わずか3ヶ月で目がよくなる方法とは?  

November 21 [Sun], 2010, 22:40
あなたは以下の事実をご存じでしょうか?

 幼稚園児:28%
 小学生 :30%
 中学生 :50%
 高校生 :60% (小数点以下省略)

この数字は文部科学省の「学校保健統計調査報告書」による
各学年で視力が1.0をきっている割合です。

驚くべき事に、視力は小学校時点で全体のおよそ3割、
中学生になると半数以上が既に1.0をきっているという
衝撃的な事実が報告されています。



そして「視力が低下したら大人しくメガネをかけるしかない」
目がよくなるように回復する方法を考えている人は少ない
というのがというのが今の日本の現状です。



 ほとんどの親御さんに共通していることは、

「子供がメガネをかけざるを得ないほどの視力に低下してしまったが、
何とか裸眼で不自由なく生活するまでに目がよくなる方法はないのか?」という事です。




そんな親御さんたちの疑問を解消してくれる方がいます。

それは、出口 隆さんです。

現在、目のフィットネスクラブ『アイトレーニング視快研』を運営し、
多くの方の目がよくなるお手伝いする傍ら、
目がよくなる方法の講演活動にも力を入れています。



 出口先生は、
視力の低下は眼疾患、老化、先天的な目の障害が原因でない限り、
メガネが必要ないレベルまで目がよくなる可能性があると考えています。



 出口先生がインターネット会員として、はじめてトレーニングキットを
使って目がよくなる方法を教えた松原さんのことが、とても印象に残っているので、
松原さんのお子さんのトレーニングの経緯を簡単に説明します。



関西に住んでおられた松原さんは、サッカー少年のお兄ちゃんと、
視力が低くて悩んでいると相談された当時5歳の息子さんがいました。



視力が低い方の息子さんはお兄ちゃんが大好きで、
「お兄ちゃんみたいにサッカーをしたい!」と毎日のように言っていたそうです。


松原さんもなんとかメガネをかけずにサッカーをさせてあげたいと願っていたので、
最初は、一番近い同業のセンターを紹介しました。



ところが松原さんの自宅からは片道だけで2時間はかかり、
2人のお子さんを抱えているため定期的に通うことが難しかったのです。



そこで、トレーニングキットを購入していただき、
メールで目がよくなる方法を指導をしていくことになりました。



こうして、視力センター始まって以来はじめての
インターネット会員さんが誕生したのです。



先生からのカウンセリングやアドバイスを実行し、
眼科で屈折度数なども調べてこられました。


息子さんと文字通り二人三脚で、
目がよくなる方法でトレーニングに取り組まれたのです。


この松原さんとのメールでのアドバイスを行う中で、
お子さんの視力低下に悩んでいても、地理的あるいは経済的な事情で、
有効な目がよくなる方法のトレーニングを受けることが出来ない人たちが
いかに多いかを知ったそうです。



もちろん松原さんの息子さんは目がよくなる方法で回復し、
今では小学校で毎日元気にサッカーをやっています。





そこで、先生は松原さんのようにインターネットを通じて、
もっとたくさんの視力低下にお悩みの方をサポートできないか考えました。



さらに、視力センターで、実際に先生が行っている視覚トレーニングを
自宅で行える方法はないものか。

その思いで誕生したのが
「楽々!視力アップ マニュアル」なのです。




 この「楽々!視力アップ マニュアル」を使って、
目がよくなる方法を試したい方は、下記サイトをご覧になってください。

 今すぐ・・・
楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eyes110
読者になる
2010年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる