うこと。

何を着ても、腹が出ている!!!!

…って、当然なんですけどね(笑)。
ここ数回の検診で病院に行くと、他の科の患者さんとエレベーターが同じになった際に「おめでたですか?」と声をかけられることが数回あったんですが。
毎回「○か月ですか?」と聞かれるのだが、その月数よりも実際は進んでいるという現状。
ま、尻の方にも色々とついているのでお腹の方に出っ張りが回らなかったんだろうなーと思う訳です。

でも、助産師さんの方々は「適正通りの大きさですね」と言われるので、プロと素人ではやはり違うのだろう。



さて、妊娠後期ということで。
何か体調に変化は?ということで挙げるとすれば、つわりの逆戻り。
ただ、妊娠初期のように初つわりで苦しむというパターンではない。耐性ついてるからね(笑)。しかも初期より弱いし。

前の記事でも書いたが、臭いがまた駄目になった。
あと、夜になると気持ち悪い。時々痛い。
でも、その痛みは張りらしく(助産師さん談)、まああることなんだろう。

相変わらず夜のトイレが近いのと、眠りが浅いのは同じ。
ただ、最近PSPを眠る寸前までやってるので、眠りが深い時がありますが(笑)。
トイレが近いのは、私が風呂上りにコップ半分の水を飲むからですが、それを炭酸水(私は焼酎用のレモン汁を数滴込める)にすると尿意が幾分か楽になる。ただの水だと、尿意が痛いんですよね。そこまで気づかずに眠っているんですよね。
流石は炭酸水。
でも私は経済的に余裕はないので、ペリエではなくNUDAです。他の安い炭酸水よりマグネシウムとか入っているみたいですし。

でも、ごろごろPSPやって、適当に寝て…という生活もあと数か月で終わりなんですね。
あと数年、諦めなきゃいけないんですね。
ま、今まで散々好き放題やっていたのでいいということで★
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:村咲
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
年齢:30過ぎ
入籍:2004年の誕生日
出身:酒と米が旨いところ
現住所:関東の海なし県
属性:ドSと見せかけて真性ドM
性格:自己中だが、実は超繊細
職歴:キャバ嬢から塾講師まで様々
http://yaplog.jp/ezilaer/index1_0.rdf
P R
2010年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31