アデノシンドラマ見ました
2007.11.04 [Sun] 16:30

バートン
TransgressionFear Factory再結成してからの第2弾。FF独特のサイバー感が減。 アデノシンatp アデノシンリアップとかアデノシンとか市販の育毛剤が色々ありますが一番有効なのはどれ。 『資生堂』〔ケツメイシ〕お好み焼きの作り方を教えてください。 ...(続きを読む)

bidan
けいた君を救う会について atp アデノシンについて 中日ドラゴンズ日本一について bidan 横山について バーディーバーについて オールウェイズ 3丁目について 11月 文化の日について.(続きを読む). あなたはテレビやマスコミが流しているダイエット情報が ...(続きを読む)

アデノシン
一般名・・・・アデノシン三リン酸二ナトリウム≫. 【基原・組成・性状】. 白色の結晶または結晶性の粉末で、水に溶けやすい性質を持っています。 【特性及び配合製品】. 本来、生物が様々な活動を行う際のエネルギーを発生させる生体成分です。 ...(続きを読む)

けいた君を救う会 逮捕
アデノシン バーディーバー-d-けいた君を救う会についてatpアデノシンについて中日ドラゴンズ日本一についてbidan横山についてバーディーバーについてオールウェイズ3丁目について11月文化の日につい ... バーディーバー 輸血新作アニメ . ...(続きを読む)

アデノシンの新着情報
聴覚器官内の細胞が、細胞間のエネルギー伝達をつかさどるアデノシン三リン酸(ATP)を放出すると、これが音波に反応する内有毛細胞を刺激し、グルタミン酸塩と呼ばれるアミノ酸を放出。これにより、音を感知して脳に電気的信号を送る神経線維である初期 ...(続きを読む)


 

ネッシー 仕入れドラマ見ました
2007.10.20 [Sat] 14:26

ネッシー 仕入れ
朝日新聞英国のネス湖の怪獣、ネッシーの「目撃」者がここ数年激減している。今年はまだ2人。報じた英タイムズ紙は「みんな妙にまっとうになってしまったみたいだ」と評している。 地元ファンクラブによると、「目撃」報告は95年18回、96年17回と90年代は ...(続きを読む)

幻の生物ネッシーが大ジャンプする衝撃映像
動画の面白度 ★★★★☆ 面白いネッシーは本当に存在するんでしょうか?(続きを読む)

Nessie
ネッシーで知られるスコットランド、ネス湖にそそぐネス川で、巨大な鮭がつれたというのは日本でもニュースになったのでしょうか。この鮭、全長約1.5メートルもあったそうですがあいにく秤がなかったため重さが計れず記録には載せられないのだということ ...(続きを読む)

幻の生物ネッシーが大ジャンプする衝撃映像
幻の生物ネッシーが大ジャンプする衝撃映像 ■幻の生物ネッシーが大ジャンプする衝撃映像 ・なんて華麗なジャンプだ・・・w. [無料レポート] YouTubeで月1万円稼ぐブログの作り方 YouTubeから削除されてしまった動画を簡単に見る方法.(続きを読む)


 

怖い絵 について
2007.10.18 [Thu] 14:57

おもしろかったです!! これまで漫然と眺めていた西洋絵画ですが、なんだか見方が変わりそうです。 サトゥルヌスやユーディト、メデュース号など、一見して怖いと思う絵は、 なぜこういう絵が生まれたかという背景を知ることで理解が深まり、 よりいっそう怖くなりますし、ドガの絵の意味やグラハム家の逸話など、 美しいだけに見える絵の怖さがわかったときの、ちょっと背筋が寒くなるような感じ……! とても印象的でした。 そして、絵に描かれている事象を、文章で描写されたものを読むというのが、 またドキドキするのです! 「鉛色の海、黒々とした高波、不穏な空 〜 手前には長々と横たわる死者たち」 等々、あらためて文章で描写されると、なんだか今そこで起きているような…というか、 絵が動き出しそうな…というか、不思議なリアリティが出てきます。 これは、著者の表現力のなせる技ですね。 装丁も凝っていますね! 帯のデザイン的効果や、タイトルの「怖い」と「絵」の間に作ったスペースなど、 なるほど!と思う工夫がたくさんほどこされていました。 続編の予定はないのでしょうか。 ぜひ他の絵に関しても読んでみたくなりました。 続編、希望いたします!
 

フードファディズム―メディアに惑わされない食生活 について
2007.10.18 [Thu] 14:54

誠実且つ柔らかい語り口で、読みやすい本であるにもかかわらず、実は、大きなものに 対して単身戦いを挑んでいる本です。 「食の不安」は、本書のように科学と健全な常識を背景とした知識啓蒙によって解決し ていくしかないのだと思います。 しかし、これまで、食品化学・農学の科学者からのアプローチは、エセ科学を批判する ことが何ら科学者の学術的評価を高めるものでないことから、これまでほとんど放棄さ れてきました。ご自分の研究には熱心でも、おかしな理屈で社会が混乱していることを 正そうという姿勢で、学術的な常識や科学的判断を公に発信しようとされる学者はほと んど見当たりませんでした。科学者の立場から、食の不安や健康効果に関する扇動を、 冷静な目で分析し、公に向けて情報発信して下さっている方は、今も極めて少数です。 そんな中での著者の孤軍奮闘ともいえる言論活動に大きな期待と尊敬を持って、本書を 読みました。 最終頁、巻末の言葉は、極めて重いものでした。 著者の活動を契機に、食品にかかわる学界が社会との関わりに積極的になっていって頂 ければ、社会不安を取り除く意味で大きな貢献となるはずです。食品化学・栄養学が真 に社会に貢献する学問へと進むステップとなるよう、著者の活動をこれからも敬意をも って見つめ続けたいと思います。 近刊では「メディアバイアス」(松永和紀著)と共にお薦めします。
 

お金に好かれる人お金に嫌われる人 について
2007.10.18 [Thu] 14:52

中井先生のこれまでの本も十分楽しませていただいておりましたが、 今までとは一味違う面白みがあり、今回2度読み、反復読みというか、 気になる部分知りたかった部分をしっかり頭に刻み込みました。 本来、人とお金は似ているということ、 また、お金に対する気持ちを改め接していかなければいけないことも教えられたように思います。 お金とは…、 「お金関係」「人間関係」とても複雑で分かりにくいところを、ご自分の体験を元に 本音の部分で表現されていて、素直に受け止めることができました。 先生の素顔も少し覗けたようで嬉しく感じました。 人は偏見を取り除くことが困難とされますが、この本から得たものは、 自分で気づけなった偏見も、人とお金を大切にする心がけで取り除かれる…。 そんな気持ちにさせてもらいました。 「自分の中のダイヤの岩石」を見つけることができました。 素敵な感動をありがとうございます。 また、楽しみに致しております。
 

遠距離交際と近所づきあい 成功する組織ネットワーク戦略について
2007.10.18 [Thu] 14:49

本書は、組織論を体系立てて考えたことのない私のような現場実務者にとって、大変役立つ良書であると思う。感覚的にしか捉えられていなかった組織の役割や管理のあり方を整理し、再認識できるものである。  仕事を行う上で結果を重視している、つまり本書でいうカスタマーを取り違えていない者には勇気を与え、そうではない者には一考を促す材料として意義深い内容である。前者にとっては、本書内で使われている「自由奔放に見える」、「紙に血が通う」、「組織いじり」、「縦割りから横断」、等の言葉は実感あるものであり、つまづくことなく読み進めることができると思う。また、活気ある物作りの現場では、当たり前のように行われていたことであると顧みる読者も多いことであろう。  全体として、本当に理解してほしいという意図が感じられる、日本には少ない一冊と感じる。著者には、本書で言うところの「源流方式」に従って、なぜ多くの組織が健全な状態を取り戻せないのかを主題とした次著を望む、と言ったら甘えすぎであろうか。
 

何が組織を変えたのか―ビジネス寓話 あるビジネス戦士たちの意識改革物語について
2007.10.18 [Thu] 14:43

組織の力を最大限に引き出す為には何が必要か? この本はその為のヒントを読者に教えてくれます。 しかも、ポイントが理解しやすいように配慮されており、中身は一日で読みきれる簡単な”物語”になっています。 ちなみにはこんな感じです。  「ある架空の会社のある課で、部下を信用できない課長が孤軍奮闘しているところから物語は始まり、徐々にその課全員の力を引き出す必要性に気付き、それを目指した試行錯誤がおもしろおかしく書かれています。現実の身近な問題とどこか結びつく感動的なサクセスストーリーです。」何らかの組織をまとめているグループリーダー必読の書です!