『そのときは彼によろしく』読みました
2008.03.10 [Mon] 13:10

この本は新たな恋愛の金字塔になるのではないだろか。 私たちがあこがれるもの、忘れているもの、否定してしまうものが たくさん詰め込まれていた。 過去の二作とは少し異なった印象を受ける。 登場人物も多く愛情だけに限定されず、多くの感情が描かれている分、前作までの胸を締め付ける切なさのような強烈なインパクトはないが、すべての感情の根底にある人を愛する気持ちは変わらない。 一つ一つの感情を受け止めていけば一つの大きな力に気づく。 無駄な形容や説明は一切なく、多くを書かずして感情の一番深い部分まで表現されているのは実に素晴らしい。個性的な人間ばかりで不自然なはずなのに、違和感は何もない。背景も、恋愛写真の主人公が写す写真のように、ゴミ捨て場、主人公の店が繊細に形作られている。 青臭いとか、現実味がないと鼻で笑ってしまえばそれだけのことかもしれない。 しかし、どこかでこんな生き方してみたいと思うのではないだろうか。 人を動かす力を信じたくなるはずです。