感性について 

2008年02月08日(金) 0時00分
昨日は久々に看病休暇をもらい、月2回の楽しみ、魅力学講座に行ってきましたテーマは『感性について』 全部書くと超ダラダラ長くなりそうなので、前編・後編に分けます

『感性』とは?
物事を心に深く感じ取る働き。外界からの刺激を受け止める感覚的能力カント哲学では、理性・悟性から区別され、外界から触発されるものを受け止めて悟性に認識の材料を与える能力、、、とまぁ、難しく言うとそういうものです言い換えれば、、、 頭ではなく、心で感じること

感性を磨くこと、敏感にすることで、自分だけでなく、周りの人も輝かせることができる他にもたくさんの素晴らしいパワーを持つ「感性」についてのディスカッションでした

まず、感性を磨くには?

◎物事を色んな角度から見る習慣(クセ)をつけること

◎物事に限らず、人と接する時も同じ一面だけを見て、その人がどんな人か決めるのではなく、色んな角度から、相手を見つめ、観察してみる

◎思考方法、生活習慣、パターンを変えてみる
  例@)いつもと違う経路で通勤してみる → 新しいお店や、おもしろい光景に遭遇できるかも
  例A)夜型を朝型に変えてみる → 早朝の空気のおいしさや、時間に余裕をもつことで、
  心にも余裕ができるかもしれない

◎固定観念を捨てることこれは、仕事の中で言えば新しい発想の誕生、つまり商品開発に繋がるかも?全てにおいて、色んな角度から、物を見る目を養うこと。

◎人のことを気づく自分になる。相手のいいところをどんどん発見する心から思っていることを相手に伝え、どんどん発信しよう心を込めて 周りの人たちのいいところをたくさん発見して、伝えることは、素晴らしいパワーを生み出してくれます

他にも沢山あるはずです。いい音楽を聴く。映画を観る。本を読む。おいしい料理を食べる。自然の中を駆け巡る 五感を磨くこと=感性を磨くことですね 人それぞれ、十人十色の感性の磨き方があるでしょうね

感性を高めることで、人間としての幅が広がって、日々の生活に、そして人生そのもに、新しい風が吹き込むということを、昨日のディスカッションで改めて感じましたクラスでは、発表の場も多くあり、自分の考えをみんなに聞いてもらい、みんさんの考えにも触れることができ、ドキドキ感あり、感動あり、いい刺激がもらえます あっと言う間に、2時間経過

まだ続きはありますが、後編はまた後日〜

月〜木まとめて 

2008年02月07日(木) 0時00分
2/4〜2/7まで
今週に入り、これでもか、というくらい走っていません試しに500mくらい走った日もありましたが、相変わらずまだ痛みがあったので、すぐにストップ走りたい心にも、ひとまずストップ

仕事と昼休みは病院を往復の日々ご飯も移動の車の中が多いですが、毎日ばあちゃんに会えることに感謝しています家で作った酢物や茶碗蒸し、売店で買ったアイスなど、好きなものは嫌がらず食べてくれるようになりました 肺炎再発後、経過はまずまず

家に連れて帰りたいのは山々ですけど、家ではまだ対応できないことが沢山あるので、、、もうちょっとの辛抱。そうみんなで祈ってます。ばあちゃん、がんばろうね

郡市駅伝応援 

2008年02月03日(日) 0時00分
極寒なか、M市にて郡市駅伝が開催されましたギリギリに会場着。小雨の中、開会式が始りました。選手たち、寒かろう お気の毒に。。。 その間、私は畑○奥さん・yoさんとお話させてもらいました。外反母趾の両足手術のことも聞きました。実業団で2年間ほど走られていたとのこと。旦那さまがコーチだったそうです。痛みがなくなるまでは、焦らずに気持ちに余裕をもって、筋トレや補強など、やれることをやって過ごすといいよとアドバイス頂きました。私もこれしきの膝の故障に屈してはいられない!とつくづく思いました。

正午にスタート 侍は6区。 あゆりんさんの車に乗せてもらい、ひとまず6区の中継地点で下車 そこから雨足がさらにひどくなり、寒さも究極に凍えそうに待つ選手たち。私も雨をしのぎながら、主さんや大将軍さんとお話し。待つこと1時間。一位の選手が見えました

朝倉郡は17位くらい 侍、行け〜 と送り出し、再びあゆりん号に乗り込み、後方、左右、前方、車中より追っかけ応援

侍は獲物を見つけたチーター?ハゲタカ?のように、しょっぱなから飛ばす飛ばすそんなに飛ばして大丈夫なのかガンバレーと応援してたけど、途中から、飛ばしすぎるな〜、あんまり頑張るな〜ってわけのわからん応援してました

ラスト1キロで、ちょっとアクシデント。車に行く手を阻まれる選手、ここでちょっと立ち往生。残念なロスタイムでした。それでも、力を振り絞りラストスパート 雨、雨、雨の中、ぶっ飛ばす。。。大丈夫かい?と心配なくらいでしたが、最後まで力強い走りで4、5人?抜きでタスキを渡しました。

結果、区間賞は実業団、2位がのっじさん、一秒差で侍かのしょうぶさこさんに1分以上の差をつける好走でした。Great Jobご苦労さんでした

閉会式の間、廊下で侍が夜須の先輩で実業団辞められたばかりのKさんと話してる間、寒さと空腹に震えながら待つその後、別大応援のチーちゃんから報告が つぼっちは腹痛で途中棄権したようですね 腹痛、恐るべしです またチャレンジしよう、35歳応援団の声が、たくさんの選手の励みになったことでしょう。おつかれさまでした 


帰りに、東区のこじあゆ邸に厚かましくも上がりこませて頂き、福岡国際と大阪国際のビデオ観賞みんなの走る姿を目で追いながら、東京国際、なんとしても走りたいという気持ちになりました そのために、私がまずするべきことは、しっかり治すこと

今週末も、いいパワーを充電できました

侍家に来客 

2008年02月02日(土) 0時00分
ばあちゃんと一日過ごす。ご機嫌ナナメでしたちょっと顔色も悪いなぁ、、、と思っていたら、案の定、数値が低くなっていて、昼から緊急検査。なんと肺炎が再発。胸水まで溜まっているとのこと。ショック。。。  もうちょっとかな?というところまで来てたのに。

でもこんな時こそ、元気出して、ばあちゃんを苦しさから救わねば一番きついのは、ばあちゃん本人。こんな時こそ家族協力して、笑顔でがんばろうばあちゃん、諦めんでがんばろうね


夜は侍同級生の集まりがあり、バスにて天神へすぐに夜須へと移動になり、それから夜更け?夜明け?まで語り合いました。翌日の駅伝が気になりながら、結局4時過ぎに全員就寝 睡眠時間は少なかったけど、RK君のカツラショーなど、お腹の底から笑えました みんな、遠くからありがとね 元気をもらえました

天は一物を与える☆ 

2008年02月01日(金) 0時00分
先日、やっと社長とお話しさせて頂くチャンスができ、結婚の報告ができました社長はニッコリ笑って「そ〜ね!そりゃよかったたい。よかった、よかった」と言って本当に喜んで下さいました「結婚してからも、仕事続けさせて下さい。」とお願いしたら、「はい、頑張らにゃ〜ね」と言ってもらえました。

その社長の今朝の朝礼のお話は、松下幸之助さんの「一日一話」。そのまま抜粋します。

『天は一物を与える。』

この世に百パーセントの不幸というものはない。五十パーセントの不幸はあるけれども、半面そこに五十パーセントの幸せがあるわけだ。人間はそれに気がつかなければいけない。とかく人間の感情というものは、うまくいけば有頂天になるが、悪くなったら悲観する。これは人間の一つの弱い面だが、それをなるべく少なくして、いつの場合でもたんたんとやる。信念を持っていつも希望を失わないでやることだ。

 「天は二物を与えず」と言うが、逆に「なるほど、天は二物を与えないが、しかし一物は与えてくれる」ということが言えると思う。その与えられた一つのものを、大事にして育て上げることである


一言一言、かみ締めて聞きました。胸にグッと響きました。まさに、人生これの繰り返しだと思いました。悪いことばかりは続かない。必ずいいことも巡ってくる。生きている限り、誰にでも平等に。。。。 信念をもって日々一生懸命過ごしていれば、必ず小さな幸せが見つけられるんですよね欲張らず、求めすぎず、与えられたもの、生きていることに感謝して、日々過ごしていきたいと思いました

今朝は月始め恒例の剣神社参拝ばあちゃんの回復まこちんの延岡快走みんなの健康を祈りました。 おみくじは大吉でした今年何度目

先週の侍との語らいで、芯からの辛抱を誓ったこともあり、今週は『走ること』を封印したかのごとく、一歩も走りませんでした ばあちゃんの看病と仕事に全力を傾けました 自分を誉めてあげようでも、今日、病院帰りにランナー見たら、久々にウズウズしました 本能は正直だ

明日はばあちゃんと過ごし日曜はEの点滅がつきそうなエネルギー満タンにしてきます 

いい肉の日 

2008年01月29日(火) 0時00分
5時起床雨降ってたので、ハウスで腹筋・背筋。骨盤矯正の腰回し。走らなくても膝の痛みあり。どれくらい走らなければ、この痛みがなくなるかなぁ〜、、、なんてね、まだまだ辛抱は始まったばかりです

仕事は予定通り進んだ。OK!

昼に病院行ったら、ばあちゃんはめずらしく眠っていた。昨夜、相当熱でうなされたのか、疲れきったようす。 こんなことはめったにないので、。「たまには息抜きが必要やね。」とつると下の食堂でコーヒーを飲みながら、久々のおしゃべりタイムつるも、本当に献身的に、ばあちゃんを看病しています。ほぼ毎日6時間くらい一緒にいるので、ばあちゃんの口の動きで、少しなんて言ってるか、わかるようになったらしい。いろんな事、笑って話して、つかの間の楽しいひと時でした。

仕事後も即効、病院へ。帰り辛くて、ずっと一緒にいてあげたいくらいでした。ばあちゃん、また来るけんね、元気にしとってよ、と言って、帰りました。

疲れたけど、帰りに電話でまこちんの声聞いたら、元気でました まどかPで、遼くんファミリーの頑張る姿を見てきたそうで遼くん、パパにいいプレゼントできてよかったね 

ばあちゃんの高熱 

2008年01月28日(月) 0時00分
朝一、会社までウォーキング秘密の場所に鍵をおいて帰る

侍と朝ごはん食べて、駅まで送ってから会社へ

今日は例のセールの件でメーカーさんと最終打ち合わせ。で、無事商談成立社長からも快く了承を得たので、あとは各店へ販促資料を送って、2月中旬からセールスタート完売目指してがんばろう。

昼と夜の治療後は、ばあちゃんところへ。今日は高熱が出て、とにかく苦しそうで、、、かわいそうな姿でした また肺炎という恐れがあると言われてビックリ そんなに何度もなるものですか。。。 が、検査の結果、そうではなくてちょっと安心。原因は不明。明日は少しはよくなってますように。

少々お疲れモードで帰ってくると、ゆかちゃんが、カレーやペンネのサラダを作ってくれてましたゆかちゃんの料理は、いつもおいしいです。ありがとう、ゆかちゃん

八女ちゃと糸島30キロ☆ 

2008年01月27日(日) 0時00分
今日は侍と仲良く八女チャマラソン応援へ 昨日決意したことを早速実行!今日は応援に徹します

8時半過ぎに侍家を出発して、ギリギリ10キロのスタートに間に合ましたグランドにて、すぐに遼くんファミリーを発見 すぐに、10キロの部がスタート成パパは颯爽に、ママはジャンピングで元気さをアピールして、コースへと

侍は新しく購入したカメラを携え、練習を兼ねて走っていきました遼くんと私は、歩いて土手までいき、そこで選手を応援寒いけど天気もいいし、川沿いの景色はホノボノしてて、最高の応援日和

トップから10分くらいして、成パパが見えた 「今日はジミだからわかりにくい(笑)」(遼くん談) 確かにめずらしく原色じゃなかったので、見過ごすところでした。続いてママ。元気そうでもきつそう?腰は大丈夫 「女性の3位だよ〜」と遼くんと声を張り上げて応援。 その後、ランザの方も通過。侍も帰ってきたので、ゴールへ。

ヤッターママは見事3位入賞表彰式、とても誇らしい気分でした 写真をとるパパも嬉しそう 参加費無料でお茶ゲットできてよかったね♪

続いて遼くんの2.5キロの部すごい数の子供たち!遼くん、控えめに2列目くらいに陣取ってました。こっちみて、手を振ってくれた 遼くん、かわいい でも大人たちの方がドキドキして興奮状態 「ガンバレー遼くん!こけんように気をつけてね〜。」 スタートの大混乱にも負けずグランドを飛び出し、元気にゴール あんなにたくさんいた中で、折り返しではトップになったってね よく頑張ったね。またチャレンジだ〜

八女を後にし、ひとまず侍家へお母さんのおいしいうどんを頂きながら、大阪女子マラソンを観戦。福士選手が快調にとばしてた23キロ地点まで見て、30キロ走のため糸島へここで再びF家と合流。侍にとっては、フルレース前にやる、最終調整の一環である30キロ走。数日前から気合入ってたはずです私は走って、、、と思いましたが、「決意」の声を尊重し、車でサポートに。そして心強い応援団も現れて、嬉しい限りでした

かなりのアップダウンのあるコースに果敢に挑む侍延岡に対する、思い入れ、気迫を感じる走りを見ることができて嬉しかったです。F家の皆さんも、レースの後、お疲れのところ、ナイスランでした応援&サポートありがとうゴールテープは即席だったけど、グットアイデアだったね遼くんは、夏のリベンジができました

帰りは、近くの温泉へ キレイで雰囲気もよくて、とってもいいお湯でした。久々、チアキちゃんとのお風呂タイム 方向音痴になって、笑われましたここでF家とお別れ〜 

帰り道は私の運転。侍はご褒美のビールに舌鼓そして、またマラソンについて、熱く語り合った二人でした 侍の思い、私の思い、話してたら、アッと言う間に直方着 ホント、マラソン好きな二人やなぁ〜 また走ることへの思いがふくらみました

ご飯後、大阪見ようと思いきや、録画半分までしかできてなかった。。。残念福士選手は、何度もころびながらも、ゴールしたそうですね諦めなかったところが、すごいです他にも走った選手それぞれのドラマが生まれたことでしょう。昨年、こんな風に自分も走ったことが、信じられない気持ちでした。

過去は過去。大阪での走りは、私の一生の思い出として大切にします 私の生きた証のひとつとしてそして、また新しい足跡を残すために、走れる日を心待ちにしたいと思います。その日がきたら、泣きが入るくらいの特訓してね 口が疲れるくらい、しゃべりながら走ろうね

涙と決意 

2008年01月26日(土) 0時00分
今日は、一日病院でばあちゃんと過ごしました夜中、縛られている手足が痛々しくて、すぐに外してあげました。お昼、看護婦さんが「今日は車椅子に乗って、食堂でご飯食べましょうか。」と言ってくれたので、寒くて行きたくない、というしぐさをしたけれど、「少しは動かんと家に帰れんよ。外の景色も見れるよ」と説得して移動。病室以外でばあちゃんの姿を見るのは久しぶりで、胸が熱くなりました早く、こんな日が増えて、ばあちゃんの明るい笑顔、戻ってこーい!

夜はゲブレさん(F家命名)の誕生会でした食堂?居酒屋さん?みたいな酒屋さんにて。とてもアットホームでおばちゃんも優しかった侍と合流して、7時すぎに着くと、もう酔っ払い集団と化してました。すでに一升瓶2本も空けて、大丈夫なのか?? 最後はつぶれちゃった白波さんをご自宅へ送りに、、、のつもりが、迷いに迷って同じところを何度も行ったり来たり。。。泣きが入りそうでしたなんとか白波邸に辿り着き、私たちも朝倉へ

帰り道、侍と私の膝の話になりました。なんで故障がこんなに長引くのか?走れないほど、痛いのか? 故障への対処の仕方や、辛抱のなさ、その他、今まで感じたことなど、色々と話してくれました。走りながら治療して治すんじゃなくて、普通、治療して完全に治ってから走るもの、、、と。確かに、、、心から同感 これを言うのは辛いけど、本当は自分に付き合って走ったらいかん、と

走れないと、泣くくらいなら、走るのやめたほうがいい。マラソンって、そんなに甘いものじゃない。陸上に限らず、スポーツそんなに甘くない、、、と。聞きながら、「わかっとるよ!わかっとるけど、自分でもどうすればいいか、わからんくらい痛みが引かんとよ」 心で叫んだら、また涙が出てきた。悔しさと、寂しさと、不安と、やるせなさと、焦りと、治せない情けなさとが入交じった涙が。

私だって、もう走ることから遠ざかりたい、いっそのことやめてしまいたい、と思うこともある。それができたらどんなに楽かな、、、と。走ることに全く接しない世界にいたら、走りたい気持ちも、少しは抑えられるかな?と  でも好きだから、忘れられない、忘れられるわけがない。いつも走りたいって思ってるし、この先、走らないでいる自分が想像できない。やめた方が楽なのかも、と思うこともある。でも逃げたくない。逃げるくらいなら、苦しくても、今を乗り越えて、また走れるようになりたい。 どんだけ考えても、どんだけ悩んでも、最後はいつもこの結論に辿りつくのです

泣いてるのは、この気持ちをどう表現していいか、わからなくなって、心から溢れた気持ちが涙になって溢れるからです。泣くことは、甘えてる証拠よね?わかってます。でも控えられない時もある。だからたまには声出して、こうして泣かせて下さい

「ちよちゃんの最終的な目標って何なん?」と聞かれました。迷わず答えました。
    「私は痛くない足で、また思いっきり走りたい

「走らなければ治る」という保証はありません。でも、今まで通りだったら、間違いなく、1年後、膝痛を抱えたままの自分がいる。そうじゃない 膝痛がスッキリ治って、まこちんとのデートランも、みんなとの合宿も、早朝の走りこみも、まどかやファンランでの練習会も、そして各地でのレースも、笑顔で走ってる自分に会いたいです

そのためにも、前進するための本気の辛抱を決意しました。走れるようになった暁には、この気持ちと費やした時間をムダにせず、感謝の気持ちで走りたいと思います。何度聞いたことか、、、と思うようなこのセリフですが、迷える子ネズミの必死な心の叫びと受け止め、どうぞ見守っててください

気持ちぶつけさせてくれて、ありがとう 感謝します


感情コントロール 

2008年01月25日(金) 0時00分
昨日の魅力学のテーマは「感情コントロール」 前回の「陽転思考」に続いて、興味深いテーマで楽しみでした

1時間半の講義がアッという間に感じるほど、刺激的なお話でした。全部書き出したいですが、文章では上手く説明できないので、心に残ったところを抜粋して書きます。長いので、どうぞ読み飛ばしてくださいね

感情とは? 私たちは日々喜んだり、怒ったり、悲しんだりして、感情とともに毎日を過ごしています。感情は生活に彩りを与えてくれます。感情は人に勇気を与え、明日への希望を生み出し、愛情豊かに生きる原動力ともなります反面、私たちはしばしば感情に振り回され、怒りのままにそれを爆発させたり悲しみのあまり日常生活がままならなくなったり恐怖と不安で必要以上に緊張したり、調子にのって、とんだ失敗をしたり。。。。 そうです感情は人を動かす力を持っています

そんなわけで、いろんな顔をもった、この「感情」に振り回されず、うまく付き合いながら、”自分の人生”を送りるためのたくさんのヒントを教えて頂きましたなぜ感情が存在するのか、感情に上手く対処するには、どうしたらよいか、、。 そういったことを真剣に考えることで、理性の力を磨き、成熟した人間に近づく。それが幸せへと近づく方法のひとつであると 、、、と前置きはこのくらいで。以下は心に残ったところです

◎「人のせい」から「自分のため」に変える。
例えば、たくさんの雑用を任せられて、自分の仕事が進まない
⇒雑用を任された事実と仕事が進まない事実とは別。仕事が進まない方法を選択したのは自分
⇒一人でどこまでやれるか、いい力試しになる達成したら、一回り成長した自分になれる
このプラス志向で感情は自然に快適モードへとチェンジ

◎声のコントロール⇒感情のコントロール
同じ「おはようございます」でも元気な”おはようございます”としょぼくれた”おはようございます。。。” どっちが元気をもらえる? 声のトーンひとつで、こんなに違う特に朝は元気な挨拶が基本ですね一日を楽しい気分でスタートしよう

◎自分の感情を素直に受けとめ、認識すること。
今、私はどういう気持ち?これを認識し、相手に伝えること。どう感じるか。どんな気持ちでいるか。そして、それをぶつけあうだけの関係から、一緒に改善できる方法を模索したり、気持ちを分かち合える関係になろうそこから真の絆が生まれます

◎プラスの貯金を増やす
日常のちょっとした嬉しいことでも、一日の終わりに思い出してみよう日々の中で小さい幸せを貯めていく。意識して。そうるすことで、心の余裕ができます人に優しく、周りを大切にする気持ちも生まれます 自分の感情をコントロールする余裕も生まれ、毎日が、より楽しく過ごせます

◎「不安」という気持ち
必ずしもネガティブではない不安だから、どうにかしよう、何かしたい、という気持ちが生まれる。これを幸せになるための活力にしよう

笑顔 スマイルスマイル
説明はいりません。私の周りには、お手本になる家族や仲間、そして最愛のパートナーがいてくれて、本当にラッキー この場を借りて、ありがとう、みんな

一生懸命だから楽しい
最後に先生がおっしゃった、この言葉が心に残りました。一生懸命になるものがあるって、本当に幸せなことですね 私にもまた一生懸命に走れる日が来ますように

、、、おっと、本当に長くなりましたが、これにておしまいです。上手く文章にできない部分もありますが、また話の中で 読んでくれてシェイシェイ

さて、次回のテーマはなんだろな
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eyochima1014
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ひまじん
» 感性について (2008年10月22日)
アイコン画像タイラノ清盛
» 感性について (2008年10月20日)
アイコン画像真那斗
» 感性について (2008年10月17日)
アイコン画像猫男爵
» 感性について (2008年10月11日)
アイコン画像チリ
» 郡市駅伝応援 (2008年02月08日)
アイコン画像ハゲタカ侍
» 郡市駅伝応援 (2008年02月05日)
アイコン画像チリ
» いい肉の日 (2008年01月31日)
アイコン画像ちあき
» いい肉の日 (2008年01月31日)
アイコン画像チリ
» 感情コントロール (2008年01月29日)
アイコン画像チリ
» 八女ちゃと糸島30キロ☆ (2008年01月29日)
Yapme!一覧
読者になる