眼筋 トレーニング・ストレッチについて

June 06 [Mon], 2011, 9:14

色々工夫したつもりだったのに、子供の視力がどんどん低下していき、将来に対して暗い気持ちになっていたのですが、
今では子供の視力は回復され、良い生活習慣にまで変わった方法がこちら





あなたはこんな方法を視力回復のために行っていませんか?



■毎日ブルーベリーを食べる。

■目を酷使した後は、遠くを眺めて目を休める

■雑誌などで目にした視力維持法は、とにかく試している。

■目が疲れないように心がける。



こんな方法では決して視力は回復しませんよね。




先ほど挙げた例は、実は我が家で実践していた方法でもありますが、

逆に視力が下がってしまったと感じた事すらありました。


そんな中、アイトレーニング視快研田中謹也さんの事をネットで知り、

やっと正しい視力回復のノウハウを身につけられました。









田中さんは一流アスリートを含む1000人以上の方を指導し、視力回復まで導いた実績があります。

視力回復の成功率はなんと9割以上です。

田中さんのより詳しい実績・経歴はこちら






田中さんの手方法は主に2つ。

生活習慣の改善とトレーニングです


トレーニングの内容は、眼筋に働きかけるもので、機材を使う方法もありますが、自宅で機材や器具を使わずとも充分可能です。

また大変短い時間で出来るというメリットもあります。






詳しい説明がこちらに書いてありますのでいくつか私が良いなと思った点を紹介していきましょう。




■効果は証明されている、明快で、簡単な4つのトレーニング方法。

■アイストレッチで、長時間のゲーム・パソコンの後の目の乾燥防止。そして視力が落ちるのを防ぐ。

■実はプロのスポーツ選手も実践している、効果が証明されているトレーニング方法。

■29の注意事項をしっかり守り、視力が落ちない日常生活を心がける。

■トレーニングチェック表の活用。視力低下は早期発見が鉄則!



こんな感じとなっています。


田中さんの視力回復法ならば、それほど時間は掛からず、しかも低費用で効果が期待出来ます。


時間とお金はかかる上に結果の出ない他のやり方大違いです。








あなたも↓の中に思い当たることがあると思いますが、


■黒板、ホワイトボードの文字を見るのに困難で、勉強や仕事に差し支える。

■視力検査をするごとに、視力が低下している。

■電車に乗っている時、携帯ゲームをするのが癖。

■学力が、低視力が原因で落ちてしまう事への不安。

■高額な視力回復グッズに手が出ない。出したくも無い。



こんな悩みを持っていても、田中さんの方法を使えば、




■眼鏡やコンタクトを頼らず、外の景色が鮮明に見える。

■視力回復手術(レーシック手術等)を受けないでよくなる。

■眼科へ通院しないで良くなる。

■ものを見る際、目を細める必要が無くなる。これによって、表情も明るく、好印象となる。

■眼鏡ゆえの視力低下の心配(かける・外すを頻繁に繰りかえす事)が無くなる。


このように変ることが出来るのです。








眼鏡・コンタクトに頼らず裸眼でクリアに世界を見ることができるようになる、

手術と同様の効果を得る視力回復方法を実践してみるにはこちら










日常英会話
速読トレーニング
朝礼
P R
カテゴリアーカイブ
Add to Google
My Yahoo!に追加
  • seo

人気ホームページランキング
FXで稼ぐ
  • 無料SEO

ブログランキング